FC2ブログ

2019 函館マラソン

2019年7月7日 日曜日

情緒溢れる魅力的な街で7426人が出走!
思えば2016年の第1回フルマラソンの函館デビュー時にはゴール直後に車イスで搬送・・・。
そんな苦い経験を思い出しながら再びエントリーしたフルマラソン!

image1_20190713004610dc9.jpeg

北海道で古く歴史のある街
この地でも多くのラン友と楽しいひとときを過ごさせていただきました。

image2_201907130046118d2.jpeg

大会前日・・・。

深夜2時に車を走らせ急ぎ南下・・・。
疲労が増し重なる移動時間は自己との戦い!
移動距離は630㎞、12時間を超える運転で身体は硬直し、目はしょぼしょぼで頭もボーッと(笑)
他の交通手段では移動がとても不便なため悩みながら結局は自由な「車」で向かうことに!
だけどこの距離って・・・普通に他の県だと3~4県は移動できるすごい距離だよね(笑)

移動中にコンビニは8軒ほど立ち寄りながら食べ物飲み物購入してお腹が満たされた状態になり、眠気が勝り始める逆効果(笑)
とりあえず休憩と食事に、スマホチェックしてみたり気を紛らわせて会場についたのは午後の3時・・・。
遠いわぁ~、ほんまに遠い!
あぁ・・・明日の帰りは考えたくない「もうやだ・・・」

image3_201907130046130df.jpeg

実際は時間的に前々泊や後泊が必要な距離なのだけど仕事休めないしね。
ほんとうは・・・北海道外の他県レースに赴いたほうがコスパもいいのでエントリーに悩みながらも今回はちょっと訳ありのため「ポチッと!」申し込み

早々に会場で受付を済ませながらラン友に声をかけられ、こちらからも声をかけあう出会いの時間!
で、その後は最近のお決まり行動パターンへと・・・。
御朱印を頂きに今回は数ある神社の中で「函館八幡宮」の赴き御参拝
願うは、無事に完走&事故無く帰宅・・・これ基本(笑)

image4_2019071300461403d.jpeg

さぁ~!明日の天候を気にかけながら、キャンセル待ちのホテルの空きも無いままにスパに向かい夜の函館に食事でも楽しみに行きます。
移動距離630キロ・・・覚悟していたけど今回も車泊か~(笑)

image5_20190713004616f5a.jpeg

大会当日・・・。

明けた朝に見あげた空はどんよりとした曇り空
ちょっと肌寒い気温に走るにはベストと感じながら今日の目標を考えてみます。
時間的には「サブ3.5」・・・昨日神社でのつぶやきを・・・一応ね(笑)
事前に申し込んでおいたJRA(函館競馬場)の駐車場に車を停めて会場までは電車で移動!

image6_201907130046312b0.jpeg

まだ人もまばらな千代台陸上競技場では早々に多くのラン友にご挨拶
久しぶりに再会する仲間と談笑が弾みます。

image7_20190713004633e3d.jpeg

時間とともに競技場にはランナーがあふれ出し賑わいをみせる中を歩き進む度にあちらこちらでラン友に会い挨拶止まり(笑)
最も忙しい時間・・・。

image8_20190713004634ed4.jpeg

朝のまだ余裕のひとときをたくさんのラン友たちと過ごしました。

image9_20190713004636ae8.jpeg

スタート前には競技場のトラックで軽めにアップのぐ~るぐる!
集合前にトラックを使用できるのはとてもありがたくついついオーバー周回(笑)

image10_20190713004637453.jpeg

9時10分のフルマラソンのスタートの10分前にはハーフマラソンがすでにスタートしています。
たしか・・・4年前はフルとハーフが同時にスタートで、ハーフ走者のペースに付いて行き高速レースになりへばった記憶が・・・(笑)
今日はハーフスタートを見送ってから一部の同じコースを後ろから追いかけることになります。
スタート直前には小雨がぱらつき始めたけど、雨の無い予報を信じて走り始めました。

image11_201907130046481df.jpeg

気温19℃ 湿度が90% 風は1m?
大会のレース状況としては、ゆっくりとトラックを半周してコースに出た時にとラン友と遭遇し、聞くとどうしても3時間45分を切って自己ベストを狙いたいとのことで目標同じく行けるところまで一緒に併走することになり仲良く駆けることに
キロ5分ペースで10㎞・・・15㎞と進みますが
ラン友が脚の攣りでレース半ばでの離脱・・・。
無理せず完走を目標にと言い残し、山猫は先へと進ませてもらいました。

image1_20190713010000c7c.jpeg

コースは終盤の観光地の赤レンガ倉庫群へと
目に入る光景をみて思わず立ち止まり辺りを見渡します。
沿道にはラン友が応援してくれていたので少しばかり一息入れて先へと進みます。
コース途中では「福島舞ちゃん」と「舞ちゃんおかん」が仲良くゴールに向かって走る姿を!
「おかん」がんばって~!
「ハーフのゴールまではあと4㎞だよ~!」とエールを送りました。

image1_20190713004704f5e.jpeg

実はサブ4ペースで問題なく駆けていましたが23㎞付近から雲行き怪しく・・・。
下腿の痺れと怠さと、時折襲う痛みでペースもダウン
足が上がらなくなってきましたのでキロ6分までスピードもダウン
今日は「完走」と早々と気持ちはシフトチェンジ!・・・(笑)

image2_20190713004706d6f.jpeg

走る楽しみは・・・その先にある「エイド」が最大の目標地点
しっかりと堪能させて頂きます。
まずは31㎞地点・第10エイドの「チーズオムレット」&「カステラ饅頭」を(笑)
そして・・・36㎞付近の第12エイドでは「メロン」「海鮮丼」「ラーメン」「イカそーめん」・・・
これだけ食べるためにはしっかり腰を落として15分ほどの大休憩でゆっくり休ませて頂きました。

image3_2019071300470706e.jpeg

5箇所目の折り返しを過ぎて残るゴールまでは6㎞ほど
休憩しすぎて走る気力も失せてしまいついに山猫は「トボトボ歩き」が始まっちゃいました。
そこに背後から「福島和可菜ちゃん」が登場して
「ほら~~山猫さん」
「3歩以上は駆け足!駆け足!」
・・・と、「喝」が入り駆け足で・・・(笑)

image4_20190713004709bba.jpeg

その後、ジョグ程度で走り続けるも残り2㎞ほどの場所で一旦コースアウト!
下腿の痺れが増してきたので沿道に寄って小休憩
とりあえずゴールは出来るだろうとの思いから目の前を通り過ぎるランナーにエールを送り応援に回利始めた山猫(笑)
それでもそろそろゴールへ向かわなければと歩き出していると
背後からラン友が・・・。
「もしや・・・あれっ・・・山猫さん?」
「ほら行くよ!」と、手を取られて一緒に走り出してゴールへと
トラックに入り手をつなぎながら100mダッシュでのゴールイン!
「ありがとうございますY知子さん」「良い想いでになったよ~!」

image5_20190713004710a59.jpeg

競技場内のゴールでは先月一緒だった奥尻島仲間も応援してくれていました。
ゴール後の会場で「福島和可菜ちゃん」にもご挨拶
「喝」をネ!(笑)
そして、「網走マラソンのゲストオファー受けていただきありがとう!」
「どうぞよろしく!」

image6_2019071300472776b.jpeg

「マネージャー」に挨拶して
今まで写真撮ったこと無かったね~・・・と初のイケメンと2ショット(笑)

image7_20190713004729a3c.jpeg

レースも終わり「おもてなしフェスタ」で「イカめし」を頂いて本日はこれにて終演
函館では多くの人たちと再会して楽しい時間を過ごさせて頂きました。

image8_20190713004730d05.jpeg

今年からフルマラソンの完走者に頂けるメダルを胸にして帰ります。
また思い出が増えた「函館マラソン」
関係者のみんさん、応援いただいた市民のみなさんありがとうございました。

image9_20190713004732eba.jpeg

スポンサーサイト



天童ラ・フランスマラソン 2018 <前編>

2018年11月4日 日曜日

観光物産交流都市 網走マラソンPR事業派遣企画

企画されたプロジェクト(ちょい大げさ~!)の参加及び関係者一行は、快晴のオホーツクの空へと旅立ち、昼食を食べに(と、言ってみたかった(笑)・・・単に乗り継ぎですけど)新千歳空港へと降り立って・・・。

image1_2018112311041714d.jpeg

さらに新千歳空港から向かった先は・・・東北「宮城県」

image2_20181123110418a86.jpeg

仙台空港に降り立ち空港施設の壁に記されたラインに目がとまり「東北地方太平洋沖地震」による津波の映像が思い起こしながら・・・あの情景にちょっと身震い!

image3_201811231104206e7.jpeg

空港から隣県の山形県へと向かい、1時間ほど車で移動し、天童市に入りマラソン大会の歓迎レセプションがおこなわれる会場に到着しました。
控え室では天童市長に伴われた大会アドバイザーの「金 哲彦」さんとゲストランナーの「中村 優」ちゃん、そして大会DJ「山本ゆうじ」さんたちに後におこなわれるレセプションと翌日のマラソン大会の参加のためにご挨拶をさせていただきました。

このレセプションでは、網走からの参加ランナーと実行委員がコースエイドを特別に設営して「カニ」を用意する企画をご紹介していただき網走をアピールすると会場内からは一斉に拍手が!

image4_20181123110421f3d.jpeg

しかしなぜ一般市民ランナーに控室が?
実はこれには訳が・・・。
北海道網走市と山形県天童市は平成16年に「観光物産交流都市」の協定を締結しており、両市でおこなわれているマラソン大会を通じて交流を図るべく事業を計画し一般市民5名の枠を設けて公募を図りました。しかしながら定員を超えたため「抽選」により参加者を決定し「当選」した5名が東北の地を踏むことになったのですが・・・。(ごめんなさい1人じゃ寂しく抽選を想定するもちょっと声をかけすぎたかも・・・。)

「声をかけたのに落選したラン友のみなさんすいませんでした。その分精一杯PRしてきます。」
と、想いを残し申し訳ない気持ちを抱きながら出発させていただきました。
・・・という企画行事なので控室は交流都市の天童市が特別に準備してくれていたというわけです。

image5_2018112311042318a.jpeg

レセプション会場を後にして、ホテルへと移動して夜の空きの時間に「打ち合わせ会場」へと!
打ち合わせ? 多分がっちり打ち合わせに余念のない実行委員!
「公募当選ランナー5名」と「網走マラソン実行員会の5名(内ランナー1名)」は網走のPRのために明日の大会に向け団結と健闘を誓い「美酒」を嗜みながら余(夜)会議を楽しみました。
天童市内を見渡すと」あちらこちらに「将棋の駒」が映し出されていてさすが全国一の将棋駒の生産地だと納得させられます。

image6_20181123110434597.jpeg

ホテルに向かうはずの足取りは小腹の減ったとの強引な理由で蕎麦の名店「水車」へと脚を運び「とり中華」なるものを頂きました。
「そば屋でラーメン?」・・・が第一印象(笑)
「あばしり大将」なるラーメン店にも驚きましたが、更なる驚きは翌日の同じ場所でびっくり場面に遭遇するとは想像せずに腹は満たされ一行は一路ホテルへと・・・。「だめだめ振り返るな~・・・(笑)」

image7_20181123110436761.jpeg

朝4時過ぎに目が覚めて朝風呂に浸かり、約束していた同行のラン友を追いかけて朝ランを・・・。
外に出てみると「寒い!」なんと気温は「6℃」
夜明けの気温は北海道と温度差が変わらず!しかも曇り空のあいにくの天候にガスで視界を遮る天候状況・・・だけど暑くはなさそうなので走るには良しとしましょうか。・・・・・「後に甘さに気づくことに」
しかし市内の至る所に将棋の駒が目に映るので・・・将棋出来ないと生きてはいけないんじゃないかと錯覚するほど(笑)
とりあえず朝駆けして足湯にも浸かり大会準備は万端!

image8_201811231104378ae.jpeg

網走ランナー6人は揃いホテルを出発して会場へと送迎車で向かいます。

image9_201811231104391a1.jpeg

山形県運動公園・NDソフトスタジアム山形に到着してスタート&ゴール会場に入る姿はりテンション高く、会場周辺を「キョロキョロ」するばかり。
勝手に動いて見失わないように~・・・。あっ、それは山猫か(笑)

image10_2018112311044059d.jpeg

天童市の担当者に導かれるままにスタジアムの中へと・・・。
んっ?「VIP専用エレベーター」に乗り「VIP観戦室」へと直行・・・ちょっと過大な待遇に恐縮
控室には受付を済ませた後の大会参加賞の「ラ・フランス」が用意されていました。

image11_20181123110453057.jpeg

スタジアム入り口前の広場の開会式会場に向かう多くのランナーの中にはキャラクターマスコットや芸能人の姿もチラホラとみえていました。
この黄色いマスコットは?
Jリーグのモンテディオ山形のマスコットの「ディーオ」・・・なにやら県獣「カモシカ」をモチーフにしているのだとか・・・。

image12_20181123110455579.jpeg

んっ・・・。あれっ・・・。どこかでお見受けしたような・・・。
「野々村 真」さんじゃないですか!
山猫:今日は参加されるのですか?
  野々村:テレビの番組収録でね。
山猫:そうでしたか!楽しんで走りましょうね。
  野々村:そうだね!
・・・・・みたいな感じでご挨拶。
番組は、「たびけん やまがた発!旅の見聞録」で身体を張ってマラソンに参加して旬のラ・フランスを堪能する番組なんですって・・・。みなさん必見!

image13_201811231104562cf.jpeg

会場の雰囲気にスタート前の緊張はどこかに消えてついには「パシャパシャ撮影会」へと!

image14_20181123110458d25.jpeg

8時15分には開会式がおこなわれて、網走マラソン実行委員会事務局長がステージで紹介を受ける姿を5人で熱視線!ここでも司会者からコースエイドでの「カニの振る舞いエイド」を紹介され会場から多くの拍手を受けました。そしてステージからは「網走ランナーさんどこですか~」の声に、手を振って応える5人の精鋭(笑)

image1_20181123111921a0d.jpeg

控室へと戻り9時30分スタートのハーフマラソンまでは1時間余り
VIP観戦室からスタジアムを望み3㎞のレースの状況を見渡します・・・。小学生速っ~!トラックを爆走~・・・。

image15_20181123110500217.jpeg

時間に余裕があるのでウロウロしていると大会DJ「山本ゆうじ」さんの姿をお見受けしたので声をかけて「パシャ!」
山猫:「ゴールでは、網走Tシャツを見つけたら声援お願い致しますネ」・・・とのお願いを
ゆうじさん:「任して~!」・・・なんてやりとり。

image16_20181123110514dd7.jpeg

曇り空で視界にはガスが見えますが、さて、いよいよスタートまではあと30分!
スタート・トラックに向かいましょう。

・・・・・後編へと続く
プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる