FC2ブログ

2018 5th 奥尻ムーンライトマラソン <後編>

2018年6月3日 日曜日  3DAYS 後編

離島でRUN! PART3 <奥尻編>

・・・一夜明けて島遊び!

image1_2018070723354806b.jpeg

島宿で目覚めた朝
前夜、宿メイトとの約束で島での観光に向かうため7時の朝食を前に「山猫・観光プラン」の再チェック!
午後3時のスタートまでは余裕の暇~な時間をどのようにすごそうか(笑)

image2_20180707233549f99.jpeg

宿を出て近くのバス停から無料のシャトルバスで、乗り継ぎ場所のフェリーターミナルへと向かいました。
ターミナルで待ち受ける「うにまる」くんと仲良くパシャ!
シャトルバスに乗って青苗地区までは車窓から青空が見え隠れする空と海を望みながらゆる~く観光!

image3_20180707233551811.jpeg
「鍋釣岩」

海岸の反対の森林帯には自然豊かな森林の中でそびえ立つ木々に思わず目が止まります。

image4_20180707233552146.jpeg

「青苗」地区でバスを下車し、岬へ向かい数分歩いた場所の「時空翔」の慰霊碑に手を合わせます。

image5_20180707233553ec8.jpeg

直ぐ側には「津波館」があり、入館し時間に余裕があるのでガイドの説明を受けることにしました。
ここでは震災の被害状況から復興までの記録を目の当たりにし、当時の状況を鮮明に感じ取れる貴重な体験を得られました。

image2_20180707235637ec1.jpeg

島が受けた震災は、多くの犠牲と悲しみを後生に残すことになり、実際に震災を体験したスタッフ自身の説明には心がが痛みました。


image7_20180707233604241.jpeg

再び島内を走るバスに乗り込み向かう先は「奥尻ワイナリー」!
お目当ては・・・。もちろん「Wine」と、・・・「Wine Ice」
カウンターに並ぶボトルの中に「本日限定ワイン」の目を引く文字・・・試飲をさせていただきます。
「う、・・・美味い」
ワインアイスは白と赤の2種類を仲良く別々に購入して食べ比べ(笑)
「おっ・・・美味い」
見事なまでの観光客を気取り、歩いてワインを愉んだあとはマラソン会場へと戻り「ゆるり旅」は終了!

image8_20180707233606228.jpeg

会場に戻る途中に「ふと」気がつきます。
ゴール後の後夜祭の後は、宿に直行!・・・買い物する場所が無い!・・・時間も無い!
ならば、今しかないとコンビニ下車してビールを調達(笑)

image9_20180707233607ab5.jpeg

買い込んだビールは・・・荷物預コーナーへと「めちゃ重い」荷物を預けます。
空港なら超過料金間違い無い(笑)計画では、ゴール後は、温泉→ビール→後夜祭→宿→ビール・・・。隙はなし(笑)
スタートまではまだ2時間近く余裕があるため会場でまったりと時を過ごします。

image10_20180707233609617.jpeg

徐々にスタート会場にランナーも集まる中をラン友の「奥尻原人」が場内をウロウロと(笑)
「スーパー女将」さんもスタッフとして会場でみんなに声をかけてくれています。

image11_20180707233610018.jpeg

スタート時間も迫りゲートではランナーがまだ集まらない時間に「パシャ!パシャ!」
あれっ?あれれ?「京谷さん・・・髪色どうしたの?」
知っていたけれど、間近で見ると違和感ありすぎ~(笑)

image12_20180707233623064.jpeg

あいにくの曇り空・・・。時折小雨降る天候ですが島を肌で感るのがとても楽しみな時間・・・。

image13_20180707233624e43.jpeg

午後3時フルマラソンがスタート!

image14_201807072336260f9.jpeg

スタートから435ペースで10キロ地点まで走り、折り返し後に若干のペースダウン

image15_20180707233627630.jpeg

天候は・・・雲の中!がピッタリの情景に時折の濃霧でコースの先が全く見えません。
海も景色も何もかも目に映らず「真っ白け!」

image16_201807072336295b8.jpeg

海風寒い中を島民のみなさんの家先で応援してくれる姿だけははっきりと・・・頼りに多くの元気をもらいました。

image1_2018070723364722e.jpeg

スタートから約2時間・・・思い出した!
すっかり忘れていました。ハーフのスタート時間は午後5時・・・。フルと同じ場所からスタートするのですが、2時間で戻らなければ間に合わないことを・・・。「スピードアップ~」
と、その直後にピストル音が!間に合わなかった~あと1分(笑)
ハーフ走者とすれ違い。
海原に浮かぶ船上では、いつもはマラソンのために大漁旗を掲げ大音量による船上からの「漁り火応援」も・・・天候悪く今年は「ライトアップ」だけの演出に

image2_20180707233649f77.jpeg

コースは青苗地区のゴールへと近づきます。
ミスト状の雨にずぶ濡れに身体は体力を奪い続けゴールに向かう気力だけが残り・・・。
ゴール会場を右手に通り過ぎ更に町の奥へと進みやっとの思いで折り返し再びゴール会場へと!

image3_20180707233650d6a.jpeg
*ラン友(進也と伴に)

たどり着いた~・・・。

TIME:3:44:44


気力途切れて平凡に終わってしまった~(笑)
濡れた身体は寒さで震えが止まらない。
荷物を受け取り直ぐに着替えを・・・とシャワールームは混雑しているので温泉に浸かりに向かいます。
が、遠い~。バスで向かうこと20分時間無く入浴10分後にバスで帰ること20分・・・・・(笑)
後夜祭会場では「アワビ」や「ウニ」といった島の特産品を舌鼓!

image4_2018070723365106f.jpeg

今大会の各チャンピオンの面々は全員知り合いのラン友でした。
特にフルの女子は「宿メイト」
自己ベストを15分短縮してのサブ3.5チャンピオン!

image5_20180707233653a99.jpeg

さぁ~。食べて飲んで後夜祭も終わり直送バスに乗り宿までお帰り~・・・。
宿についてもちろんこのまま終わらないいつものパターン!
ルーム長「まこぴー」と部屋飲みを決行!宿の仲間を呼んで総勢12名の長~い夜の始まり!
とにかく盛り上がり楽しい夜の一時をみんなで愉しみました。

image6_201807072337065cb.jpeg

明朝5時に起床して、江差行きの出航を見送るため朝ランでフェリー乗り場へと・・・
宿に戻り、昨夜の余韻冷めやらぬ宿メイトと朝食を頂きながら早くも思い出話(笑)

image7_201807072337070c4.jpeg

島を離れる準備をして最後にお別れショット!

image8_20180707233709ee0.jpeg

スーパーガール「RINA」ちゃんありがとう!とても楽しかったよ。

image9_2018070723371095e.jpeg

お世話になった「御宿きくち スーパー女将」・・・おもてなしは忘れません。ありがとう!

image10_20180707233712a94.jpeg

宿メイトのみなさん・・・ありがとうございました。また、お会いしましょう!

image11_20180707233721625.jpeg

瀬棚行きのフェーリーに乗船し見送ってくれる島人の中に「女将」さんの姿も・・・。

image1_20180707235636cd7.jpeg

観光にマラソンに食べて飲んで、出会い・・・しゃべり・・・笑い・・・感動したとても充実した島時間!
時間合間のスイーツは欠かせず・・・。(笑)

image12_20180707233723839.jpeg

フェリーは無事に瀬棚に着き新たな仲間たちともお別れの時

image13_20180707233724f52.jpeg

第5回ムーンライトマラソン大会を初めてエントリーして島を駆けました。
島民の温かいおもてなしと沿道の声援と応援にとても感謝致します。
リピーターが多い気持ちわかるなぁ・・・!
最後に大会事務局及び実行委員並びに島民のみなさん
そして「御塾きくち」の女将「Satoko」さん。

image14_20180707233726196.jpeg

楽しい一時をありがとう!
スポンサーサイト



31th でっかいどうオホーツクマーチ

2018年6月9日 土曜日

今年で開催終了!「LAST WALK」

31回目となるオホーツクマーチは網走市と北見市の2市による各2日間の計4日間で開催されました。
網走は6月8日(金)と9日(土)の両日に開催され、それぞれが豊かな自然の変化するコースに設定されています。

image1_201806162117516c3.jpeg

<1DAY 朝5時50分>

今年で16回目の網走大会ですが、実は今年で最後となり来年からは北見市のみでの開催となることに。
ツーデーマーチに携わること数年・・・大会の副実行委員長として関わってきましたので開催を終えるのはとても残念。

image1_20180616212653d83.jpeg

大会当日の早朝におこなわれた開会式で歓迎の挨拶にたちましたが、マイクを前に寂しさとともに終わりを迎えての言葉を発するに自然と力が入ります。
ウォーキングブームも落ち着く中で競技人口が減り大会運営も厳しい実情などから判断となったのですが・・・・・。
すでに参加者からの開催継続の声も多く、心苦しい初日となりました。

image3_20180616211753ae2.jpeg

昨夜からの雨!
天気は時間とともに更に悪化の一途・・・。
それでもウォーカーさんは元気にスタートの合図を待ち望んでいます。
東京農業大学「だいこん踊り」応援団とチアリーダーの皆さんが寒空の下で声援を送ってくれます。
雨の振る中を朝7時のスタートで35㎞コースに向かうみなさんを会場から送り出します。

image4_201806162117535fa.jpeg

あっ!
先日からコース付近に「熊」が目撃されていますが、地元猟師の方々にパトロール願っていますのでお気をつけて~!と、一言!
遠く鹿児島から参加されているウォーカーさんなどリピーターも多く、中には顔見知りの方々の姿もチラホラと見える中を声をかけ手を振って見送ります。
山猫大会副実行委員長・・・初日はこれでお役ご免です(笑)

image8_2018061621190566d.jpeg


<2DAY 朝6時>

会場で空を見上げると「雨上がりの曇り空」!
今日は屋外で開会式を執り行うことに。

image5_20180616211755716.jpeg

すでに会場には100名近いウォーカーさんが集まり、7時のスタート待ち状態

image6_201806162117563ea.jpeg

今朝も早朝から「東京農業大学」の応援を受けながら大会関係者の見送りを受けて「スタート」

image7_20180616211809701.jpeg

今日は挨拶は無く、30㎞の最後尾で供にコースを歩いて大会の最後のウォーカーさんのゴールを後押しします。

image9_20180616211812208.jpeg

スタート後30分ほどするとボランティアの方々の「私設休憩場所」にたどり着きます。
地元の町内会有志の方達が心を込めておもてなしをしてくださいます。

image10_20180616211813c6d.jpeg

ゆっくりまったりと休憩させていただきました。

image11_2018061621181556f.jpeg

山猫は今年も歩くだけではなく、コースの「ゴミ拾い」をおこないながらボランティア活動を実践!
今年は去年より落ちているゴミの量が少なく感じ・・・との思いもつかの間に袋が一杯に(笑)
・・・結局5袋分のゴミを回収することに。・・・重たい~。

image12_20180616211830023.jpeg

予定するコースの距離は30㎞なのですが、前日から降り注ぐ雨で、一部のコースに障害があるため変更してショートカットすることになりました。

image1_201806162118486f8.jpeg

コースのチェックポイントでは、実行委員とボランティアのみなさんが温かい「しじみ汁」などを用意してくれている憩いのスポット所となっています。

image2_20180616211850d04.jpeg


image3_201806162118520cf.jpeg

スタート後は市街地を抜けて、山を望み畑作地の側を通り、湖畔や河岸を歩き会場へ向かいます。

image9_20180616211907e82.jpeg

今年も無事にウォーカーさんと供に会場に到着いたしました。
これで最後の大会の最終完歩者として幕を引きます。

image7_201806162118544db.jpeg

全国からの参加して頂いたウォーカーのみなさん。
開催にあたりご支援ご尽力いただいた関係者のみなさん。
協会関係者、そして市民のみなさんありがとうございました。

image8_201806162118107d9.jpeg

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる