FC2ブログ

2016 フードバレーとかちマラソン

2016年10月30日 日曜日

さぶぃ~~っ。
例年11月第1週目の開催が今年は10月最終週だったので、いつもよりは暖かいかなぁ~?
・・・の予想は大はずれ(笑)
十勝特有の風は昨日よりは弱いけど気温が低くすでに冬の到来!
朝6時の帯広市内の温度計は「1℃」・・・

image2_20161031232754b23.jpg

帯広市で開催される「フードバレーとかちマラソン」の参加も今年で連続5回目となりました。
とりあえず初回からの出場している大会!
この日は他の地域で行われている大会とのエントリーに迷いましたが、結局は十勝への参加を決意!

image7_20161031231700b69.jpg

2016年最後となる北海道の大会で最終陸連公認レース・・・。
今年23回目の大会となりますが、数的には昨年より少ない中で、コースベストの大会が幾つかあったもののほとんどの結果が情けない始末(笑)
本命大会前にアクシデントもありましたので、の大会を急遽勝負レースとして最後は気持ちよく駆け抜けたい!・・・と、自身を奮起させて数日前からモチベーションアップを意識しました。

image5_201610312315057a3.jpg

帯広には前日に入り、夜にはチームメイトのご自宅にお邪魔しました。
あっ、10時を過ぎて思い出した・・・「プロ野球日本シリーズ」応援!
おっ!「テニスの錦織選手も「スイスインドアバーゼル」決勝に」勝ち上がってくれ・・・と願ったり。
個人的に「野球」と「テニス」もまだ現役のため結果が気になるなぁ~

朝の6時半にはいつも利用している施設にお邪魔して、チームメイトやラン友と準備を整えます。
外気温3℃の寒風の中をチームでコースの一部をアップのために快走~!

image6_20161031231702b56.jpg

はたして今日の天候が味方をしてくれるかなぁ・・・。
基本暑いのは苦手・・・、だけど寒すぎるのもねぇ~

image4_20161031235256404.jpg

寒さを防ぐためにスタート位置に8分前に到着!
今年はチームのメンバー7人で駆けますが・・・。

image3_20161031235253068.jpg

なんと、1人がまだ会場に到着していません。
帯広方面に向かう高速道路・・・。「逆行っちゃったよ~」
ならば、先に受付けで3人分のゼッケンをアクシデントキャッチして、施設に預け受け取り
任せます。
台風被害で国道はアウトで高速道路には積雪が・・・。
多分スタートには間に合わない・・・。
お願いだから安全運転で~「柴にゃん」

スタートではすでに多くのランナーがスタンバイしている中で、釧路組の姿を発見!
・・・おぉ~っ・・・「ハロウィーン」なんだよね~。
ならば、山猫も「シッポと耳」を装着すべきだったかなぁ。

image1_20161031235256bc8.jpg

ほぼ仮装が誰なのかはわかるけど、ライガーだけは遠くからでも正体がわかります。(笑)
今シーズン2度目の登場に「ほんまによう走るわ・・・。」

image2_20161031235251ed2.jpg

たくさんのラン友と会い挨拶したり写メ撮ったりとバタバタする中で、スタート1分前コールされて「SAYAKA」とプラン作戦
「今日は攻めるよ~!」
「最後の公認大会だからマジに攻めるからね!」
・・・と話をしながらふと自分の足下を見ると「紐が、シューズの紐が遊んでる」
あっ、やば~ぃ、紐結んでいない。その時にスタート10秒前のコール!
まずい、「灯台下暗し・・・」今、しゃがんで結んでいると後続者から蹴られて、ぶつかり他のランナーの迷惑になること間違いなし~!
コースアウトもほぼ真ん中なので無理~。
とっさにしゃがみ両シューズのシュー紐を靴の中に押し込みスタート!
3秒技で立ち上がってどうにかなるだろうダッシュ!
ハァ~。何をやっているのだろう・・・。

image3_20161031234057020.jpg

スタート後は、市内中心部から国道へと進み「帯広競馬場前」に向かい長い直線に入ります。
おっ、前方には「獣人サンダーライガー」と「あ~ちゃん」の姿が!
ライバル「SAYAKA」も前方にキャッチ!
多くのラン友産にも話しかけられ挨拶しながらも前に前へと進みます。
集団の中で420ほどのペースで走り、攻めているつもりになっている「山猫」(笑)
パターン的に8~9キロ程で第1次失速が始まる予定ですが・・・今日はペース維持!

image3_201610312314599ab.jpg

坂を上り「帯広の森」の折り返し地点へと向かう中で、先頭とすれ違う場所がいつもより遅いため自身のペースが速いことを感じます。
実は、今日も時計はチラ見もしないで慣性だけで走っています。
でも何かがいつもと違う・・・。「シューズ」だ!
忘れていた・・・。シューズ紐は結ばずに折り返し地点まで来ちゃいました。
けど、不思議なことに問題無いのはなぜ・・・?
出来れば脚を止めたくない。このままペースを維持したい気持ちで一杯なので、このスタイルで流しちゃいます。

image4_2016103123145652e.jpg

後半に入るとゴールまではほぼ下りのコースとなりますが最も苦手な場面へと!
下りは大嫌い・・・。おまけに向かい風が強く吹きつけて我慢の時間へと・・・。
第2関門の15キロを通過して通常では第2次失速が始まる頃・・・。
そう言えば「SAYAKA」が来ないなぁ~・・・。
最初のハーフ折り返しでは後ろ10mにピタリ居たはず・・・。
いや、居ます。後ろにきっと居るはず!
ヒタヒタと・・・見えない「SAYAKA」におびえる「山猫」(笑)
きっと、残り3キロ程で「バイバイ~」パターンかも・・・。
よしっ、「SAYAKA」についていこう!
・・・でも来ないなぁ~・・・。

と、瞑想している間もなく残り1キロ地点。
今回は大きなペースダウンもなくゴールを迎えました。

TIME:1:32:31

image11_201610312315426c2.jpg

シーズンパーソナルベストでのFIN!

年代別で36位/350人中

「ひろしっち」も「SAYAKA」もパーソナルベスト更新!
「リエっち」は年代別4位ともうひとちょい!
「たーにん」も「つーやん」も怪我無く完走!
「柴にゃん」は遅れスタートも100分切り!
みんな寒い中無事でなによりッス~。

山猫も秋晴れ気温6℃の中、給水は一度だけ・汗もそれほど出ずに体調も良く、シューズ紐が結んでいなかったため足が遊んでいましたが・・・逆に良かったかも。
シューズ紐も終端で折り返し紐を通していたから必要以上に緩まなかったのでシューズが脱げてしまうことが無く一安心。

image6_20161031231459912.jpg

レース前に想う願いは・・・。
「最後の締めレースはしっかり駆けたくて・・・。」
「オフシーズンを気持ちよく迎えたくて・・・。」
・・・まだ終わってませんけど(笑)

image1_2016103123170719e.jpg

image5_201610312353023dc.jpg


11月になっても北海道のレースは少ない中でもまだあります。
12月以降は北海道や東北以南でのレースが主となるでしょうけどね。
北海道はいつ降雪になるかもわかりませんが、エントリーされているランナーさんは寒さ対策をしっかりとね! 

image1_20161031232741494.jpg

さぁ~。参加賞の1200円分の「まんぷくチケット」で「豚丼」&「スイーツ」食べて「温泉」入って帰ろう・・・いつものパターン!

image7_201610312315018cd.jpg

みんなどこで「豚丼」食べる?「風呂」はどこ?
今のうちに写メ撮らないと風呂後だと「リエっち」に怒られる~かも(笑)

image10_20161031231533bb5.jpg

image9_2016103123153714d.jpg

大会関係者やボランティアのみなさん
今年もありがとうございました!
第6回 2017年フードバレーもエントリーして前日入りします。

来年・・・「SAYAKA」から挑戦状受け取っているからね~(笑)
・・・多分来年の第1戦は「函館リベンジ対決かなぁ~」

image8_20161031231536df4.jpg

スポンサーサイト



8th 北見ハーフマラソン大会

2016年10月9日 日曜日

会場へと車を走らせて向かった早朝の山に囲まれた盆地
北見市は深い霧に覆われ雲海の中・・・。

image1_201610122322594b0.jpg

コースとなる常呂川に架かる橋上は、100m先が全く見えないほどの朝靄で寒さも加えてまるで雲の中

image2_20161012232258459.jpg

会場に到着して直ぐに陣地の設営に勤しみ多くのラン友を待ちます。

image3_2016101223225989a.jpg

image4_20161012232304470.jpg

札幌から「あっちゃんご夫婦」を迎える頃には、空は快晴の「オホーツクブルー」に

image5_20161012232301513.jpg

友人たちも集まりだして設営したテントに目を向けると・・・何やら怪しい「仮面」が!
・・・これは一体何を意味するのかなぁ~?

image6_2016101223234516c.jpg

会場で偶然に運営ボランティアに来ていた友人との記念撮影・・・。

image7_20161012232335990.jpg

今年はチームのメンバーが山猫だけのエントリー!
今日も親交のある釧路組の仲良しグループと・・・。

image8_201610122323396fe.jpg

image9_20161012232344a8c.jpg

札幌からのラン友は「チームちばりよ」の精鋭!
今年も表彰上位狙って下さい~。

image10_20161012232349783.jpg

おっ!おぉぉ~っ!
でたっ!獣人サンダーライガー・・・?の登場に山猫「感激!」
「RedBull」片手に登場だ!

image11_201610122324238b8.jpg

会場内ではステージ上で紹介された大会ゲスト「稲村亜美」さんと供に、準備体操がおこなわれています。
野球少女だった彼女は始球式で104キロを投げた豪腕レディーです。

image1_20161012232502abc.jpg

山猫はトラック内でのアップ走を終えて、スタート位置へと向かい並びます。

image2_201610122324554cd.jpg

次第に強くなる会場ではあちらこちらで幟がバタバタと音を立て飛ばされ、スポンサー旗はどこかに吹き飛ぶほどの突風、猛風、強風に「条件のきついレースになりそう・・・!」

image3_201610122325001d2.jpg

雲の流れも当然速いのですが、見あげると青いく澄んだ怪しい雲が空に一直線になっている珍しい光景

どうやら確認したところでは、風が強い日に見える現象らしく各地で確認されてニューズになっていました。

image4_201610122324578ac.jpg

ゲストの「稲村亜美」さんが今日のスターターを務めるためにスタート台に上がっています。
このあとに稲村さんは10Kを走るようです。

image5_20161012232456b67.jpg

image6_201610122325253c5.jpg

スタート!
公園内のランニングコースを1周半駆けて市街地のコースへと向かいます。
先日の台風で冠水した場所ですが綺麗に整備され大会には間に合ったようです。
今日の目標ペースはキロ4分30秒・・・。で走れると昨年より早くゴールできる?・・・コースベスト更新かな?
と単純に考えてみたものの・・・風が強すぎて走らなければわからない状態のコースコンディション。

やはり、「うわぁ~・・・向かい風・・・進まないぃ~!」

image7_201610122325320f9.jpg

image8_20161012232524bb6.jpg

走ってみると身体の調子も良く、痛めている肩も固定バッチリ!
風に向かって「負けないぞ~」!
今日は時計のチラ見は封印して感性で走ることに。
風に抑えられ折れそうな気持を何とか保ち、橋の上で「欽ちゃん」走りに成りながらも懸命にゴールを目指し、先を走る全てのランナーをひとりひとり追い抜くだけの単純走~。

image9_20161012232526cbe.jpg

コースは公園を中心に走り周り、円を描くように徐々に大きく市街地をも周るコースとなります。

20キロを走り終えて河川敷ゴールを目前に公園内に入ります。
あと、200m・・・・。多分かなり頑張ったのでコースベストは間違いないと確信しながら最後に力を振り絞ります。しかし・・・。ゴール寸前で目に止まった電工掲示板には・・・。
えっ?
前回より8秒遅い~~。え~っ・・・。マジにショック!
かなり頑張ったはずなのだけどなぁ。
ゴール後は「RedBull」を頂き一気飲み!

image10_20161012232533671.jpg

表彰式で拍手を送り最後に集合写真で〆ましょう!

image1_201610122326057d1.jpg

image3_20161012232603e56.jpg

子供達に大人気の「獣人サンダーライガー?」は・・・特に大人に大人気(笑)

この強風の中をマスクで走り、呼吸困難になりながら表彰台まであと一歩(笑)
なんてすごい「ライガー」だ・・・おつからさま~!

image2_20161012232603c76.jpg

多くのラン友とふざけあい愉しいひとときを過ごしました。
みなさん今日も山猫とじゃれあって頂きありがとう!

旭川からのエントリーで山猫と意気投合した面々
image4_20161012232606e88.jpg

さぁ~!参加賞と完走お土産を持って帰りま~す。
image5_20161012232606c34.jpg

image6_2016101223262598d.jpg

38th 別海町パイロットマラソン

2016年10月2日 日曜日

別海町・・・予想以上の気温上昇に今日も撃沈か~・・・。

image1_201610122246558dd.jpg

朝の深い濃霧はどこかに消えて、風が強くなり次第にコースコンディションが時間と供に・・・。
気温が暑くなる前に少しでもゴールに近づきたい!

image2_20161012063420c88.jpg

潰れ失速覚悟で、攻めて一か八かで望んだレースは40m高低差の往路を上り、中間地点を過ぎた時の折り返し地点での経過時間は・・・「1時間37分」

image5_20161012063428de3.jpg

よしっ!
このまま保てるならば目標の「3時間10分台」に望みをつなげる。

・・・・・・。

朝5時に車を走らせて、別海町に向かう際の静かな海の向こうの朝焼けを望みながら今日がシーズンの山猫の勝負レース大会に向かいます。
~大げさっ~(笑)・・・でもマジ本気!

image4_2016101206342465a.jpg

昨年初めてエントリーして走りやすいコースだったため北海道内最終フルマラソンとしてベスト更新にチャレンジ!・・・と、計画していましたが不覚にも4日前に事故に遭い最悪のコンディションに陥ってしまいました。

image3_20161012063429c71.jpg

なんと・・・鹿と大激突!車は大破身体は・・・・・。
脚へのダメージはないのでDNSを回避していざ「チャレンジ!」
万全じゃないけど気持ちきらさず、悔しい気持ちを抱きながら、ファンラン気分にもなれないため思い切って行けるところまで攻めて悔いはなし・・・作戦!(笑)
先週のフルマラソンをゆったりLSDで調整したのにも関わらず意味もなく終わるのは、やはり「無念!」
こうなれば最悪は必ず完走して「サーモン」1尾をゲットしなければ!

image6_20161012063453d11.jpg

会場に到着して各地遠方から来るチームメンバーやラン友のための場所を会場内に確保します。

image7_2016101206345495d.jpg

昨日から準備された会場には幟が立ち並ぶ光景を見てやる気モード・・・テンションアップ?

image8_201610120634521a1.jpg

体育館屋内に移動すると親交のある釧路組の仲良しグループと御挨拶・・・。

image10_20161012063456af6.jpg

image9_20161012063456b67.jpg

スタートに前はチームメンバーとラン友が揃って記念撮影

image1_201610120635232e9.jpg

image2_20161012063523242.jpg

函館「ACROSS」のメンバーも揃い・・・「あれっ?1人違うぞ~(笑)」

image3_201610120635220ab.jpg


チーム「R&T」の御ネー様と・・・一緒に

image4_201610120635236b0.jpg

スタート時間が迫るにつれていつしか晴天下に!
アップに会場内のトラックを3周走り・・・ましたけど、所々で声をかけられて挨拶ラン!

image4_2016101206362707e.jpg


image5_20161012063527748.jpg

午前10時
ハーフマラソンの時刻が迫り競技場内のスタート位置に並び合図を待ちます。

image6_20161012063543440.jpg

バ~ン・・・!えっ?
前置き無しの突然のスタートにあわててタイムオン(笑)
ランナーはトラックを1周してコースへと向かい市街地を抜けて左右の畑作牧草地の中をどこまでも延びるロード!
・・・みたいなイメージのコースを駆けていきます。

image7_201610120635463d4.jpg

設定ペースはキロ440・・・。
スタート後の集団を交わして手元の時計を覗くと435!
上りと感じさせないロードに強めの向かい風、気温も上昇して20度を超えて・・・暑さは苦手、身体が動く間に急ぎ駆けます!

image8_20161012063546749.jpg

image9_201610120635470f7.jpg

駆けていると事故で痛めた肩の可動範囲が大きくなっているのを感じます。
どうやら汗で肩を固定しているテーピングが剥がれている様子・・・。

image10_2016101206355188d.jpg

スタートから18キロ地点・・・微妙にペースは落ちてきましたが身体の変化は無いのでこのまま継続アタック!

image1_20161012063617a01.jpg

image2_20161012063616f43.jpg

中間地点へ向かってひた走りますが、個人的にはまれなハイペースにどこまで保てるか?不安~。

image3_2016101206362137c.jpg

・・・・・。

たどり着いた25キロ給水ポイント地点・・・始まりました失速撃沈劇場の兆候が(笑)
肩が痛み腕も振れなくなり背中から腰への疲労感
脚が重い~!
意識しないで「気のせいだ!」とのごまかしも利かず、ペースダウン・・・。
一端落としたスピードはなかなか復活しないまま時が経ち、そのままウォーク!

思い起こすと、歩くこと14、15・・・17回
こうなれば「鮏」持って帰ることに集中~(笑)

折り返し後半は、歩いては走りの繰り返しで結果はドっボ~ん!
身体ぼろぼろ・・・ふっらふら。
TIME:3.52.16
昨年とは30分ものオーバータイムに・・・「虚しい~!」
身体の痛みより気持ちの傷みが大きい大会になっちゃいました。
あっけなく終わったシーズンの目標レースは来シーズンに持ち越し(笑)

豚汁食べて、牛乳飲んで帰りましょう。

image1_20161012070937abe.jpg

とりあえずは完走!
会場でラン友たちとのアフターを楽しみます。

image6_20161012063705ba5.jpg

image7_2016101206370661d.jpg

参加賞と完走賞を頂き会場を後にしますが、また来年・・・リベンジだなぁ~

image8_20161012063703898.jpg

image9_20161012063713c51.jpg

image10_20161012063721658.jpg
参加賞の大型タオルでした~

2nd オホーツク網走マラソン (大会編)

2016年9月25日 日曜日

6時30分
第2回目の「オホーツク網走マラソン」の大会当日の朝、予報通りの秋晴れの中で全国からエントリーしたランナーを迎えます。

image14_201610110036240ab.jpg

スタート&ゴール会場を始め各コース上では、関係者やボランティアスタッフが大会運営に携わり、ホスト役として大会を安全に進めるために準備を終えて今日を迎えます。

image2-1.jpg

歩きスタート会場に向かう途中で道端に「鮏とば(鮭の干物)」が・・・落ちていた?  それとも干していた?
目に止まる鮮やかなサーモンピンク色の姿に思わず美味そう~・・・と。
なぜここにあるのかは不明ですが・・・と妙に気になる不思議な光景(笑)

image3-1_20161011003551fc7.jpg

スタート場所となる網走刑務所の側を流れる川沿いを歩んでいくと、その先にはスタート直後に走り抜ける「鏡橋」が網走川に架かっているのが見えます。

image4_20161011003620efb.jpg


7時20分
橋の上は多くのランナーが会場へと足早に進む列となり、その先のスタート会場は普段では見ることの出来ないほどの人が集まっています!
そんな中・・・多くのランナーさんに声をかけられながら「大会事務局長 八木さん」と、いよいよ大会の日を迎えたと言わんばかりにテンション上げます。

image3_20161011010557459.jpg

会場の中で多くのランナーと挨拶を交わしながら談笑し楽しいひとときを限られた時間の中で過ごします。
1年振りに再会した友人知人・・・。
先週一緒にレースを出たラン友などたくさんのランナーが今日を迎えました。

image15_201610110036227dc.jpg

とりあえず、ご挨拶代わりに写メ撮り~。
網走のランニングチーム「ベオーネ網走」には団体戦の連覇を期待しています!

image16_201610110036250c1.jpg

網走刑務所正門をバックに「エイドで支援して下さる某職場チーム」の皆さんと

image4_20161011010551da7.jpg

親交のある釧路からエントリーの仲良しグループと

image17_201610110036298a8.jpg

スタート時間前の会場では、刑務所を背景に列が並び記念撮影されているランナーや、ゲストランナーの「ワイナイナさん」には
ランナーで写メ撮りの列になっています。
そんな中で山猫もあちらこちらとご挨拶に大忙し~(笑)

image1_20161011011341281.jpg

ゲストランナーの「金哲彦さん」とは1年ぶりにお会いして一言二言のご挨拶。

image19_20161011003653d7b.jpg

そんな中で、昨年に続きエントリーされている「ジャスミン」・・・。
いや違った「さといもちゃん」を発見!
見事な衣装姿で盛り上げて頂けることを大会前から大きな期待で楽しみにしていました。

image20_201610110036576a1.jpg

8時55分
市長の挨拶やゲストランナーの紹介が終わり、各ブロックに並ぶランナーの前方にはペースランナーが配置され、網走刑務所正門前にランナーが合図待ち。
山猫もブロック前方で「チャッピー」さんと一緒にスタートを待ちます。

image21_20161011003653f83.jpg

image22_201610110037006d9.jpg

午前9時
大会長である市長のピストル号砲で第2回目のマラソンが始まりました。
スタート直後には鏡橋を通り抜国道へと進みます。
山猫は急ぎ7.8キロ先の「給水スペシャルエイド」へとダッシュ!
・・・今回プロデュースしたエイドを手伝うために。

image3_20161011003551850.jpg

網走駅前を走り抜けて海岸へと進み、いつになく飛ばすその先に見える背中に追いつこうと駆けます・・・が、悲しくも「まこぴー」を捉えられません。
海岸線に入り、「かに汁エイド」はスルーさせて頂き、その先の高低差70mの激坂へと脚を踏み入れて無難に走り終えるとその先に見える「スペシャルエイド!」

1キロ4分15秒程のペースで必死にたどり着いたエイドには、元気な声で声援を送ってくれる東京農業大学オホーツクキャンパスの学生20人と、職場同僚25人がボランティアにより大会を支援してくれています。

image23_20161011003720a18.jpg

元気な声援の中でテーブルには「水」と「氷」・・・の支援公認品と、それ以外に非公式なのですが「地物産ミニトマト」と「コーラ」をボランティア提供させて頂きました!



脚を止めて声援しながらそばで見させて頂くと、気温が高いためか好調な利用状況に「ほっと!」安堵の一言!
両手に「水」と「トマト」そして口にはコーラをくわえて走りすぎるランナーもいたりして(笑)
ここからゴールまではまだまだ35キロ先・・・しっかりつなぎ補給していただければと・・・。

image4_2016101100374874b.jpg

そんな光景をみてみなさんが利用してくれるので嬉しくて25分ほどエイドで応援手伝いしちゃいました!周りからは「休憩長いぞ~」なんて言われましたが、今日はホストランなので楽しませて頂きます。
実は・・・次週に本命フルマラソンが控えているので調整LSDで走ることに。
そのため、スタートから7.8キロまではダッシュしたのですが昨年体験出来なかった「食」と「景観」を駆けながら楽しみます。

応援の魅力を感じ声援にも力が入っていたのですが、ランナーであることを忘れるわけにはいかないので、そろそろエイドを後にしないと関門にひっかかっちゃいますからね~。

image2_20161011012354d61.jpg

さぁ~・・・ファンランのつもりでも次のポイントまで再びダッシュ!
オホーツク海を一望できる絶景ポイントにたどり着きます。

image5_20161011003752fc9.jpg

コースは岬の突端へと向かい折り返しポイントで絶景を楽しみます。

image6_20161011003757031.jpg

折り返しの上りを超えコースは下りと変わり、やがて1キロほどのトンネル中を走り抜けると眩しいほどの青空が広がり再びオホーツク海が目の前に現れます。

image1_20161011003545601.jpg

image2_201610110035513cd.jpg

とても心地よいコースを走り抜けると二つ目の折り返しポイントにたどり着きます。

image3_20161011003747996.jpg

いよいよエイドポイントは33.2キロ地点に到達し、「網走監獄和牛」の振る舞われる場所となります。人気の場所は人集りで賑わいを見せています。
昨年は「肉が足りず」今年は「増量宣言!」
フードメニューには「エゾシカのジンギスカン」なるものも振る舞われていました。
image2_20161011003830a0f.jpg

image3_20161011003830eaa.jpg

ゴールまでは残り9キロ!
コースはサイクリングロードへと場所を変えてランナーは暑さの中をひた走り・・・。

image4_20161011003825764.jpg

残り10キロを残す距離になると歩き出すランナーや脚を止めるランナーがチラホラ見え始めるので、励ますために時には「大丈夫?」と声をかけます。
38キロ地点ではチームメイトも苦しみ脚を止めストップ!
経過時間は4時間30分・・・
「時間的に歩いても十分完走出来る距離だから無理しないように!」と救護員に託します。
先に進むとまた歩き出すランナーが1人・・・。
話しかけながら歩きゴールを目指します。

image5_20161011003834750.jpg

歩いていると後ろから山猫を追い抜くランナーが!
おっ!「さといもちゃん」
後姿へと変わる後を追いしばしのおしゃべりラン!・・・のつもりが
沿道の応援が増えだすゴールに近づくラスト2キロを、ちょっとを苦しかったけど締めのマジランで頑張って走り抜きましたよ!

image5_201610110105466aa.jpg

ゴールには2人仲良くランディング!
ちょっと目立っていましたね~(笑)

image1_201610110039087d2.jpg

コースをまったりゆったり楽しんで駆けた今年の大会は思い出の残る大会となりました。
大会を盛り上げて頂いた「さといもちゃん」に感謝致します。

image2_201610110105533dd.jpg

image2_20161011003905839.jpg

たくさんのラン友と過ごした時間はとても愉しい時間でした。
ほんとうにありがとう!

image3_20161011003920fe8.jpg

あっ・・・昨日会場で造っていたのアートな作品「ヒマワリハート」で最後に決め~!

image4_20161011003909ccd.jpg

全国のランナーのみなさん!
来年の第3回大会ではぜひ網走にお越し下さい。
お待ちしておりますよ!

image1_20161011012355e8e.jpg


追伸
市民のボランティアのみなさんお疲れ様でした。
大会事務局、運営のみなさまありがとうございました!来年も大会を盛り上げましょう!

写メを掲載できなかったラン友のみなさんごめんなさい。
次回は是非!

2nd オホーツク網走マラソン (前日編)

2016年9月24日 土曜日

9月25日 日曜日  紅葉の始まりを迎える快晴の秋空の中で、1,867人が赤いジャケットに身をまとった姿の網走市長が放つ号砲と供に「法務省 網走刑務所正門前」からランナーが朝9時に一斉にスタート!

image1-2_20161003205114c68.jpg

第2回「オホーツク網走マラソン」は、今年も事務局を始め網走市民が大会を盛り上がるために創意工夫でホスト役となり道内外から多くのランナーを迎える準備を整えました。

image2-2.jpg

大会前日 9月24日 土曜日
6:00~
山猫は朝から分単位の過密スケジュール!
今年は大会の公式エイドに便乗して併設私設エイドを設営して盛り上げる計画です。
そのため朝から「買い出し」や「運搬」で設営準備にバタバタと。
そして準備の合間には道内外からのラン友の迎えなどで時間が瞬時に過ぎていきます。
今年も200人を超えるラン友と多くの宿を確保して「JT○山猫」大繁盛(笑)

image3-2.jpg

1400~
ゴール会場の下見へ、昨年に続くエントリーの大阪からのチームメンバー「マンハッタン」と東京からラン友「さっちん」を車に乗せて向かう先はヒマワリ畑へと。その前に今年は園地入り口で「コスモスの小径」ゾーンで癒しタイム!

image4-2.jpg

今年は台風の影響でゴール会場の園地が水に浸かり向日葵の開花断念!と思われましたが大会事務局の努力で見事に開花!
明日はビクトリーロードを1人でも多くのランナーが駆け抜けることを願っています。

image5_20161003205150ba8.jpg

image6_2016100320515309d.jpg

image7_20161003205229643.jpg


事務局スタッフが準備に勤しむ中を観光気分でしばらくウロチョロと(笑)
会場の盛り上がりを想像しながら会場をあとにします。

image1_20161003211716c7d.jpg


明日の準備に忙しくて今頃・・・「お昼食べてない」(笑)と思い出してコンビニに寄っていると・・・いるはずのない友人ランナーがチャリに乗っています。
「たいがぁ~」!何をしているの?
・・・バイクで会場の下見に・・・。・・・元気だわ~(笑)
そか、明日は5キロだもんね~!と、夜に再び会う約束をして別れます。

image10_20161003205225c5a.jpg

1700~
今年の開会式は昨年会場が満席になり溢れたために場所を変更しています。
・・・「網走市民会館大ホール」
受付では、ひとり一人に記念品が配られています。
見ると・・・天ぷらセット
実は先日に網走市である大きな全国大会が会ったのですが、台風の影響で中止になったためその時配るはずの品が急遽スライドに。
会場に来た皆さん良かったですね~!

image11_2016100320523126e.jpg

会場に入るまでに多くのラン友と挨拶を交わしている間にも席がどんどん少なくなりましたが、ラン友達がしっかいキープしてくれていて助かりました。

image12_2016100320523187b.jpg

開会式では網走市長の挨拶後のステージ上では、昨年に続いて「金哲彦さん」「エリック・ワイナイナさん」「竹本アイラさん」の大会ゲストを招きトークを交えた「網マラ攻略講座」がおこなわれました。

image1_20161003205116a3c.jpg

その後にメインイベントの抽選会がおこなわれて、会場はお目当てのホノルルマラソン招待券(完走者3名限定)をゲットするために大勢の参加者がステージに目を注いでいます。
メインの招待券の抽選の前には様々な品が用意されて、東京農業大学生のプレゼンにより
一つ一つ番号が読み上げられていきます。
おっ・・・隣の席の「たいがぁ~」の番号が!・・・実行委員からの提供は・・・。
「アームウォーマー」・・それって昨年の参加賞?
んっ・・・29番・・・「まこぴ~」が「監獄和牛肉セット」・・・!29番・・・えっ!「に・く」じゃん(笑)
なになに・・・「ちゃっぴー」さんも何か?をゲット!
うっ・・・「隣のとなりのおばさん・・・」も当たって喜んでいる~!
ぜんぜん・・・・・当たらない。

image2_2016100320511474b.jpg

メインとなる最後のホノルル招待券は、地元網走で偶然にも同じ職場の男女のお二人と、東京からエントリーされた男性がゲットしました。
おめでとうございます~。良かったですね!

開会式イベントも終わり、場所を移して向かう先は明日のための「カーボ会」!
友人たちと一緒に今夜は「豚しゃぶ・食べ飲み放題スペシャルコース~!」で盛り上がります。
がっつりと食べて明日は楽しくしっかり走るよ~

image3_2016100320512629f.jpg

声をかけて頂いたみなさん・・・。
短いご挨拶でショットも撮れずにすいませんでした。明日会場でお会いしましょう!

ちなみに明日は「快晴の秋晴れの最高気温25度」・・・。
マジ走りのみなさん暑さ対策は万全に!
7.8キロのエイドにお立ち寄り下さい~よ。
スペシャルエイドには「氷」と「スペシャルミニトマト」&「キリッとコーラ」用意してます!
山猫も9時30分から20分間エイドで応援「叫んでます~」!

image4_2016100320515720e.jpg


プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる