FC2ブログ

9th OSAKA MARATHON 2019

2019年12月1日 日曜日

山猫のFARST大阪マラソン

過去数度のエントリーでは縁がまったく無く、今回が初参加の2019年のラストレース!

image4_2019123022222398c.jpeg

師走の多忙な時期だけど休暇取っちゃいました・・・。3日も(笑)
週末から土曜日曜と連続5連休は間違いなく思惑バレバレの「食べ・飲み・遊ぶ観光パターン」

image5_20191230222236e19.jpeg

伊丹空港に降り立ち、大阪での5日間のベースとなる場所はJR大阪駅の一つ隣の「福島駅」そばの真新しいホテルに拠点を置きます。

image0.jpeg

金曜日の午後に大阪に到着してホテルにチェックイン後に速攻で受付会場の「OSAKA EXPO」に向かいました。
すでに陽が暮れた会場には人並みは少なく受付も並ぶこともなくEXPOをゆっくりと楽しめます。
会場の閉館時間ギリギリまで堪能する山猫は・・・暇だから。

image1_2019123022213391d.jpeg

ショップで勧められた50%OFFの「ナイキのサングラス」を衝動買いしてホテルへと・・・。
とりあえず1日目は終了!・・・なんてことはなく大阪での初日の夜の部を堪能します(笑)

image2_201912302221358f5.jpeg

ホテルで迎えた2日目の早朝
まだ陽も揚がらない暗い右も左もわからない場所をあてもなく走る朝旅RUNの始まり!
それにしても寒い・・・メチャ寒い!きっと体感温度は北海道とさほど変わらないじゃないかなと思えるほどの冷え込みもスケートリンクを見つけて・・・自身で納得(笑)

image3_20191230222136241.jpeg

受付も済ましていたのでフリータイムSaturday!
とりあえず大阪の町を一望するために「ABENO HARUKASU」へと向かい、ビルの60階まで一気に上がるエレベーターに耳鳴りが「キ~ン」(笑)
展望階で降りて360度大阪を見回していると、昔の天下取り人はこの地で時を過ごしたんだぁ・・・。とちょっと歴史を想像してみた。

image4_20191230222138759.jpeg

夜は人生初の「道頓堀」へと向かい「戎橋筋」「心斎橋筋」・・・どの通りにもあまりの人の多さに圧倒される。
外国人観光客の姿が異常に目立つこともあり異国に来た雰囲気を感じる場所も・・・。

image5_20191230222152b42.jpeg

3日目の大阪
朝が明ける前にホテルから会場へと向かう電車の中で前夜の飲み過ぎを大反省・・・深夜2時だものね~帰宅が(笑)
 なので就寝時間2時間・・・やっちまったなぁ

image6_20191230222154e4a.jpeg

朝7時には大会会場でチームメイトと待ち合わせ
「SRC904~KANSAI~」のメンバーとは久しぶりの再会!
北海道からのRUN友を交えての撮影会をおこないテンションUP~

image7_2019123022215512c.jpeg

スタート場所に向かう数万人のランナーの移動は圧巻!
気温9℃、風は1m未満のコンディションはちょっと酔い気味の身体には絶好のRUN日和
はっきりいって飲み過ぎで身体は「フラフラ」だけどテンションは最高潮(笑)
移動中のトイレの並ぶ列がハンパ無いので早々に済ませることのできる場所を捜すことが最優先!

image8_201912302221575c7.jpeg

スタート一に並び9時の合図と共に走り出し・・・いや、歩き始めました。
2分30秒後のロスタイム後に24.195キロを駆けてこの地に戻る今年からのNEWコース
3キロほど走ったところで「寛平ちゃん」に遭遇したので
「師匠~写真お願いしま~す」

image0_201912302222171c9.jpeg

3万2千人が走る大阪の町はマラソン一色となり、折り返しの多いコースでは途切れることのないすれ違いのランナーにあらためてマンモス大会だと実感

image2_2019123022222007b.jpeg

初めて駆ける大阪の町は途切れることのない応援と声援に辛くても立ち止まることなく前に進むことは出来ました。

image6_20191230222237d61.jpeg

さすがに前夜の遊びすぎで辛かったけど、それもゴール後に駆けつけてくれたRUN友と速攻ビアー缶を「プシュー」!
気持ちが復活しての大阪マラソンを振り返ってみる・・・。反省だわぁ・・・いつもの(笑)

TIME:3:52:08

「SRC904KANSA」主催の打ち上げ他チームの「RISE」などのチームメンバーも参加して頂き夜の大阪を愉しむ仲間との大切な時間

image0_2019123022342312c.jpeg

大阪なぜか癖になりそうな魅力的な雰囲気の街
来年もエントリーしようとその気になってしまう魅力ある都市でした。

image3_20191230222222e26.jpeg

スポンサーサイト



8th フードバレーマラソン

2019年10月27日 日曜日

初めてのファースト大会から8年連続のエントリー!
数ある大会の中で連続出場継続中の大会の一つです。
今では目を塞いでもコースレイアウトがわかるほど熟知しているコース環境では調子が良いと目標の90分をクリア出来そうな相性の良いコースでしたが、今年から2箇所の折り返しがあるもののほぼワンウェイのコースとなり8年目にして初の「コースリニューアル」!
結果的に自身にとっての相性は?
プラスかマイナスかは走ってみなければわかりません。

image3_20191219062202a73.jpeg

今年もいつものようにラン友の依頼を受けてゴール近くに駐車場所と着替えとトイレの休憩場所を借りて準備万全でレースに挑みます。

image1-1_20191219062332e7d.jpeg

山猫は当日の日付が変わってから車を走らせて十勝イン!
朝に受付を済ませてベースとなる施設でラン友達を待ちます。
それにしても・・・年々寂しくなる「参加賞」
毎年変わる参加賞は開催当初に比べると実際かなり「しょぼく」なりました。
今回頂いた物は「フェイスタオル」のみ・・・・・。
昔は1000円分の「まんぷくチケット」なんて物まであってアフター会場で過ごすのが楽しかったのになぁ・・・。
来年からは参加賞は必要ないのでエントリー代を下げましょう(笑)・・・と言いたい。
これからは運営のための人件費高騰、増税などでエントリー代の値上がり間違いないでしょうしね。

image2_201912190622009c4.jpeg

いつものようにスタート場所に向かい列へと並びます。
今年は陸連登録でエントリーしたので前方に向かいいつものように多くのラン友とご対面
画像4(ゼッケン受付)
午前9時
今年は天候も申し分のないラン日和となり言い訳無しのスタートとなりました。

image5_20191219062204609.jpeg

image6_20191219062225201.jpeg

前半のコースは昨年までとほぼ同じですが、後半は今までの折り返しコースではなく新たなコースで昨年同様のゴール会場に戻ってきます。

image7_20191219062227295.jpeg

2箇所の折り返しを経て自衛隊の敷地内に向かいます。

image8_20191219062228a5b.jpeg

普段立ち入ることの困難な場所がコースの一部となり自衛隊員の皆さんが敷地内で手を振り声援してくれていました。
コンクリートの路盤・・・固かったなぁ

コース前半はいつもの国道を沿道の声援をたくさん受けながら走り、中盤に一気に高台に上り終盤には下ってゴールに駆け込む高低差となっていました。

大きな腰の痛みも脚の痺れも無くゴールを越えることができたので満足ですが、ほんとに身体がスピードに付いていけないため我慢のレースは今年春から常につきまとう不安定な調子!
休めば完治も早いけど
休むと不安な状態気持ちになるため・・・走って直すしかない性(笑)

image10_201912190624421b0.jpeg

帯広の地は個人的には慣れ親しんだコースからの変更は新鮮だったけど言い訳無しのタイムの結果は予想とおりの「ドボン」でしたけどね(笑)

image11_2019121906231279d.jpeg

TIME::1:40:26(グロス)

せめて100分は切りたかったな~・・・・・。
このスピードに乗れない状態から10分切るには厳しいよね。
それでも前向きに来年も新たな気持ちで「リベンジ・チャレンジ」

image14_20191219062317408.jpeg

駆け終えた後のゴール会場も毎年レイアウトが変更されてとまどっちゃいますが、とりあえずゴール後は食べ物に目を奪われて直ちにお腹を満たします。

image12_20191219062314cbd.jpeg

山猫はソウルフードの「インディアンカレー」をチョイス!
相変わらずの絶品カレーに満足して今年もフードバレーマラソンは終了となり、同時に山猫の北海道内における全てのレースを含む2019年の29大会を無事終えることが出来ました。

image1_201912190621581dd.jpeg

今年の残すレースは「2019 OSAKA MARATHON」
時間は1ヶ月
腰を労らないとなぁ・・・なんとかなるか!

image13_20191219062315ef3.jpeg


5th オホーツク網走マラソン ~マラソン後は山猫ツアーズ~

大会本編
~ワカナンが駆けてマネージャーが追っかけ撮り~

2019年9月29日 日曜日

今日1日のスケジュールは分刻み・・・一応関係各所との打ち合わせでも時間的に余裕の設定で不測突発時にも臨機応変に柔軟に対応できる態勢・・・!

image1_20191013161214837.jpeg

朝7時にゲストを迎えに到着したホテルでちょっとしたアクシデントがあり急遽車を変更・・・。
朝一からドタバタパターン?・・・と、思っていたらホテルの朝食が間に合わずゲストの準備も遅れると連絡が入るナイスリカバリー(笑)
ロビーで待っていると、エリックが現れて朝から真っ赤に装いでチョー目立っている2人・・・(笑)

image2_20191013161216772.jpeg

若干予定時間を過ぎた程度にゲストとマネージャーを乗せて向かう先はマラソンスタート会場!
会場はすでにランナーであふれていました。
会場に到着するなりゲストは写メのご要望に大忙し・・・

image3_20191013161217ed9.jpeg

山猫も多くのラン友や運営スタッフに会いご挨拶や談笑写メなどでバタバタと一番忙しい時間帯に突入
声をかけられ声をかけて出走前の時間を楽しみます。
年参加してくれているランナーさん
毎年ペーサーを努めてくれる作・ACのみなさん
声をかけてくれるランナーさん
数え切れない人たちとふれあえる時間です。

image4_2019101316121983a.jpeg

スタート直前まで「和可菜ちゃん」は撮影に並ぶランナーの撮影に応えてくれています。
そろそろスタート準備を・・・撮影会を切り上げて「和可菜ちゃん」をトイレに連れて行きますが・・・並んでいる・・・。
待つこと5分も時間が迫りトイレは後回しに「和可菜ちゃん 時間間に合わないからトイレは後で」
とりあえず、スタート前にランナーに一言メッセージを・・・。

image5_20191013161220260.jpeg

慌ただしい時間の中で8時45分にランナーがスタートしました。
山猫はスタートコース横で「ハイタッチ」をしながら全てのランナーを見送ります。
最後のランナーがスタートを終えたところでゲストランナーの3人が揃ってスタート!

今回は「和可菜ちゃん」を撮影するためマネージャーが一緒に走り、その後を山猫が追う形に

image6_2019101316123443f.jpeg

スタートして間もなく2キロ地点でホテルにお願いしてトイレを借りちゃいますラン!
「和可菜ちゃん、トイレを貸してくれるからここでピットイン!」
・・・任務達成!(笑)

その後はマイペースで先を走るランナーを追い抜いていきます。

image7_20191013161235964.jpeg

和可菜ちゃんも元気にランナーに声をかけながら、そして各エイドに立ち寄りながら先へ先へと元気に駆け抜けます。

image8_201910131612372d1.jpeg

海岸線を元気に走り回りのランナーとも笑顔で駆けていきます。

image9_20191013161238ac0.jpeg

沿道の声援と応援に手を振って。

image10_201910131612408eb.jpeg

6キロ地点は上りがあるよ!
上りきったらエイドがあるよ!
と、コース紹介をしているとついつい和可菜ちゃんの前を走り・・・
「やばやば・・・。」

image11_2019101316125554c.jpeg

7.8キロの山猫公式エイドを通過して一休み!
イケメンのジャーマネを「パシャ!」

image1_20191013161310b0f.jpeg

コースはいよいよ絶景ポイントへと進み快晴の岬の突端へと向かいます。

image2_2019101316131130c.jpeg

今年も多くのランナーがこの地を走り抜けました。

image3_20191013161313464.jpeg

快晴の岬の突端の灯台をバックに・・・。
マラソン一旦休憩・・・モデルだ!

image4_20191013161314ba2.jpeg

トンネルを通過して距離はハーフを過ぎて残す半分の距離へと

image5_2019101316131664c.jpeg

25キロ付近でコース脇で座り込みうずくまるランナーを発見!
言葉をかけるとかなり辛い様子に「嘔吐した方がいいですよ!」
と、アドバイスしていると和可菜ちゃんとの距離が徐々に離れていく~!
まっ、いいか(笑)
様子を見ると大丈夫なようなのでダッシュしましたがなかなか追いつけずにちょっと「バテバテ」

image6_20191013161330316.jpeg

35キロでの天童市提供の「シャインマスカット」をほおばり残りゴールまでのエネルギー補給!
美味しいよね~。

image7_20191013161331d63.jpeg

37キロ地点でちょっとへばる「副実行委員長」と併走ラン
今回、副実行委員長のゴールタイムは?
の商品付きクイズが出題されプレッシャーの中のフルマラソン!
「何とか5時間を切りましょう。」と走り、歩き、走り、歩くの繰り返しで

image8_20191013161333df7.jpeg

とりあえず山猫もゴール

TIME 4:54:42

image11_201910131613507ed.jpeg

ゴール後はラン友とお疲れさまのねぎらい時間

image10_20191013161336443.jpeg

今年もゆっくりと走り完走だけを目標にしてゴール致しました。

image9_20191013161334d28.jpeg

マラソンも終わり会場を後にして「和可菜ちゃん」と「マネージャー」と山猫ラン友でリゾートホテルに向かい温泉に浸かりさっぱりと!
今年も「鶴雅リゾート」様のお世話になりました。
「ありがとうございます。」

image12_201910131613518e3.jpeg

その後は市内に戻りおつかれ打ち上げ会場へと。
夕方5時に今夜は「プレモルビアー」と「網走の旬魚介」でのおもてなし!
6時過ぎからは隣の部屋では山猫ラン友たち同じく打ち上げを始めます。
そのほかに5箇所の会場で打ち上げを行っていますが山猫は体が一つなので各所にテレ電話ご挨拶。
「みなさん今日はありがとうございます。」
「また、来年もよろしくお願い致します。」・・・・・みたいな(笑)

image13_20191013161353b9f.jpeg

東京行きのフライト時間が迫る中
山猫ラン友に和可菜ちゃんを紹介しての盛り上がり!

image15_20191013161356b69.jpeg

急遽サイン会が始まり、ついにはCD発売会に発展しちゃいました(笑)

image14_20191013161354ac9.jpeg

空港まで2人を送り
今回のお礼を述べます。
「和可菜ちゃん」ありがとう!
「マネージャー」もお疲れさまでした。
また、会いましょう!
網走マラソンゴール会場の向日葵を機内に持ち込み空に飛び立ちました。

image1_201910131614129c5.jpeg

市内に戻り山猫ツアーズに復帰!
新たな仲間を加えて2次会へGo!
場所は・・・昨日の「げんこつハンバーグ」(笑)
網走市商工部長を交えみんなで酔いながら来年の網走マラソン談義へと・・・。
帰り際部長の靴がな~い!事態となりスリッパでタクシーに乗り込むおちゃめ振りにメンバー大爆笑でした。   *後日見つかりましたよ・・・靴!

image2_2019101316141321a.jpeg

今年も2日間とても充実した時間を過ごしました。
供に楽しんだラン友に感謝致します。
「ありがとうございました」
すべてのラン友におもてなしが行き届かなかったけど来年お会い致しましょう!
来年また網走でお会いしましょう!
・・・・・・山猫ツアーズ終演

47th オホーツクマラソン


2019年9月22日 日曜日

「鮭」を求めてエントリー!
秋のレースシーズンでは決して外すことの出来ない大会の一つとして今年も標津町へと足を運びました。
スタートから40数分間我慢の走りでゴールを通過するとサーモン1匹頂けるためのエントリー!

image6_20191003000909c02.jpeg

朝の7時に会場に到着して
ラン友達を待つ時間にとりあえず待機場所の確保から(笑)

image2_20191003000903a06.jpeg

待つ仲間と供に撮影タイムへと・・・。

image3_20191003000905d72.jpeg

いつにもなく走る気満々の気分で
曇り空の天候は暑くもなく寒くもない21℃のベストコンディション下でとりあえずアップ走~!
「えっ?」「そう言えば」・・・かなり久しぶりなREIちゃんと一緒に走る大会

image4_20191003000906254.jpeg

今年もハーフと10キロ走者の同時スタートを前に・・・またまた撮影大会
・・・緊張感がまるで無い(笑)

image5_20191003000908de1.jpeg

出ました~!
おなじみ釧路の変装「ルイージ」おじさん(笑)
だけどこの大会・・・コースは沿道応援少ないけどね・・・。
こころ折れませんように!

image7_20191003000930799.jpeg

スタートまでライン際の前方では余裕のショットでラン友たちと和み時間

image8_20191003000931a31.jpeg

スタート後は気負わず、焦らず、ゆっくりのはずが・・・
周りのスピードに巻き込まれて結局はスタートダッシュ!
も~ぉ・・・。
500mを走った後になり冷静に50分切りをめざしてスピードダウンも周囲は常にダッシュ走!
ここは堅実に「鮭」をゲットラン(笑)

image9_2019100300093251a.jpeg

だけど前を走るREIちゃん・・・50分にゴールと約束したけどちょっと速くないかい?
コースはゆる~い上りいつの間にか5キロ走り終えて折り返し地点へと・・・。
すれ違うランナーとの距離を考えてゴールを目差す山猫は腰が痛く脚も痺れてきてのあたふた走(笑)

ゴールも直ぐ側に近づきナイスイン
とりあえず10キロ組はみんな完走して「鮭」をゲット!
後続の10キロとハーフ走のラン友達を待つのみです。

image10_201910030009349f4.jpeg

ラン終わりの会場ではいつものように「石狩鍋汁」と「おにぎり」を頂いて
今日のレースは無事終了!

TIME::46分08秒

年々落ちるタイムは今年も健在(笑)
全盛期から5分も遅いと1キロ以上も違うじゃん・・・何故だ?

スピード出ない・・・
集中力が続かず・・・
あきらめが早い・・・
さらに
最近飲み過ぎちょっとデブり始めた・・・かな

image11_20191003000935471.jpeg

会場内に戻り他のラン友と一緒に鮭箱でタワー・・・。
今日は積んじゃおうか?
で、チーム山猫は6本(箱)とトロフィー3つの優秀パフォーマンス(笑)

image1_20191003000951a5e.jpeg

今年も新巻鮭をサクッと走ってサクッとゲット!

image2_2019100300095353f.jpeg

帰りは仲の良いラン友たちと北方領土を眺め・・・
蕎麦処「福住総本店」でそばを嗜み・・・
鮭のふるさと鎮守「標津神社」で参拝して御朱印頂いて帰路につく充実の1日

image3_20191003000955123.jpeg

自宅に戻って鮭箱を空けて・・・両手を合わせて頂きま~す!
おっ!今年の鮭は色艶良し(笑)
image4_20191003000956804.jpeg

42th SHARI ROADRACE 2019

~駆け抜けろ!このアップダウンを~


2019年9月15日 日曜日

5年振りのエントリー!
たしか・・・駆け上るイメージが強くタイムがのびない難コース・・・
上りがあれば必ず下りもあるのが普通だけどなぜか上り8割の印象(笑)

image1_201909270017015b6.jpeg

自宅からほど近い大会会場の斜里郡清里町までは止む気配のない曇り空の降りしきる雨の中・・・。
覚悟を決めて会場に向かいます。
車のワイパーが追いつかないほど降っているじゃん・・・。

image2_20190927001701e84.jpeg

会場の生涯学習総合センターに到着して速攻で受け付けを行いたいところだけど車から飛び出しただけでずぶ濡れ状態・・・時間が速いので車内で待機(笑)

image3_20190927001702717.jpeg

時間も経過して追っかけでラン友も到着する頃になり少しずつ雨足が弱まってきたので受付へと

image4_20190927001704710.jpeg

受付を済ませ頂いた参加賞を見ながら、今日のプラン準備!
「フライドポテト無料券」「温泉入浴券」使わない手はないよね~!

image5_20190927001706ad2.jpeg

気がつくとあれだけの土砂降り雨は上がり、湿度はあるものの気温は低くいので上々のコンディション!
ならば、アップ走で身体を温めますか!

image6_2019092700175036a.jpeg

9時45分
スターと前の開会セレモニーではゲストランナーのお笑いタレントの「庄司智春さん」と地元清里町出身の長野オリンピックメダリストの「岡崎朋美さん」がお見えになりご挨拶

image7_20190927001752d67.jpeg

スターと前にラン友とリラックスショット!

image8_2019092700175311d.jpeg

ハーフにエントリーした山猫は10時のスタート前に後方位置に並ぶも・・・早くも緩いラン態勢
腰が思わしくないため決して無理はしません。
スタートダッシュなんて絶対しませんよ。

image9_20190927001755cbe.jpeg

路面が濡れる100名山斜里岳の麓をスタートして、山を望み町中を抜けると・・・
目の前に現れる上り坂~(笑)

image10_20190927001756be8.jpeg

コースを駆け出し先に進むにつれ徐々に思い出す「やばいコース!」
全体的にはアップダウンなんだけど・・・。
上りが長い!いつまで続く?

image11_20190927001817859.jpeg

12キロ地点から折り返すランナーとすれ違い
アップダウンを切り返し15キロ地点での折り返し・・・直後に腰が悲鳴を上げてペースダウン
残るゴールまでの6キロはアップダウンと下りが続く一直線路!
脚を引きずり走り進むもすれ違うラン友の辛そうな顔がふと蘇り痛みが麻痺し元気回復したためゴール手前200mでコース逆送折り返しすることに!
・・・忘れ物を取りに引き返します。ラン友お1人様

2キロほど戻るったところでラン友を発見
元気そうな姿に嬉しく思いました。

image12_2019092700181820c.jpeg

ラン友と一緒にゴールに向かうとゲート手前では「朋美さん」がランナーをお待ちかね!

image13_2019092700182078f.jpeg

TIME:2:16:16

そう言えば岡崎さんに合うのも久しぶりでした。
声かけは「お久しぶりです。」・・・記憶にはあるみたい(笑)
世間話をしながら一緒に後続のランナーの応援

image1_2019092700183506e.jpeg

ちょっと気になったのは朋美さんの「TOKYO2020」シューズ!
カラフルでめちゃかわいい。

image2_201909270018376c3.jpeg

ゲストランナーの「庄司智春さん」とも2ショットを頂き、おとなしめな感じの人柄に山猫はちょっととまどい(笑)

image3_20190927001839660.jpeg

あっ!TIMEはありえない:2時間・・・なのでご愛敬
ハーフ初の2時間超えは記念撮影で(笑)

ゴール後に箱に手を突っ込み抽選で当たったのは・・・「蒸しパン」(笑)

image5_201909270018419a8.jpeg

会場では「ローカルフェスティバル」が開催していましたのでちょっと見物
image4_20190927001840e39.jpeg

その後はラン友と温泉に入りご飯を食べて・・・御朱印頂きに近くの神社に赴き有意義な1日またまたを過ごしました。
あぁ~身体がぼろぼろだぁ
プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる