FC2ブログ

オホーツク・ビーチ・Running [The Pre run]

2018年7月14日 土曜日

抱いていた想いが遂に実現~~~!

3年前から頭の片隅で描き続け
駈けてみたいとの想いが・・・。
海の際を海岸を!

「ビーチランニング」

image1_20180726213318ce4.jpeg

3ヶ月前のマラ練会で想いを話したところ賛同してくれたラン友とその後に連絡を取り、コースと概略を決めて関係官庁他関連法規類を調査してみると大きな弊害もないことから、将来的にイベントとして成立させるための試走会を開催することに!

image2_20180726213319ede.jpeg

こうなればイケイケ~!
海岸線約30キロ区間の1市2町のオホーツク海岸の範囲で一つの町に(小清水町)にコースを定めて両隣町の境界間の約17キロを駆けることに決定!
うち合わせ段階ですでに「ワクワクドキドキ」(笑)

image3_201807262133204d9.jpeg

1週間前に仲間を募っていただき、7名の勇者?いや物好きが手を挙げ海岸の砂地を爆走することに・・・。
今や、マラソンブームは多種多様な場所で様々に形態を変えて開催され、山岳山頂を目指すなど刺激を求めるランナーも多い中で、身近な場所で障害の少ない自然を感じ取れる海岸の砂浜に以前から着目!

image4_2018072621332206e.jpeg

Pre run当日の朝6時30分に集合し、海岸まで500m先のスタート地点へと移動!

image5_201807262133230bc.jpeg

砂浜を歩いていると手のひらよりも大きな貝殻が散乱し・・・ずっしり重い鯨の骨までも・・・。

image6_2018072621333513e.jpeg

音もなく突然上空から・・・。
おっ、近づく1機の「ドローン」が空から参上!・・・便利な時代だなぁ

image7_2018072621333643d.jpeg

スタート直後は波打ち際を列になり駆け抜けます。
慣れない砂浜で波の引き際を選びながら進む中を、時折大きな波が押し寄せてシューズ・・・「ベチャ!」

image8_2018072621333873f.jpeg

海岸に打ち寄せる漂流物を横目に、休憩を交えて時にはふざけ合いながら先の遠い海岸を走り抜けます。
ロードと違い砂地は時にしっかりとしている場所と、シューズが埋もれて苦戦する場所もあるのでなかなか思いとおりには進みませんが、慣れてくると走りやすい場所を見定めて爽快に駆け抜けられます。

image1_20180726213409954.jpeg

やはり波打ち際が走りやすく、特に波の引いた後がよろしいようで・・・(笑)
海岸に流れ着いたサッカーボールを蹴りながらの「ドリブルパス・ラン」で楽しさ倍増!
転んでも痛くないため砂まみれになり「はしゃぎ走る大人」を見ると大きな子供だなぁ~(笑)

image10_2018072621334123a.jpeg

海岸にうち上がる多くの漂流物を見ると異国から流れ着いた・・・ゴミ?
ロシア・韓国・中国・USA・・・多国籍。

image11_20180726213352508.jpeg

駆け抜ける海岸線の波打ち際は、波の音が心地よくしっかりと固まり閉まる砂地を埋まることなく踏み走ることが出来てロードとの違和感もそれほどないためしっかりとしたペースで進めます。
コンクリートブロックで護岸された場所は迂回して砂地コースを選定しなければならない場所もありました。

image2_201807262134106db.jpeg

コースの途中で海に注ぐ川が走路を立ち塞ぎますが、「先発隊長」がひとり河口に入り対岸へと・・・。
今日は膝上程度の深さでしたので、アイシングのつもりで列になり5人で挑んでみます。

image3_20180726213412e00.jpeg

海水よりも注ぎ流れ込む川の水が冷たくて冷え冷え~「早く進んで・・・早く~!」(笑)

コース途中では、波に浸食された砂壁で駆け上りゲームにチャレンジ!
今日はコース確認なので遊びながら楽しく駆けさせていただきました。

image4_20180726213413848.jpeg

「サンド・ラン」は天候にもよりますが波が穏やかな夏の日にはとても涼しく障害物も無く、海風が心地よくアップダウンも無いためとても走りやすい場所でした。
きっと、雨の日だと砂に雨が浸透し最適な予感!

image5_201807262134150df.jpeg

どこまでも続く海原と花が咲く海岸での砂浜ランニングはランナーを楽しませてくれるには十分なロケーションの中でのイベントになりました。

image6_2018072621342552c.jpeg

約17キロの砂浜ワンウェイを駆けた
「サンド・ラン」
安全で快適な初心者でも楽しめることを確認いたしました。
ロードと違って砂地は柔らかいためクッションソールのシューズは走るには不向きかも・・・。
結局5人が普段のシューズで走り、他に「トレッキングシューズ」と「ワラチー」1人ずつが挑みましたが、後に4人が「素足」になり裸足ランへとシフト!
終わってみると足の角質ケアになり「スベスベ」足に(笑)

image7_20180726213426b24.jpeg

今回の試走会を楽しく走る中では課題も見えてきたので今後はイベント的要素を交えて改善していきたいと思います。


PS. 尽力頂いた石原氏とアドバイスしてくれた洋美ちゃんに感謝致します。
スポンサーサイト



季節限定企画 Part1 「極寒RUN in 流氷街道」

2018年2月11日 日曜日・・・建国記念日

仲良くしているラン友が何気に呟いた言葉・・・から企画がスタート!
2月のオホーツク海一面に流氷が埋め尽くされた「極寒」の季節に
決行!

「極寒RUN in 流氷街道」

image8_20180212192821a47.jpeg

朝の9時に、「道の駅・氷観光船オーロラターミナル」に集合したランナーは5人

image1_201802121928002a2.jpeg

軽くウォーミングアップを済ませて流氷街道へと出発~!

image4_201802121928031e5.jpeg

参加する女子の面々は6月のサロマウルトラ100K参戦のため・・・「モチベーション始動会」の設定で!

image3_20180212192802e8d.jpeg

コース途中で流氷祭り会場に立ち寄り・・・
「ダメダメ!」おやつは後で(笑)

image11_20180212192826cd1.jpeg

左手にオホーツク海一面に埋め尽くされた流氷を眺めながら20キロ先を目指します。

image14_2018021219284333d.jpeg

順調に脚を運び7キロを過ぎた頃の気温「2℃」
温暖・・・とても暖かく「極寒」とは言えない予想外の気温にしっかりと着込んだ身体からは徐々に汗もじんわりと・・・。

image5_2018021219280414b.jpeg

寒いよりは「いいんじゃない」!

海面の流氷も場所により形を変えて自然の素晴らしさを眼のあたりにしての「流氷街道RUN」

image1_20180212204138d52.jpeg
<参考までに、流氷の上を歩くのは観光ツアーオプションでウエットスーツを着たダイバーです。>

海岸には流氷を目の前にしテンション上がる観光客に紛れて「観光客気分」(笑)

image2_20180212204140143.jpeg

いやいや観光客よりテンション上がってます(笑)

image10_20180212192824023.jpeg

それにしても壮大で美しい流氷に見とれていると時間が止まった状態に・・・。

image3_20180212204140e21.jpeg


image6_20180212192806bf8.jpeg

んっ?今日は観光?・・・違う違う「ランニング会」
思わずタイムロスしてしまうハプニング~。

さぁ、急ぎ目標地点へと。

image7_20180212192820c70.jpeg

時間に余裕たっぷりの計画でしたが途中寄り道で時間を費やし後半はペースアップ!
しかし急ぐ本当の理由は期間限定臨時列車に乗って帰らなければ・・・2時間待ちは辛いので発車時刻まで到着したい・・・。

image18.jpeg

「ゼーハーゼーハー」
12時7分発臨時列車の発車前に無事到着!

ほっと、一安心していると声をかけてくる青年が・・・「釧路のイケメンボーイ」が走る姿を追ってきたのでした。
久しぶりの再会にうれしくて「HUG」しちゃいました・・・あっちの気はありませんよヨ(笑)

image17_20180212192858668.jpeg

帰りは、たった今駆けてきたコースをそのまま列車で逆走する観光旅行の始まり~!

image16_20180212192846448.jpeg

2両編成の季節臨時列車は観光客でとてもにぎわっています。
よく見ると、シートなど細かなところがいかにも限定列車のデザインにちょっと感動しながら流氷を右手見ながらに走ります。
車内では限定グッズも販売中!

image1_20180212205955792.jpeg

朝から脚で駆けて、列車で駆けた「流氷街道」は仲間たちと楽しく終演を迎えて腹ペコのお腹をいっぱいに満たして
さぁ・・・次回企画持ち回り第二弾は「いつ」?「どこへ」?楽しみにしています。

網走 24時間RUN


  2017年11月11日・・・2Dsys

オホーツク海に位置する網走でおこなわれたイベントラン!
・・・気になるその内容は?

      「24時間RUN」

ベース地点を起点・終点にして各方面へ走り、折り返すなどの1日走!
24時間連続して走るのではなく、コースを走り終えて休憩を取り入れてふたたび走り出す・・・。
24時間内で、幾つかのコースを決めて第1部から第7部に分けて走るので
途中からの参加も、棄権もありありの「ゆるゆるRUN」
もちろん、給水や食事を摂りながら会話をしながらのんびりと!

image1_20171121233912b60.jpeg

土曜日の午前11時にスタートとする集合場所はベース地点となる「道の駅」
10名の「物好きなランナー」が集まっています。
気温8℃はこの時期にしては普通ですが、低気圧の影響で風が強くRunにはコースによっては影響が大きな雲行き・・・。

image2_201711212339132ea.jpeg

第1部は片道「4キロ」を往復ラン!

image3_20171121233914b6c.jpeg

開始前にブリーフィング

image4_20171121233916b84.jpeg

手始めは足慣らしに気楽に海岸をゆったりと快走

image5_201711212339189f2.jpeg

折り返し地点で一息入れて、快晴の空の下の波高く潮風舞う海を望みながらスタートの道の駅へと戻ります。

image6_20171121233957c3c.jpeg

image7_20171121233959f88.jpeg

なんなく第1部を走り終えて12時からは約42キロの第2ステージの準備へと・・・。
山猫は明日のイベント準備のため一端離脱して、第3部のナイト&モーニングランに参戦!・・・のつもり。

地域コミニュティーのためのイベント準備を終えて急ぎ第3部のスタート時間会場へと・・・。

image8_20171121234000227.jpeg

道の駅で第2部の41キロを走り終えたランナーを出迎えて、休憩後にはいよいよ73キロを走るハードな時間帯に突入・・・。
夕方5時からの12時間のナイトラン!
片道5キロの往復コースを・・・7~8往復?
7時間後の日付が変わるころには目が開いているのかとても不安。

image1_20171121234024c26.jpeg

気温5℃の猛風下で、行きは向かい風のため「メチャ」きついけど、折り返し後は「超」追い風が身体を押してくれるためとても楽ちん。

image2_2017112123402588c.jpeg

往復してスタート地点では用意された補給食を頂きます。
んっ?某マラソン大会の「戦利品!」の甘い差し入れで気持ち「満たされた~!」

image3_20171121234027220.jpeg

山猫は更に1往復を終えてイベントリハーサルのため再度コースを離脱しましたが、残るランナーは「すでに70キロ近く走り終えながら更に100キロ以上も走る・・・?」
う~ん・・・「朝まで走るには1人じゃ無理な企画だわぁ~」

「風に負けるな!」「寒さに負けるな!」「眠気に負けるな!」「自分に負けるな!」

image4_201711212340284ca.jpeg

イベントリハーサルが終わり、食事を摂ってから走り続けるランナーの元へと・・・。
日付が変わって午前12時30分に「甘く熱くいココア」を持って激励出動!
しかし・・・スタート・ゴール地点に姿が無く、コースを走っているのだろうと車で追尾してみたけど見あたらず。
どうやら「セブンイレブンホットタイム」だったようです。
午前1時に再び合流しましたが、雨が舞う中の「強風波浪警報発令中」の「霙」混じりの最悪なコンディション!
猛風寒風下で山猫に手袋を貸してくれた「山本くん」ありがとう!
車も通らない街灯点る寂しい街中を真夜中にひたすら前に前に!

image5_20171121234030dc6.jpeg

2度目にスタート地点に引き返し後には、差し入れの「コンソメスープ」や「ホットココア」を嗜み・・・補食補水!
しっかりと暖を取り「道の駅」利用させていただいています。

image6_2017112123404343c.jpeg

時間と供に走るランナーも1人2人と少なくなってきたけど・・・。
当たり前ですよね~・・・。夜中の3時ですから(笑)
後日、通りすがりの知り合いに「嵐の中で何を馬鹿なことやっていたの!」と言われましたが「確かに普通じゃない」ので弁解無し(笑)
と、言うことで山猫は当日の別なイベント総責任者であるためこのへんでおいとま・・・。
これからもまだ走る後姿に「脱帽!」しながら、そして心配を抱きながら後にします。

しっかり無事を祈り、次は2時間後の第4部の朝5時の日の出ランのスタートに合わせます!

image7_20171121234044362.jpeg

仮眠後に目をこじ開けて再び朝5時のスタート地点へと
ところが、天候が更に過激さを増して「日の出」どころではなく一時車中待避!

天候回復ならず時間も過ぎて・・・・・山猫のイベントRUNはこれにて終了!
2日トータルで「41.5キロ」ほどの距離でしたが、離脱参戦の繰り返しながらも1人ではなかなかチャレンジできない体験ができました。
会えなかったランナーさんもいたためご一緒できず残念でしたが、新たな出会いもありました。

しかし、24時間170キロ走破はの2人には・・・「あきれました」(笑)
参加されたみなさんお疲れ様でした。
立ち上げ主催してお招きいただきありがとうございました。
これにて精神修行終了致します。

あっ!第7部・・・の打ち上げは行けず終演を飾れませんでした。

image8_20171121234046fa1.jpeg


PS.
今日はダブルイベントの日
眠たい身体で挑んだもう一つの大切なイベント・・・。
「ふらふら」になりながら天井に向かって高くよじ登り時折空しさを感じながら!
演じました・・・。

  「ブラック・スパイダー○ン」

高い場所からお菓子を届けます。
見あげる子ども達の笑顔を見るのが・・・。
んっ?「子ども?」・・・あれっ「高齢者のヒーロー!」じゃん(笑)
とりあえず正体不明で通した一日でした。

・・・こちらもとりあえず成功でしたョ!

image9_20171121234047829.jpeg

練習会  in  札幌真駒内運動公園 2016

5月・皐月・May・・・。北海道は本格的な桜の開花時期となり
ここ札幌も山間部より温暖な都市部に早い開花がみられる桜花!
気温も暖かく春を満喫
その陽気の中で満面の笑みで仲良く
 「アイス」 
を片手にツーショット?『なおこさん』まだ走るんでしょう・・・(笑)

image1_2016051119393272b.jpg

5月1日 日曜日 チーム練習会の場所は札幌市「真駒内運動公園」
この場所を会場に開かれる大会は「札幌マラソン」や「豊平川サーモン駅伝」など・・・、山猫も何度か足を運んだことがある場所です・・・が、駐車場所を間違えてしまった!
どこだろここは?スタジアムなのにアイスアリーナに入ってしまい・・・車で出たり入ったりの繰り返し(笑)

image2_20160511193933083.jpg

今日の練習開始は朝の9時!練習開始に間に合わせるため函館から車を飛ばして途中そびえる 羊蹄山 を眺めながら・・・

image4_2016051119421101b.jpg

・・・まだ誰も来ない・・・。
集合場所も今イチわからないので、とりあえず適当にアップ走かな・・・。と思っていたところに1人、3人・・・7人

image3_20160511193937507.jpg

10人、15人・・・。

image4_20160511193938d2e.jpg

9時を過ぎてチームメンバーも揃い、他精鋭ランナーも集まり始めます

image5_201605111939387f2.jpg

image6_20160511194008fbd.jpg

練習会は札幌市内の各チームから多くの快足ランナーが参加してくれています。
「北海道マラソンクラブ」
「北極星」
「ちばりよ~」
「エスマラソン部」
「マンプク」
「チーム誠」
練習は豪華な「コラボ練」になりました!ということで、まずは恒例の集合写真

image7_2016051119400974b.jpg

準備運動に時間をかけて眠った身体を起こします。

image8_20160511194015960.jpg

image9_20160511194011d45.jpg

クラス分け後に一周3キロほどのコースをアップを兼ねて走りますが・・・
 プチウルトラ走った昨日の今日・・・。
   68キロ走った翌日の今日・・・。
筋痛は無いけど今イチ調子が上がらないなぁ~。腕は振れるけど脚があがらないけど、スピード練習は取り入れておかないといつもチーム1人じゃ挫折するもんね~

image10_2016051119401358d.jpg

周回しているとあれ、あれっ~・・・。えっ!もう休憩?じゃあ便乗~(笑)

image11_20160511194043af6.jpg

コースはゆるやかなアップダウンがあり、スピードに乗ったところで上りにさしかかり・・・。
なかなかタイムが出にくい状況です。
晴天下のラン日和に多くの市民ランナーが走るコースを見上げると公園内では、7分咲きの「桜」と白い「こぶし」のつぼみが開花待ち

image12_2016051119404261e.jpg

image13_201605111940441ff.jpg

そういえば練習会では初対面の「ルリママ」よく考えると明日は日本を発つはず?・・・なので無理しないで~!

image14_20160511194045a9d.jpg

山猫も3周+ジョグで終わりにしておこう・・・。これから6時間の運転帰宅・・・寝落ちしたら大変なのでほどほど疲れない程度に・・・。

image15_20160511194047379.jpg

そうそう。
冒頭の「アイス」は「ルリママ」からの差し入れでごちそうになりました~!ありがとうございます。

image16_20160511194243be1.jpg

たくさん仲間がいる練習っていいですね。
レベルの高いランナーがそばにいると刺激にも勉強にもなりました。
いつも1人だから今度からは妄想練習かな(笑)

さぁ~、練習も終わり後は撤収~!
皆さんお疲れ様でした。それぞれにどうでしたか今日の練習は!


汗を流して美味しい物でも食べて帰りましょうか!

image17_20160511194243234.jpg

さぁ~、「makopy帰ろうか~」

練習試走会 in TOYAKO 2016

北海道も4月になると暖かさが増して、遠くの山並みに残る雪を見上げながら春を感じ始める季節となりました。
image1-2.jpg
4月10日 チーム練習会の場所は道南の観光地「洞爺湖畔
札幌から車で2時間弱に位置する距離で、今年の5月15日には「第42回洞爺湖マラソン2016」が開催されます。
・・・と、いうわけで今回は試走も兼ねた走会になりました。
image2_20160427222846c59.jpg
前日は札幌で2016年度のチーム総会に先立ち、役員会後に神社へと向かい
「チームの発展とケガ無く楽しめますように・・・」今シーズンの「安全祈願」!
image18.jpg
その後は場所を総会会場に移して、会長挨拶で1年の反省を踏まえて計画と目標を掲げて役員人事と規約改正後
には・・・・・お待たせしました~。山猫が任された「乾杯」後には「ラムしゃぶ食べ放題」に突入!
image17_201604272230496eb.jpg
今夜もメンバーと楽しいひとときを過ごし終わる予定・・・と、ここまでは良かったのですが、
総会が終わり会場を後にする際に、ご機嫌メンバーを撮影しようと・・・。
スマホ・・・「あれっ?どこだろ・・・
あわて探し戻った場所には無く、きっと誰か気づいて持っていてくれたのかなと再び店を後にするとすでにメンバー
散っちゃってるし・・・。人で混み合う「すすきの交差点」でポツリ途方に・・・。
「困った・・・」行動範囲が狭いので消えた場所はわかっているのに捜す手段が無い~っ!
明日誰かに聞いてみよう・・・。としょぼくれてその後ホテルに帰ると、「ありましたよ!」
との連絡が届いていました。どうやらお店の意外な場所に隠れていたようです(笑)
良かった~!」きっと安全祈願の御利益でしょうね!
image1_20160427222843d3a.jpg
翌朝には7時に集合場所に向かい、洞爺湖へと車を走らながらまだ白くそびえる「羊蹄山」を横目に今日は何キロ
走っちゃおうかな~・・・とラン日和にワクワク気分!
image3_20160427222853eb4.jpg
今年は洞爺湖マラソンにはエントリーしていないので気持ちはフル!と考えちゃったりしますが、明日は仕事のため
今日は500キロ先の自宅に車を走らせナイト・・・!
今回は車で走るメンバーの「先に後へ」とサポートして、ダメージ残さないようにほどほどラン!
image4_2016042722284764e.jpg
昨年始めてにエントリーした洞爺湖🏃は観光シーズン前の静かな・・・。
まだ、人もまばらな観光地は風が若干強く湖が波が立っています。
image5_20160427222848635.jpg
午前10時30分・・・。
本日の練習試走会が始まりました。   <北海道サミット 「宣言の地」モニュメント前>
image6_20160427222941ed6.jpg
メンバーの1人はバイク練を兼ねて湖畔を周回後にランを予定・・・。
image7_20160427222943274.jpg
残るメンバーはランをスタートさせて、2台の車でサポートします。
「みんな~頑張って!」と、エールを送り、山猫は車に乗り込み余裕のチョロ観光(笑)
image8_20160427222946646.jpg
風が吹き付けていますが、快晴のラン日和に「ピッチ上げて~!」
と、応援の叫び(笑)
「笑顔、笑顔~!」で楽しんで~・・・。
image9_20160427222948ba6.jpg
「おっ!まだまだ余裕~」
image10_20160427222947cd0.jpg
「がんばれ~トータス・・無理しない程度に~!」



image11_20160427223013d9f.jpg
サポートの合間に自撮りショット!
image12_20160427223014420.jpg
湖畔ロードの山裾には福寿草が咲き乱れ春の装いのポイントになっています。
image13_20160427223016f54.jpg
今日は「サポート」・「21キロラン」・「応援」と楽しみ温泉に入ってゆったりさっぱりと!
入浴券11枚綴りを使えば超お得!
・・・・5人・・・8人・・・10人・・・あと・・・1人!
ピッタリ11人揃い1人400円で温泉入浴しちゃいました。
とってもリーズナブル!
image14_201604272230162f4.jpg
長湯はほどほどにして脱衣場に向かうと・・・どこかで聞き覚えのある声がする。
ふと目が合い顔を見合わせて
「え~っ!」


こんな場所でこのタイミングで出会うとは(笑)
山猫の道南のラン兄弟とご対面・・・。しかも素っ裸で!
わからないものですね~。普段のウェアやユニフォーム姿は見慣れているけど
特に互いに「オープン」になったら存在に気が付かないものですね。
実はラン中に脳裏をよぎったんですよ~・・・。たしか地元が近くだったはずだと。
image15.jpg
最後は偶然再会記念ショットで洞爺湖を後にして、帰りはどこに寄り道しようか・・・?
向かう先は、羊蹄山の湧き水の「名水とうふ」に立ち寄ることに。
image19.jpg
楽しんだ後は札幌から6時間のロングドライブ!
も、・・・車中で休み休み8時間かけてなんとか仕事には間に合わせて、なんとかセーフ!
へっとへとな一日でしたぁ~。
プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる