9th 北見ハーフマラソン大会

2017年10月8日 日曜日

「秋の空」「秋の大地」「秋の薫り」
北海道もランニングシーズンの終盤戦のこの時期は、各地で多くの大会が開催されています。
3連休のなか日の今日は、北見市で9回目となるマラソン大会が開催されました。

image1_20171011052900e1c.jpg

北見は山並みに囲まれた盆地で、この時期の早朝に広がる雲海が見るからに寒そう。

image3_201710110529024be.jpg


7時に会場に到着してみると見渡す空は雲一つ無い快晴!
・・・予想最高気温22℃
風は・・・毎年このコースは風が強い印象があるのだけど・・・。
とりあえずテントを設営して準備完了!
あとは仲間を待つだけとなり、ひと頃落ち着き大会の受付へと向かいます。

image2_201710110529022ae.jpg

大会は今年で9回目となりますが、昨年まで日本陸連公認のコースによる大会でしたが、今年はコース上の都合により公認コースとはなりませんでした。
多分コースの一部が工事による迂回・・・ため?・・・だと思います。

image4_20171011052904c15.jpg

4周連続のラストレースとなる今日は
連戦の疲れ?よりも悩ましき腰痛のため「10キロのエントリー」が功を奏しました。
ハーフにエントリーしていたら腰の痛みに耐えられません。

人のまばらな秋晴れの中でひときわ目立つ「シャンシャン」・・・ではなくて、「パンダ」に声をかけてゲートをバックに写メの取り合い意気投合!
「どこかでお会いしたような・・・。」

image5_20171011052905059.jpg

おっ!釧路マラソンクラブの若き特急ランナーと「パシャ!」

image6_20171011052919d99.jpg

テニス仲間と「パシャ」

image1_2017101105295451b.jpg

集まったのは「ノース・ウインド」&「ジャック・スパロウ!」・・・やはり決めてきたか!
しかし、その姿のままで街中を歩いてくるなんて・・・。目立ちすぎだわ(笑)

image7_20171011052920ab0.jpg

ラン友たちみんなが受付を済ませて9時スタートのハーフ出走の準備を始めます。

image8_20171011052922daa.jpg

さてと・・・今日の腰痛「山猫」はいつもの山猫とは違います。
エントリーしたからにはDNS回避でFUNRUN選択!
どうせ FUNRUNであるならば・・・10キロを愉しむために初の体験を!
前夜に小道具まで仕込んで、キョロキョロと周囲を見渡し着替えるタイミングをはかります・・・。
「正体がばれないように・・・」
ハーフ出走15分前にテント内で着替えたのですが、背中のジッパーに手が届かない(笑)
・・・富樫さ~ん。チャック閉めて~・・・「正体がばれた」!仕方ない(笑)

image9_20171011052923784.jpg

みんな爆笑してくれたけど、はたして「走れるの?」
わからないけど「10キロだから何とかなる・・・かな?」
なぜかポーズは自然にスパイダー(笑)

image10_20171011052925b89.jpg

いつも元気なラン友家族と一緒に

image11_201710110529349a0.jpg

「進」とルイージ「みきちゃん」と・・・・・手から蜘蛛の巣を出して、お土産ぶら下げている姿が人間ぽい(笑)

image12_20171011052936a34.jpg

「ミントちゃん」「山蜘蛛」「ジャック・スパロウ」・・・一貫性が無い組み合わせ?

image1_2017101105304887b.jpg

走る前から十分楽しみました。
大人から子どもまで声をかけてくれなかなか忙しい出走前のひとときを過ごします。
抱きついてくる子どもも多く、時には泣く子もいますけどね。
女性には不人気ですが、オタクっぽい方の写メ要望多数(笑)
「やっつけてやる~」・・・と股間にパンチされたときは「うっ、泣きました」けど

ハーフの出走を見送り声援を送りますが、反応が今イチ・・・
「山猫」だとわからないよね~!

image4_20171011052958a42.jpg

ハーフのスタートから50分後に10キロの部がスタートとなります。
すでに全身汗だく・・・気温は徐々に高く風も期待ほど微風
で、予想以上にやばかったのが「前が見えない」!
メッシュ越しに見る外はメリハリが無くてコースがわからない(笑)
前を走るランナーについていくしか無い状態・・・
さらに、スマホを持ち走りますが、指を露出しないとタッチが無反応なので急きょ指先穴開けに奮闘。
スタート待ちの脇でおばちゃんたちが
「何だっけ、あの黒いの?」「スーパーマン?」
「あんた顔を出しなさい!」「苦しいでしょう!」
・・・「出したら意味ないし(笑)」
「あんたトイレどうするの?」
・・・「我慢しますよ」
「出してもわからないかもね」
・・・「えっ!」
「あんた若いのかい?」「だしてみな!」
・・・「無言・・・。」「何を出せと」
「顔でしょ!」
・・・まぎらわしい~。
完全に遊ばれています。おばちゃんたちに

さぁ~。10キロ部がスタート!
スタート後は公園内の会場周囲のトラックを一周して、河川敷堤防を越えて市内を走り、橋を渡り川を超えてロードを走りまた橋を通過して最後は会場トラックを再び一周してゴールとなります。
しかし実際は予想以上に呼吸が困難な状況にかなり焦りが、徐々にスーツが口に貼り付き呼吸ができない~!
酸素が取り込めず、高地トレーニングのような過酷さにアップアップの「山・蜘蛛」

image5_20171011053000cf8.jpg

結局ファンランと思いながら、早くゴールしたい一心なのに前が見えないジレンマが。
そのためにぺーサーを見つけて背後に貼り付き、ゴール間際の直線400mでお先に失礼させていただきました。
コース沿道からの「ショッカー」頑張れ~・・・
「はっ?」違う違う!「スパイダー」です~。
「シャドーマン」頑張って~・・・
違う~!「影じゃない~」
ほんとうに大きな声援を受けていたので「とぼとぼ」歩くこともできず、結局苦しいので風
を受けるために走りきりました。
そして残るゴール手前300mは大きな声援の中をラストスパート!

image6_20171011053011e06.jpg


TIME:0:45:43 
年代別10位(仮装部門2位・・・笑)

ゴール後の撮影会が終わらず水が口にできず。・・・水・・・水(笑)

image7_20171011053013696.jpg

「完全コスプレ!」良い経験させて頂きました。

走る姿をみて愉しんでくれたかなぁ・・・。
んっ?問題の腰痛は・・・。
全身ボディースーツで身体が固定されたおかげで調子が良い・・・のはなぜ?
とりあえず無事に完走できましたよ。

表彰式で入賞者に声援を送ったら・・・誰?・・・(笑)
後藤さん「私です」・・・

image8_20171011053014645.jpg

女子9連覇死守のラン友は怪我をしているにもかかわらずごいの一言。

image9_201710110530161b2.jpg

ゴール後は「グルメストリート」でジャック・スパロウと屋台選びでうろうろと。

image10_2017101105301709f.jpg

やっと会えたとラン友と「パシャ!」
しかし一緒にいる「ジャック」の人気ぶりにはもう笑うしかない。

image11_20171011053033308.jpg

ご当地玉葱の「詰め放題」に夢中な友人達・・・「300円です」

image12_201710110530342b9.jpg

気が付くと秋を感じさせる「トンボ」がたくさん空を舞っていました。

image13_20171011053036ebc.jpg

大会終了間際には会場で玉葱やポカリゼリーが配布されていて、
えっ!ポカリゼリー2個もいただける?(笑)

image2_20171011053050511.jpg
今日も1日大会を満喫させて頂きました。
大会運営の皆さんありがとうございました。
そして多くのラン友のみなさんおつかれさまでした。
山猫の北海道道東のシーズンレースは全て終了しました。
また、来年愉しませて頂きます。・・・・・・撤収!

image3_2017101105305161b.jpg


スポンサーサイト

39th 別海町パイロットマラソン

2017年10月1日 日曜日

「勝負レースのはず・・・!」

北海道ではランニングシーズンが始まった春に「洞爺湖マラソン」と、夏におこなわれる「北海道マラソン」に続き、シーズン終了間近の秋に開催される「別海町パイロットマラソン」3つの日本陸連公認大会があります。

毎年、春か秋のどちらかをメインレースに計画するのですが、今年は秋の「別海町パイロットマラソン」にエントリーして挑むことに!

image1_20171006220739bfe.jpg

夏の北海道マラソンは毎年ダメダメなので(笑)
すでに走る前からあきらめ一色のイベント参加(暑さが苦手なだけ・・・)となり、いつもワーストタイムが飛び出すのかと冷や冷やレースが最近続いていましたが・・・、今回やっと終止符が!
今年の道マラはアクシデント発生でギリギリ「サブ5」のセカンドワースト記録のどん底を味わうことに。

「大会当日!」

4時の目覚めに身体が起き上がれない・・・硬直!
寝た姿勢から身体を横にしてゆっくりと起きあがると「閃光」の痛みで更に目が覚める!
座った姿勢で数分間ジッと・・・。
壁に捕まり膝を伸ばすことに懸命(笑)

10日前に発症した腰痛は時間の経過で
・・・「楽になる」はず。
一度立つことができれば
・・・「何とかなる」はず。
とりあえず走ってしまえば
・・・「どうにかなる」はず。
先週のフルマラソンでもゴールは通過したので、パターン的には同じつもりで攻めよう!
どのみち走らなくても、走るラン友のために陣地場所取りしなければならないので会場へと車を走らせます。

image2_2017100622074124c.jpg

7時に会場に到着して場所取りに・・・。
荷物を運ぶため最短場所に車を駐車したけど運び込むたびに腰へのダメージが(笑)
とりあえず準備完了!あとは仲間を待つばかり。

image3_201710062207420e0.jpg

とりあえず落ち着いたので大会の受付に向かいます。
来年で40回目となる歴史あるマラソン大会!
聞くところでは39回出場されているランナーがいるようです。すごい!

image4_20171006220743f05.jpg

今日も弟分の「たいがぁ」も参戦!
3週連続の顔を合わせ。
どうやら今日は本気モードで、コスプレは・・・封印のようです。

image5_20171006220745855.jpg

快晴な天気の下で徐々にモチベーションが上がり始めてきます。
予想気温は22度・・・風速が4mほど?
往路は向かい風となりますが、昨年のような暑さは無いので攻めのレース!
でいけるかなぁ?

image6_20171006220800ab9.jpg

朝から動き回っているためか腰の動きが馴染んできて「大丈夫だろう!」と判断して着替え
ることに。

image2_20171006220834cd3.jpg

と、その時に友人から思わず「サプライズプレゼント」をいただきました。
連続走1000日達成記念」を祝ってくれました。
・・・・・おぉ~!今、初めて実感
何せ走る前は覚えていた1000日目に
走り終えて忘れていたくらい平凡なランニング(笑)
今、あらためて実感!「アホなことやってます・・・」

image7_201710062208021cb.jpg

・・・・・今回はチームから3名のエントリー!
我が師匠も腰の調子が今ひとつ・・・。だけど2人揃って攻めますよ~!

image8_201710062208031ce.jpg

・・・・・チーム「ねねすけ」の面々と

image9_20171006220805316.jpg

・・・・・根室からのラン友たちと

image10_20171006220806002.jpg

・・・・・ラン友犬「あいちゃん」と

image11_201710062208166ad.jpg

今日のプランは「腰」次第・・・。
隣のトラックに行きアップを開始!
痛みは無いので突っ走っていけそうです。

image1_20171006220832046.jpg

スタート位置に並び待っているところに、「ゼッケン10001番の川内優輝くん」が登場しました。
川内くんとは後で話をするとして・・・。
一か八か行けるところまで「行け~」プラン!

image3_20171006220835462.jpg

スタート後はトラックを一周して会場の外へと駆け抜けます。
先頭を走る川内くんの姿がトラック内で見ることができますが、目標ペースで行くと快速川内くんでも折り返しで会うことは無いはず・・・。
もし折り返しですれ違うことができたなら山猫がドボンペース!

状況的に15キロまでは無理にペースを上げずに445ペースでひた走ります。
向かい風が強いので急ぐ気持ちを抑えてくれます。
んっ?直線の先に見える先導車「マジか!川内くん」
山猫が遅すぎるのではなく、川内くんが速い!凄い!

20キロを過ぎて折り返しまでにペースに落ちましたが、一か八か挑んだ途中経過はコースベストを狙えるペース!
3時間20分のクリアタイムが脳裏に・・・よぎりますが、やはり甘くない!
折り返しは一変して、押し風とはならず疲労色が徐々に現れます。
それでも、25キロまでは452ペースで通過してゴールまでは我慢の展開!

しかし、疲労とは別に腰に痛みが現れ始めかなり意識して走ることに。
コース上の路面は轍と路面の痛みがところどころで激しく、気を遣いながら走っているのですが集中力が切れてちょっとした段差で腰に影響がでてしまいました。
道路の中央を走っていたのですけどね・・・。

image4_20171006220837389.jpg

痛む腰で止まることを躊躇して走ってきたけど、感覚麻痺してついに脚がストップ!
座ると立ち上がれなくなりそうなフラフラ状況で、追って駆け寄る「さとぴょん」に抱えられ我に返り体勢立て直し・・・。
ありがとう「さとぴょん」!「数秒間目の前真っ暗に」
止まり歩き・・・歩いては止まり・・・。
残り歩いてもサブ4は大丈夫との思いも、それでもランナー「山猫」はところどころ走りましたけど。
沿道から「山猫さん頑張って~」・・・おっ!「ナナランさん」・・・。

image5_201710062208384c4.jpg

「ナナランさん」声援ありがとう~!
と、こんなペースでゴールまで。
TIME:3:48:07
トラック内でも歩いちゃったなぁ・・・。

ゴール後は、カラ元気のオヤジーズ座談会!

image6_201710062208518ff.jpg

完走を称えて!表彰者ランナーを祝って!

image7_2017100622085335c.jpg

シーズン最後のフルマラソンガ終わり・・・。
意気込みは大きかったに結果は残せず身体はボロボロだけれど、多くのラン友と会えて愉しいひとときを過ごしました。
あっ!アドバイザーの「浅井えり子さん」おつかれさまでした!

image8_20171006220854dd4.jpg

参加賞と完走賞いただいて帰ります。
参加賞はお気に入りのいつもの「濃厚バター」&「ヨーグルト」
完走賞の大型タオルは「日本ハムファイターズキャラ」

image9_201710062208568bf.jpg

さらに完走すると、「地元こだわりの熟成秋サケ」
・・・鮭は捕れなくて現在高騰しています。貴重です!

image10_201710062208571a5.jpg

帰り際には「鮭汁」頂いて失った塩分補給(笑)

image11_2017100622090926c.jpg

あっ、大会運営「遠藤くん」今日はありがとうございました。

image12_201710062209105cd.jpg

ちなみに大会は川内くんが大会新記録で見事ゴール致しましたね。

3th オホーツク網走マラソン 2017

2017年9月24日 日曜日

「開催3年目!」

夏も過ぎ本格的な「秋」を目前に、北海道で「オホーツク網走マラソン大会」が開催!

image2_201709292042571e4.jpg

今年も職場の仲間達と供にエイドを設営して全国からのランナーをコース上で迎えます。
「7.8キロ」のエイドの設営には、去年の反省点の改善を・・・。
1.エイドの長さが短いとの意見を受けて今年は「35mに拡大」
2.終盤ミニトマトが・・・!との声に「300個増量」を決定・・・。
  今年も大会の公式(水)エイドに併設した「私設エイド」で大学生と供にランナーを応援致
します!

image1_20170929204255564.jpg

大会前日から当日の夜遅くまで・・・いや・・・朝までかな?
分刻みのスケジュールが待っています!
確保した各ホテル数十室に多くのラン友を迎え入れて、いよいよ「48時間+α」のおもてなしタイムが始まります!

「前日おもてなし!」

大会前日となり、朝にエイド準備のために物資の買い付け運搬に奔走・・・。
「ミニトマト1500個」
「氷100キロ」
「コカコーラペットボトル40本」・・・。
午後には、遠くエントリーしたラン友の出迎えに空港とホテルを行ったり来たり!
その後は、夕方まで観光とコースの下見を兼ねた案内のために市内を車で走ります。

image3_20170929204259c9b.jpg

5時からは開会式が開催されるため、急ぎ市内の会場へと向わなければならない過密スケジュール!
開演ギリギリに到着した会場では開会宣言が発せられ、大会ゲストの「金哲彦さん」「エリック・ワイナイナさん」のコース攻略トーク後に、多くのラン友達が真剣に抽選番号に耳を傾けていました。
・・・・・チャレンジホノルルマラソンの権利が3名に!

image1_201709292043492bd.jpg

夜はラン友と夕食を囲みながら明日のスケジュールを確認しての盛り上がりに、お店の「ノンアルコールビール」が売り切れるハプニングには、さすがにちょっと飲み過ぎと反省(笑)ラン友をホテルまで送り、予想通りに雨が降る中を帰宅すると就寝は遅く午前2時になっちゃいました!

「大会の朝を迎えて!」

朝5時に目を覚まして今から走るばかりに支度を整えて、雨が上がり良好な天候を確認して家を出ます!どうやら昨日よりは風が落ち着いているようです。
スタート会場にはホテル2箇所を経由して向かいますが
「ハプニング」発生~!・・・1人なかなか現れないラン友が!
フロントに頼んだ電話にも応答無く、連絡がとれずに・・・。
あれっ?んっ?そう言えば確か去年も・・・みんなを待たせていた・・・。
昨夜も夕食に1時間40分遅れて~・・・。
も~・・・来年は「ぜひ、お一人でお願いします」に決定!(笑)

イベント会場に到着して、ゴール後のラン友の集合場所の確保に奔走後に新たにラン友と出会いここから1.8キロ先のスタート会場まで歩いてアップ!
「おーぃ!元気がないョ~」(笑)

image5_20170929204259e2c.jpg

朝の国道脇を歩く「ピンクのウィッグポリス」姿は、ドライバーの目を釘付けにして車が減速して通り過ぎ行きます・・・。「朝からありえない光景!」

image6_201709292043015f2.jpg

会場には予定の到着時刻を10分超え・・・。
すでに溢れんばかりのランナーが集まっています。
他のラン友との約束の時間に遅れてしまったのですが、見渡すと知り合いばかり(笑)
スタートまでは挨拶と写メに駈けまわるありさま・・・。
とりあえずはチームメンバーと「パシャ1」

image7_20170929204313217.jpg

仮装仲間と・・・「たいがぁ・・クオリティー高すぎ」(笑)
北海道マラソンに続いて再び登場「ジャック・スパロウ」!
・・・実は早朝に、この姿で会場まで3キロほど国道をひた歩いていました(笑)
今日の国道は不思議な光景(笑)

image8_20170929204314146.jpg

東京から招き、昨日は観光と夕食を供にしたラン友「由紀ちゃん」「朱美ちゃん」達と・・・。

image9_201709292043160b1.jpg

今年もスターターをおこなう赤いブレザー「網走市長」にご挨拶
記念撮影で大忙しだね。

image10_20170929204318ae8.jpg

スタート位置に並んでも周囲のラン友と「パシャ!」「パシャ!」と・・・。
スタート1分前だよ!

image11_2017092920431917c.jpg

しかし「たいがぁ!」・・・クオリティー高すぎだわ
このお方(笑)

image12_20170929204331496.jpg

8時45分にオホーツクブルーの秋晴れの中を
網走刑務所正門前の法務省の敷地からスタートして、ゆっくりと狭い橋を駆け抜けて、声援を受けながら国道から海岸へと向かいます。

5キロ地点までのペースは450ほど!
3時間30分以内を目標にするペースメーカーを先頭にした集団が目の前に
後方から追いますが、自身のエイドが気になるため急ぎ追い抜きます。

「7.8キロ」のエイドの状況を目で確認して「一安心」
これから押し寄せるランナーを仲間に託して先を急ぎます。
そして再び集団の中へと・・・。
画像13(7.8キロ)
ところが15キロ地点の上りからペースが落ち集団から離れ
16キロ手前の下りのトンネル内でペースを取り戻そうと激走の結果18キロで撃沈!
下りの脚の運びで、着地の振動が身体に伝わり3日前の腰痛が再発!
・・・・・「ここで?」
腰のテーピングも痛み止めも限界と感じて瞬時に完走目標に切り換えました。
まだ距離は前半なので絶対にDNFだけは避けなければ!
到達したハーフポイントを通過が1時間45分!
もしかすると途中で休憩しても4時間は切れる・・・?
いや、危ないので止まっちゃうとダメ!歩くしかない・・・。
残す21キロの壁は想像以上に高く脚を引きずりながらゴール会場へ・・・。
何度歩いたことか記憶が無い・・・「辛かった~!」
知り合いのカメラマンに会いゴール300M手前の直線で
ヒマワリ畑をバックに記念撮影中に弟「たいがぁ」に「何やってん!抜かすぞ~」と激をとばされの後押しでゴールイン

image3_20170929204352538.jpg


TIME:3:58:52


後半歩き続けた撃沈ランナー「山猫」は何とか「サブ4」達成!終盤は傷みが麻痺してよくわからない状態に・・・。

image4_20170929204354f9f.jpg

チーム「RUNZOO」のランナー。お疲れ様でした!
「山猫」不甲斐なくてすいません・・・。

image5_201709292043553e8.jpg

女子優勝の元チームメイト「もずくちゃん」と走ったのは久しぶりだなぁ~
ラン友「サンダー」も男子3位と自己ベストのオマケ付き!素晴らしいなぁ。

image6_20170929204407e28.jpg

女子の1・2・3とのショット!
「みっきー」は怪我明けのレースなのに・・・女子3位!

image7_201709292044095cf.jpg

「安Dさん」「法Nちゃん」も遠くからありがとうございました。

image1_20170929210413f3c.jpg

女子年代別1位のラン友「アッキー」・釧路「ノースウィンド」のチームみんなもお疲れ様~!

image9_20170929204412d83.jpg

あれっ!みんなビール飲んでいるだね? 羨ましい~。
「ジャック・スパロウ」・・・足下がふらついているぞ~!

image10_20170929204413ba0.jpg

職場の後輩達・・・まったく馬鹿だわ(笑)
しかし、よく走ったよ!コスプレどころか着ぐるみは絶対にまねできない!
盛り上げてくれてありがとう!

image11_201709292044248e9.jpg

最後は大好きな仲間達と・・・。「さといもちゃん」来年も待っているよ!
そろそろ会場を後にしてみんなを温泉へと連れ出します!

image2_20170929204439bd7.jpg

そして、温泉のあとは・・・ホテルに送って・・・さらに長い夜へと続く~!
「山猫」は店を3軒かけ持ちで行ったり来たり・・・。
とある場所では、えっ?・・・在室数分でグラスビール1杯3千円?「勘弁してョ~」(笑)

ここで拍手を!
初めてのマラソン大会へのエントリー・・・それも今日のフルマラソンに!
結果は残念ながらハーフに終わったけど
苦しかったマラソンもそれ以上に愉しかったはず・・・だと勝手に思う(笑)
ありがとうございました友人の「やまし田さん」!

image2_20170929210414bc2.jpg


第3回大会は、1,973人が出場し1,890人が完走しての完走率95.8%と言う結果に!

image4_20170929204442962.jpg

会場で同時に開催された「うみ」と「大地」の収穫祭2017も大いに盛り上がっていました。
全国からたくさんのラン友達ありがとう!

image3_201709292104156a3.jpg

今年も大会実行委員を始め多くのボランティアと沿道からの市民みなさまの応援に感謝致します。

締めは知り合いの「流氷パタラ」の愛○○ちゃんと。

image5_2017092920444462d.jpg


45th オホーツクマラソン大会

2017年9月17日 日曜日


「鮭に惹かれて・・・。(笑)」

今年も「秋鮭」漁が不良らしく・・・、年々貴重な海洋資源!
鮭の水揚げが「日本一」の町で今年も開催された「第45回記念マラソン大会」
10キロとハーフの完走者に頂ける魅力ある鮭1匹を・・・求めて?(笑)
エントリーした10キロは、今年もハーフよりも多い参加者数・・・。

image5_20170919224109330.jpg

45年の歴史ある大会に挑むために、3度目の「標津町」に向かいました。
・・・ちょい大げさ(笑)
朝早く車を走らせる中、オホーツクの海岸には何百とうい竿が沖に向け並べられている光景を目にし、車を停めて釣り人に声をかけてみると・・・

「一昨日も4時間・・・
昨日も4時間・・・
今朝もまだ・・・釣果無し・・・。」
との言葉に
う~ん、これから「シャケ」をいただきに行く途中での複雑な心境・・・。

image6_20170919224110cd3.jpg

4週連続レースの1週目の大会は、翌週の網走オホーツクマラソンの前哨戦!
10キロ50分以内のゴールを目指します。
身体へのダメージを残さないために気負いは全くありません。
・・・と、思いながら「鮭」ゲットの目的が明白(笑)

image7_2017091922411139a.jpg

開催地の標津にはラン友が居るのですが・・・先ず
45年前から出場している「標津走友会」の大御所ご兄弟に挨拶を・・・。
いつもお世話になっているのでお土産持参で!
今日の開会式では2人で「宣誓」を行っていました。

image6_201709192242142d7.jpg

雲の隙間から晴れ間が見える秋の空!
気温15度・風速は2mほどの穏やかな天候の中でスタート時間を迎えます。

image9_2017091922411439b.jpg

ハーフ&10キロの部の同一スタートは9時50分!
顔見知りのランナーの多い中でのスタートとなります。

image10_2017091922413060c.jpg

スタートまであと5分ほど・・・今さらレースプランに悩んでいます。
一週間後のフルマラソンを意識した方がいいのかなぁ?
今日の体調は今イチだけどコンディションも良いのでコースベストを狙うべきかなぁ?
悩むなぁ~・・・。
いっそのこと雰囲気と流れに任そう!

image11_20170919224131ea0.jpg

と、思いつつ静かにスタートしましたが次第に周囲に刺激されペースが上がって行きます。
430ペースで駆けて2キロを過ぎあたりから身体が温まり始め、上りコースになると自然
ペースは415へと・・・。
ところが3キロ過ぎた頃に気が付きます・・・「汗が出ない」!
北海道マラソン以来身体の調子が今ひとつ・・・。
ランニング中は「汗が出ない病」「水分欲しくない病」「飲み食べ受け付けない病」
・・・・・どうしたものだか。

image12_20170919224133878.jpg

先頭から8番目で折り返し
45分は切れるだろうと思い苦手な下りでペースをキープ
その後は、追い抜いた知り合いの女性ランナーに追い越され・・・。
40m先を走るラン友の背中を追走し・・・。
ゴールまで1キロ弱
残り150m程で「43分を切りたいなぁ」の欲が出て「ダッシュ」を試みるも・・・。

TIME:0:43:02

「あぁ~、しんどい!」の一言!
     一昨年 43:06  第6位
     昨年は 42:20 第10位
     今年は 43:02  第8位
毎年、代わり映えのないタイムと成績だけど、天候に恵まれて良い練習になる大会なのでいつも大満足!

image13_20170919224134f57.jpg

怪我無く、疲労とダメージも少なくお疲れさま!
と言ったところかなぁ~。
ゴール後はレース前に一緒にアップ走をおこなった若きラン友と!

image14_2017091922413646e.jpg

今日の我が弟の「たいがぁー」は「素」で激走!

image1_2017091922415923b.jpg

40歳以上女子5キロ優勝ラン友と「パシャ!」
1位になった気分をいっただきま~す・・・(笑)

image2_20170919224201f09.jpg

ゴール後には「秋味鍋」と「おにぎり」をいただいて、晴天の下芝生の上で嗜みました。

image3_201709192242029f8.jpg

そして、無事に完走させていただいたのでお約束の「鮭」をゲット!
疲れなく満足のひとときでした。

image4_2017091922420456f.jpg

着替える必要のない「汗」無し状態ははたして良いものか悪いものか・・・・。
会場に残り抽選会に期待を抱くも・・・今年も空振りに!

帰りは遠くかすかに望む「北方領土」を眺め「標津町」を後にします。

image5_20170919224205422.jpg

大会を45年開催し続けた標津走友会及び大会実行委委員並びに関係者の皆様お疲れ様でした。
5年後の50回大会・・・進歩も後退もなく同じペースを目標に!
駆けることの喜びを5年後も!


北海道マラソン 2017

2017年8月27日 日曜日


「最も頑張った大会・・・かなぁ。」

その先のゲートがいつもより遠くゴール直前で歩いてラインを通過!

・・・TIME:4:59:54

20キロを超えるまで気力で駆けて、以降は疲労感で「グッタリ」状態・・・。
26℃の気温下で汗が全く出ず、トイレも遠く、水さえも口にできない状態になり情けないけど「ギブアップ」・・・。

image1_2017090722535810a.jpg

「夏が終わりました。」

北海道で8月に開催される「フルマラソン」
自身では5度目の挑戦・・・?となる、苦手意識の高い「北海道マラソン2017」
なぜだろう?毎年コースベストは更新しているにもかかわらず、未だに目標のタイムに届かない状況が続きエントリーも控えた時もある自己への難コース・・・壁大会。

image2_20170907224309a96.jpg

「やはり・・・暑さかなあぁ?」
とても苦手・・・。暑いのが。
特に25℃を超えると身体が動かず異変が現れるお決まりパターン(笑)
なので、満足・納得走りは「春」か「秋」のレース!
と、言い訳がましく(笑)

image3_20170907224311150.jpg

大会前日受付
札幌市のテレビ塔を間近に見あげる大通公園の「北海道マラソンEXPO2017」会場で受付を済ませて出店ブースを眺めていると・・・「kaneka」のロゴが視界に!
もしかすると・・・?
居ましたヨ~「福島姉妹」!
2人に会うのは6月以来かなぁ~・・・。

image4_201709072243112b6.jpg

姉の「和可菜ちゃん」はイベントトークの真っ最中!
妹の「舞ちゃん」に「○○トレイルになぜ来なかったの~」と問われ・・・、「えっ!」(笑)
イベントの「最速ランナーマシン」を体験してと言われて・・・。「体感!」
ところが、ペースに乗せられて「ぜーはぁー・ぜーはぁー」前日にマジ走り(笑)
めちゃ、疲れた~。

image5_20170907224313e31.jpg

全国から集まったランナーさんと出会い「パシャ」「パシャ」と!

image6_20170907224314bb8.jpg

多くのランナーで賑わう大会前のひとときを過ごしました。

image7_20170907224329a83.jpg

今年の目標タイム「3時間30分」ハードルは上げずに「コースベスト」を目指します。

image8_2017090722433157b.jpg

その後はホテルに向かい夕食選び!
ん~っ・・・。美味しそうだけど刺身はパスかなぁ(笑)

image9_201709072243329b4.jpg

大会当日

5時の起床後に、チームの集合場所へと朝の静かな北の大都市を小走りで向かいます!
6時30分の時点では雲が一つも無い気温22℃の晴天に、やはり予報は暑くなる・・・。

image10_201709072243348a9.jpg

朝の大通公園に立ち、「ヨシっ!」走るど~。と、小声で(笑)
7時に札幌テレビ塔前にチームメンバー他が集合!

image11_20170907224335097.jpg

そして・・・チームの「いけてるメンズ!」・・・周りからのクレームは聞かなかったことに・・・。女子からの(笑)

image12_201709072243498da.jpg

各ブロックに散らばるチームメンバーと多くのラン友と挨拶と励まし、ゴールに戻る誓いを語りスタート地点に向かいます。

image13_20170907224350853.jpg

Cブロックのスタートに並び興奮を抑え・・・気持ち抑え。

image14_2017090722435217f.jpg

しかし・・・ジャック・スパロウ・・・「そうきたか」(笑)
最近全身コスプレ多くない?本来の姿を忘れてしまうなぁ。

image15_20170907224353a0f.jpg

北海道マラソン スタート

大通公園をスタートしてススキノへ向かう直線コースは溢れんばかりのランナーでいつものとおり接触転倒に気をつけながらの「アップ走」!
調子を伺いながら、先を急がずペースを守りいつもよりは慎重にスピードを抑えます。
一昨年は・・。「水分不足で後半バテバテ」
昨年は・・・。「スタートダッシュでスピード違反撃沈」
今年は・・・。「堅実に」・・・ゆっくりとペース維持!

5キロ地点で25分・・・10キロ地点では49分・・・15キロ地点で1時間13分で通過して、じわりじわりと徐々にペースを上げながら慎重に先に進みます。
とりあえず、チームメイトが待つ最初の新川駅エイドへと・・・。

順調に進み15キロを過ぎたあたりから急な異変に気が付きます。
気温は25℃!いつもなら汗だくのはずなのに身体から汗が出ない!
・・・それほど暑く感じることなく思いの程辛くない余裕の状態の中で・・・???
摂りたくない水分補給もポイントのところどころで口にして、多く必要とせずにここまで来たけど・・・。

image1_20170907224414d32.jpg

ついに新川通りに入ったとたんに「ガくっ」と・・・全身のだるさで意思に反して動かなくなりました。・・・ペースダウンです。
水分不足?あわててエイドで補水しますが、飲むとむかつきが出て走れたものじゃありませんので、コース内のランナーの迷惑になるので中央寄りにコースを取り走りますが、とにかく辛く脚を止められずにいられません!・・・なぜか汗が出ずに寒気さえも。
・・・・・まだ折り返し点も通過していないのに。

時間が経過するにともない身体が「重く」なる中、折り返しを過ぎてしばらくすると中央分離帯の反対車線から声が届きます。
「山猫さ~ん!」「どうしたの?」「がんばって~!」
ふと見あげると「福島姉妹」が手を振っています。
ここでは手を挙げて応えました。・・・けど、辛い!

image2_201709072244150d3.jpg

次にチームが待つエイドは30キロ地点
とりあえず途中歩きながらも何とかピットインして2時間35分で到着!
たくさんのラン友が声をかけてくれる度に笑顔だけの「カラ元気!」
写メ撮りながら自分をごまかしながらのラン!

image3_20170907224417669.jpg

32キロでちょい限界・・・。
歩道に上がり民家の横に隠れながらの休憩を・・・。
応援していた市民の方に声をかけられた記憶があるだけ・・・「少し休ませて下さい・・・」
多分15分ほど座り込んでいたはず。
立ち上がりコースに戻ります。もう走る気がしませんがとにかく前進だけ(笑)

35キロ過ぎには4箇所目のチームエイドがあるので「エイド」の「メイド」に愛に行かな
ければ北海道マラソンは語れない(笑)
エイドに到着して「りえっち」や「げんさん」のサポートを受け「メイド」に会い長く休憩
を取り回復させます。

image4_20170907224418016.jpg

・・・ゴールまで7キロが遠い!
3時間45分・・・残り1時間15分
・・・2度目のコースアウトで歩道の脇で立ちすくんでいると、「山猫さ~ん!」
「大丈夫!」・・・と「福島姉妹」が通過
「やばい・・・。補給できない!」
それでも後を追おうと走り出すと「無理しちゃダメだよ!」の声に
・・・無理できない情けなさ。

image5_201709072244205bc.jpg

トボトボと歩き・休み・小走り・歩き・休み・・・の連続の中で37キロ付近ではラン友エイドで元気を頂き、あと5キロだと言い聞かせ進みます。

image6_201709072244365d3.jpg

コースは北海道大学の構内へと移りゴールまではもう一息。

image8_20170907224439ddd.jpg

40キロ地点のタイムは4時間42分!
大学構内を歩き進む先の方向から太鼓の音が響いてきます。
「道南太鼓」の大声援がお待ちかね!
函館のラン友が一生懸命にランナーを応援しています。
ひとり「天狗」が・・・正体はわかっているけどあえて知らないふり(笑)
とても励まされました!「ありがとうございます。」

image9_20170907224440356.jpg

北海道庁構内を通過して時計に目を向けると・・・。あと3分ほどで5時間に
「マジか?」
意地でも5時間以内・・・。最後の直線少しだけ「ダッシュ!」

TIME:4時間59分54秒・・・

ゴールを通過した直後の記憶が・・・覚えてないのです(笑)
座りへたったかすかな記憶・・・。

image7_201709072244375a4.jpg

これ以上のタイムは記録に無いなぁ!
だけど自身のベストなレースより頑張ったと思う。
辛かったなぁ~・・・。身体どうなっちゃったのだろう。
ほんとうに完走できて「大満足」速攻リベンジが脳裏によぎりましたけど。
フラフラだけど最後はチームメンバーが待つ場所へと急ぎます。

image2_201709072245158ff.jpg

これは、多分一番辛かった時の写真!「記憶の無いワンショット」

image11_20170907224442187.jpg

ホテルに戻る途中で沖縄からのラン友とバッタリと出会いしばらく懐かしみました。
「ちんすこうTシャツ」着てくれば良かったなぁ!
ホテルには戻ってからは2時間程熟睡・・・。速攻ギブアップ!

image12_201709072244554b3.jpg

寝起き後にチームメンバーに誘われ「0次会」をスタートして、その後の1次会の席でアク
シデント発生!
「あれっ」「メダルどこだっけ?」「タオルは?」
実は・・・公園ベンチに「記録証」とともに放置していたらしく・・・記憶が無い。
後日判明・・・だけど後ほどしっかり手元に戻ってきました。
お騒がせいたしました。

image1_201709072245137ff.jpg

そう言えば、着ていたユニフォームの「喪章」を見ながら思い出しました。
先日、ラン友がランニング中に心不全を患い帰らぬ人となり・・・。
報告!
今日は彼の分まで頑張って完走しました。意地だけでね。

image14_20170907224456407.jpg

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる