FC2ブログ

TOYAKO MARATHON 2018

2018年5月20日 日曜日

洞爺湖をグルッと一周駆けるのは今回が2度目!
練習会を含めると3度目の洞爺湖となったのですが、実は苦手なコース・・・。
それなのにエントリーした理由は、陸連公認コースでの近年の自己の持ちタイムを失い・・・。今年の春レースで自己公認タイムに挑むという単純な理由(笑)

image1_2018052322532893f.jpeg

前日に札幌ドームで北海道日本ハムファイターズの応援観戦でユニフォームをゲットして、試合の終了を待たずに急ぎ洞爺湖へと!・・・試合負けていたからね~。

image2_20180523225330d52.jpeg

この日の移動は自宅から札幌を経由して8時間!
札幌からはトラブルもあってなんだかんだ会場への到着は予想外に遅い時間になっちゃったけど・・・。
とりあえず、自由な時間を使いまくっちゃって駐車場で「車中泊」を決行!
さて、明日のレースプランでも思い描きながら寝ることにしよう!・・・でも寝られない。

image3_201805232253309a4.jpeg

洞爺湖で迎えた5時起床の朝・・・湖畔に脚を運び対岸の「澄んだ空気と透き通った湖水」を見渡し贅沢な一時を・・・。

image4_20180523225421427.jpeg

天気予報をみると快晴の初夏!そして風が無い暑くなりそうなコンディション・・・。
昨日の寒空とは違い、暑さ寒さの気温差が激しい最近の北海道の天候です。

image1_201805232310451b3.jpeg

朝食を買いにコンビニに向かい、ラン友3名分のゼッケンを参加賞に引き替えて、7時を過ぎた頃には着替えてラン友が集まる場所を探しますがどこにもみあたらず・・・。
荷物両手にウロウロしているとたくさんのラン友から声をかけられ、こちらからも声をかけながらキョロキョロとご挨拶に奔走・・・。しかし一向にたどりつかず(笑)

image6_20180523225347dac.jpeg

リエっちの「山猫さんどこ?早くダッシュ!」の連絡に足早にゴール付近を行ったり来たり・・・。
「すでに汗だく・・・。」
場所を見つけて・・・「えっ?いつもこの場所だったかなぁ?」
とりあえず幟立てて集合撮影

image7_2018052322534992f.jpeg

今回は美女を幟の両サイドに「網走マラソン」のPR活動
「関心度は高まってもらえたかなぁ~」

image1_20180523232434622.jpeg

スタートまでは90分もあるのでアップでも・・・といっても、ラン友への挨拶回りだけど(笑)
いつもこの時間帯が大会のメインみたいな状況になっている昨今です。

image9_2018052322535000e.jpeg

image1_201805232254187f9.jpeg

北海道内のいけてるチームの中に強引に入れて頂き、撮影にご協力感謝致します~。

image2_20180523232435119.jpeg
*イブリジニーのチームのみなさまと

image3_201805232254190f7.jpeg
*サロプロのチームのみなさまと

なんだかんだ・・・と、過ぎゆく時間の中でそろそろスタート位置に並びましょうか!
まだ、緊張感が沸かない待ち時間中で遠くから手を振ってくれる人など多くのランナーに声をかけて頂きました。

image4_201805232253322d1.jpeg

目標・・・「サブ3.5」
で、気持ちはゲートへと一気にゴールイン!

image5_20180523225333cb2.jpeg

並び不意をつかれた「ドド~ん」の花火を合図にスタート!
Bブロックからのスタートで19秒のロスタイムでゲートを通過しました。

周囲のスピードランナーに惑わされることなく駆け出して5キロポイントでは「24:44」
スタート後の慎重な入りの状態下で身体の不調もなく予定とおりの展開!

10キロ通過ポイントでは「48;50」
・・・ペースは維持できているのでちょっと余裕の安堵感。そのままのペース維持で!
と思った直後の16キロ付近で、身体が重たくなり前に進む速度が落ちてくる~。

脚が前にでずとも踏ん張って前に進む!
中間地点でのタイムは「1:44:49」ギリギリペースに焦りが発生!

image1_201805232255166c9.jpeg

25キロ地点ではついに「2:07:47」坂道上る脚力を失いました。
折り返し下りでも脚が進まず止まる寸前の状態で引きずり始める始末。
もぉ・・・数回の下肢の脚の痙りに加えて大腿部が悲鳴・・・。
痛みが限界に達してエイドで止まり、チームメイトから「エアサロをプシュー」と吹き付けていただきながら再出発!
天気は良好!視界も良好!だけど脚の痛みの体調不全に加えて頭痛まで発生して気分が急下降

image2_20180523225438a0a.jpeg

歩き走り出し、歩き急ぎ足、止まり歩きの繰り返しし・・・。
側にいた同様なランナーが塗り薬を渡してくださって「感謝」!

image3_20180523225439064.jpeg

30キロを過ぎたコースの遠く対岸をみながら前に歩き止まり歩き走り!
31キロ地点のチームエイドでテーブルに手をついてコーラを頂き一休み・・・奮い立たせて歩き出します・・・走らない(笑)

image4_20180523225441a53.jpeg

どうする?コースアウトか?ゴール目指すか?・・・。

image5_20180523225522e03.jpeg

35キロ地点では目を疑う光景が!
「あれっ?」「リエっち・・どしたん?」・・・。
・・・「コースアウト」と、あっけなく返ってくる答え・・・(笑)
「そか!」じゃあ一緒にゴールまで行こう!
と、しばらく二人で新たな旅の始まりが(笑)
残り7キロかぁ~・・・。歩く距離じゃないなぁ!だけど走ると激痛!
よ~し!「反省」と「言い訳」をネタにおしゃべりタイムでゴール地点に向かおう・・・。
39キロ地点では「お一人様追加~」で仲良く3人ウォーク!

image6_20180523225534882.jpeg

「も~っ、遅いよ!早く!」とばかりの「笑顔の振り返り」(笑)

image1_20180523225436e43.jpeg

残り1キロでやっとゴールが見えてきた風景が新鮮に感じる快晴の洞爺湖畔

image2_201805232255170bc.jpeg

気持ちを切り替えてからのコースの1/6(7キロ)ウォークはきつかったなぁ・・・(笑)
最後まで走れないのは本当に辛く、遠くに映るゴールまでの長時間ウォークに、飽きてきました!

image3_2018052322551918d.jpeg

オーバーリアクションなのだけど、ゴール手前で沿道の「山猫~」「やまねこ~」の大声援(笑)
に応える余裕はありありだったけど、内心かなり苦痛(笑)

image4_2018052322552073d.jpeg

ゴール手前からラン友と仲良くゲートインした直後も悔しくも突き上げる痛みに涙・涙・・。

TOTAL TIME:「4:28:03」
「ギャー」なタイムだけど完走はできた!

さすがに今回は楽しさ半減状態下でリ「ベンジの場所は?」との仲間の問いに、片方のかばった足まで痛み出す始末に・・・当分無理かも(泣)

image5_20180523225442f41.jpeg

さぁ、完走タオルを肩に満足のいく走りが出来ずに反省一色ムード!
こんな日もあるさ!と開き直りながらトボトボと足を引きずり車へと・・・
・・・ところで帰れるかなぁ。・・・不安!

* 直後に嘔吐の連発でひどい目に遭い・・・。
車中で4時間爆睡後にお風呂に入りご少しばかり飯を食べて家路に・・・。
帰宅は朝の5時・・・もう若くは無いなぁ疲れが抜けずに蓄積の一途(笑)

image6_20180523225455df7.jpeg

大会関係者のみなさん。
ボランティアでサポートしていただいたみなさん。
チームサポーターや撮影隊のみなさん。応援、声援していただきありがとうございました。
来年のリベンジは保留ですが美しい山並みや湖畔の情景は忘れられずにいます。

image7_201805232254565a0.jpeg

スポンサーサイト



ノーザンホースパークマラソン 2018

2018年5月13日 日曜日

今年で8年目となる「NORTHERN HORSE PARK  MARATHON 2018」

北海道の苫小牧市の「ノーザンホースパーク」を会場にして、パーク内の特設コースと千歳市と安平町のロードをコースとした「7キロトレイル」や「ハーフマラソン」などが開催されました。

image1_201805172100072b9.jpeg

パーク内では抽選会やオークションなど多彩なイベントがおこなわれ、北海道内外からランナーやご家族・サポーターなど参加者が訪れるリピーターの多い人気の大会

image1_20180517210753400.jpeg

今回は移動直前に所用でトラブル発生して会場までは余裕の無いギリギリの前日移動・・・。
とりあえず車で向かうのですが、明朝までの到着には距離と時間を逆算すると夜の11時に出発?
もちろん安全運転で・・・。
不眠移動だったので会場到着後に30分ほど仮眠を取り身体をリセットしよう(笑)

image3_20180517210010f9c.jpeg

去年から有料の駐車場に千円支払って、その後コンビニ探しに駐車場を出ようとすると係員に制止され会場から出られない「意味不明な誘導」に困惑・・・。

image4_201805172100090d5.jpeg

仕方がないので会場内で朝食を摂ることに。

image5_201805172100110d5.jpeg

車を停めて会場に歩き向かっていると「オリンピックメダリストの阿部雅司さん」に出会いました。

image6_20180517210012f84.jpeg

会場内を見渡すとスタッフ全員が「メッセージ」の応援ボードを首から下げてくれていて、そのやさしさに「テンションアップ!」

image7_2018051721002571e.jpeg

メイン会場入り口ではボランティアスタッフが笑顔でホットドリンクを用意してくれていました。
「心も身体も温まる~」

image8_20180517210026809.jpeg

朝7時の人もまばらな会場の準備はすでに整いイベント開催への雰囲気に包まれています。

image9_20180517210028579.jpeg

会場内を探索しながらブースに目を留めると・・・「あれっ、阿部さん」
「オリゴンノール」のブースで宣伝活動展開中!
試供品を頂いたので早々に試してみることに。出走前と走り終えた後にも効果があるとのことでタブレットを「ゴクり!」

image10_20180517210029087.jpeg

8時前には朝食をいただきに「ビュッフェコーナー」のテントに向かい「おにぎり」「クロワッサン」「バナナ」が乗った並ぶトレーを持って別のテント内へと。
「お茶」も頂いて「いただきま~す」

image11_201805172100303c3.jpeg

朝食を頂いているとステージ上で阿部さんが紹介されていました。
本日、阿部さんはゲストとしてマイクを持ち「実況MC」など多岐にわたり会場内を走り回るようです。残念なことに「ランナー」としは走らないので来年の出走に誘ってみます(笑)

image1_20180517210118ecd.jpeg

8時30分には大会名誉会長(・・・だったかなぁ)「橋本聖子」さんと、ゲストランナーの「福島和可菜」さんによる体操が始まりました。
んっ・・・。誰かが背後から「パシャ!」 「阿部さん」? 

image2_2018051721011917a.jpeg
                            (*阿部さんから提供画像)

昨年に続き今回も「7キロトレイルラン」と「ハーフマラソン」をエントリー!パターンもコースも変わらず・・・。さらに緊張感も無く・・・。
けれども昨年と大きく違う点は「楽しむ」感が満載なこと!
翌週に本気レースを予定しているため昨年のように「スタートかっ飛ばし撃沈」はありえません(笑)

image3_20180517210121b5e.jpeg

7キロトレイルが9時30分に始まるためスタート位置へと並びます。
スピードランナーの「可那子ちゃん」とスタートで並び・・・走って離され・・・引き離されパターンの始まり~(笑)

image4_20180517210123f39.jpeg

気温は特に寒くも暑くもない小雨がぱらつく天候下で、パーク内の特設コースを駆け抜けます。

image5_20180517210124bb1.jpeg

競走馬用のの「ふかふか」ウッドチップコースはランナーが走りやすい端に寄り一列状態となるため、芝コースにへと変わるとついついスピードアップして追い抜きたくなる我慢のレース
ゴールするとやはり、「芝生」に「砂地」は脚への負担が・・・。
去年より50秒遅いタイム「0:33:57」で1発目は終了~。
ゴールすると「阿部さん」からの完走インタビュー!
「きつかったけど、スピード勝負はとても楽しかったですよ~」のぜぇぜぇ声(笑)
ゴール直後にラン友を探し・・・おっ!さすが可那子ちゃんトップで通過!

image6_20180517210137b70.jpeg

ゆっくりと休む間もなくに50分後にはハーフマラソンがスタートするため急ぎ着替えて準備を整えます。
確か去年はこの時間にスープカレーを食べてレース中に・・・思い出しました(笑)

image7_201805172101385e8.jpeg

実は、そう・・・。
今日の大会にはある約束のためにエントリーしたのが本音で
それは・・・「福島和可菜さん」と会うことで約束を守り果たせました。
各地で開催される大会で会うことは多いのですが、昨年また会おうと約束したので(笑)
本当は福島姉妹と会えると思ったのですが、妹の「舞ちゃん」はこられずに・・・。

image8_2018051721014095b.jpeg

スタートで並び、合図待ちまでお揃い(偶然)時計のプッシュ準備
   「調子はどう?」・・・「良くはない」(和可菜ちゃん)
            「入りはどうするの?」・・・「馬にはついて行かない」(山猫)
   「目標は?」「90分切りたいなぁ・・・」(和可菜ちゃん)
            「いくよ~!」・・・「オッケー!」(山猫)・・・・・・・。

image9_20180517210141a5f.jpeg

朝より気温が下がり始めた頃にスタート!お決まりの先導「お馬」の姿を追いかけます。
直後のペースは「415」・・・7キロトレイルがアップになったせいかとても軽走!
しかし・・・ペース維持は無理なので早々と減速し始めると、横から「和可菜ちゃん」行っちゃったわ~。

image1_2018051721211548f.jpeg

昨年のような風も無く走りやすいコンディションのためか周囲のランナーは軽快に飛ばしていきます。
昨年より若干ペースは早いけど特に無理問題なく良い感じ・・・だったのに、ゴールまで残り3.5キロ地点で脚に激痛が走り・・・「緊急停止」
痙っちゃいました~・・・。人生で2度目の脚痙りにかなりびびってしまい歩くことも出来ませんでした。
次週のレースが脳裏に浮かび「離脱」とも思いましたが何とか歩き脚を引きずりゴールイン
大事には至らなかったけど残念な結果に
TOTAL TIME:2:20:49

image10_20180517210143e70.jpeg

ゴール後にラン友の結果は・・・さすが「可那子ちゃん」女子トップの22分台ゴールで総合優勝!
お約束の「お馬さんに乗って登場」

image11_20180517210156785.jpeg

「和可菜ちゃん」は総合で第3位入賞となり山猫カメマンに向かって笑顔で表彰授与!

image12_20180517210158aae.jpeg

さてと、表彰式が終わった後は「オークション」と「抽選会」に参加して、最後は購入したチャリティー馬券で大型スクリーンを前に「競馬観戦」かなぁ。当たるといいなぁ!
先にシャワーを浴びようか、それとも温泉に浸るかか・・・とにかく時間に追われる1日です。
・・・あっ、お昼ご飯!

image13_20180517210159779.jpeg

終始、曇り空で小粒な雨模様の天候でしたが、今回も十分に楽しませていただいた大会でした。
睡眠不足は乗り切ったけど今から自宅までドライブはかなりハード!果たしてたどり着けるか不安・・・。
どこかで仮眠かなぁ・・・明日仕事だし・・・職場に直行して寝ようかなぁ(笑)

image14_20180517210201730.jpeg

大会運営及び関係者のみなさんありがとうございました。
「阿部さん」忙しい渦中にお構いしていただきありがとうございました。
「和可菜ちゃん」も忙しくからみ少なかったけど・・・あっ、例の大会エントリー忘れないで!
会場でご一緒したラン友のみなさんおつかれさまでした。
来年・・・ダブルエントリーは辞めよう(笑)

image15_20180517210202aa5.jpeg

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる