FC2ブログ

40th 白糠町ロードレース大会

2019年3月17日 日曜日

2019年 白糠町ロードレース大会は40回目の記念大会を迎えました。
前回は5年前に参加させて頂き、4年前の道東道白糠IC開通記念(36th白糠町)ロードレース大会以来のエントリー!

image1_20190319224956395.jpeg

朝6時にラン友を乗せてオホーツク海から太平洋へと縦断の旅へと出発!
雪少ない場所でのロード駆けることのできる久しぶりの北海道での大会です。
今年になって4大会目となりますが、本レースで山猫は本格的にマラソンシーズンがスタートします。
・・・寄り道しながら会場へと。

image2_20190319224957fe9.jpeg

会場にはすでに多くの車で近くに停める場所は無く誘導係に従うままに数キロ先の駐車場所へと・・・。町内の体育館で開会式では、知り合いのレジェンドランナーが35回の出場の表彰がされる中、あちらこちらからラン友が山猫にサインを送っています(笑)

image3_2019031922495896c.jpeg

受け取ったプログラムパンフレットを確認したところ大会参加者の数に驚きました。
以前はこれほど多くは無かったような・・・。
10・5・3キロの性別、年代別、親子の12部門の参加者は837名に!
隣町の釧路はもちろんのこと、帯広や遠く札幌から参加するランナーの姿が多く目に付きます。
特に学生も多く、自分試しの場所には時期的のも良いのかと思う反面レベルも高いはず・・・。

image4_20190319224959f59.jpeg

スタート前の外に出た時に風の強さと寒さを身体に受けて・・・やばっ!身体を温めなければとアップ走に慌てコースに飛び出しました。
アップを切り上げてスタート地点へ戻りましたが道を間違えて慌て後方に並び合図を待ちます。
偶然に1人のラン友ともう1人のインスタ友とご一緒になり談笑していると10時30分の「スタート」!
実際の気温より寒く感じる向かい風の中を2箇所の折り返しポイントを通過してゴールまで戻ります。

image5_20190319225001be8.jpeg

スタート後は町内を回り、直後に上りとなるため抑え気味に走る・・・つもりでしたが、後方スタートの込み入った中でなかなか先に進めず、身体も温まらずスローペースでの前半となりましたが結局スピードに乗り切れずゴール間際の500m手前で45分切りも危うくなる展開にスピードアップで追い上げて何とか3秒手前でのゴール!

TIME:44:57

何とかワースト記録を更新せずにすみました。

image6_201903192250204c3.jpeg

ゴール後は多くのラン友と笑顔でショット!
そして、仲間のゴールを迎え待ちます。

image7_20190319225022187.jpeg

会場内では表彰されるラン友に拍手を送りながら、この時期でのレベルの高さに驚かされるばかり。

image8_20190319225023f7e.jpeg

記念の大会でのアトラクションは地元の郷土芸能「白糠駒踊り」が披露されて、会場では扮した暴れ馬が元気に踊る姿が・・・。
閉会式での抽選会で呼ばれるゼッケンに耳を傾けていると終わる間際に「マイゼッケンコール」

image10_201903192250265a1.jpeg

受け取った品物を見て失笑!いや・・・「しっそ!う」
一目、地元の特産品の焼酎「鍛高譚」の炭酸割り缶・・・だけどネーミングがね。
「全力しっそー!」・・・まじか!(笑) 
今日の反省は「全力疾走」出来ませんでした。

image9_2019031922502482f.jpeg

記念の参加賞を頂き
ラン友と別れを告げて会場を跡にするまえにワンショット!

image11_20190319225039594.jpeg

さぁ、何か美味しいものでも食べて帰ろう!と、
道の駅「恋問館」の有名店レストラン「む~んらいと」で遅めのランチ!

image12_20190319225040ca9.jpeg

ついでに阿寒町で「赤いベレー」に立ち寄り温泉に入ってゆったりまったりの時間を過ごします。

image13_20190319225042977.jpeg

平成・・・時代最後のロードレース大会が終わりました。
今年も勢い熱く迷うことなく各種大会エントリーにワンクリックしまくり~の日々・・・。
まっ!楽しければいいかぁ(笑)
今日もたくさんのラン友に会えて有意義な時間を堪能!
ありがとうございました。
スポンサーサイト



FREEZE ON ICE MARATHON IN LAKE ABASHIRI  [The Pre run] 

2019年3月3日 日曜日

冬に開催されるマラソンなどのイベントが各地でおこなわれる中で、知り合いのO課長からの一言!
「氷の上で走るのってどう?・・・。」
と、乱友のイベント企画長を通じ伝えられ、考えずとも「やりましょう」と即答!
話しは速攻で進み数分で開催日と企画の大綱を決定!・・・斬新企画が始まりました。
・・・確か1ヶ月前に(笑)

image1_2019031700012055a.jpeg

世界初の試みとの勝手な思いで(・・・多分)、意気込み高らかにイベントネームも勝手に決定!
「FREEZE ON ICE MARATHON IN LAKE ABASHIRI」

サブタイトル・・・「O課長杯in網走湖」
企画内容は結氷した湖の上を駆け回る真冬の「ランニングイベント」・・・。

image2_20190317000121454.jpeg

ランナー必需品のGPS機能付きの時計を利用して、自身が走った軌跡がMAP上の湖の上に残すことも一つの目的です。
後に確認すると・・・湖の上を?・・・水中を?通常ではありえない不思議な軌跡!

image3_20190317000123671.jpeg

冬の湖上の一部は「ワカサギ釣り」や「体験ファットバイク」の会場隣賑わいをみせていますし、漁師さんの漁場にもなっていて周囲の林に囲まれた自然が豊かな場所には天然記念物「オオワシ」や「オジロワシ」のフィールドになっています。時には、湖から川へと景観の変わる場所ではアザラシの姿も・・・。

image4_20190317000124b34.jpeg

今日はPre run!
朝7時に湖畔に向かい周囲の状況を確認すると、最高の天候下での湖上の厚い氷の上には10㎝ほど雪が一面に覆い最高のコンディション!
最近暖冬だったので氷の状態が心配でしたが、大地と変わらぬビクともしない湖面と遠目に写るワカサギ釣りを楽しむ光景を目にしてホット一安心

image5_201903170001267d7.jpeg

8時となり集合場所にはサポート隊を含めた19名が顔を揃えました。
いろいろあって声駆け範囲を限定しましたが・・・当日の天候状況や最悪の事態を想定し中止やアクシデントに備えて、親しい乱(RUN)友と今後の企画向上のための個別参加願い!
今回はすべての方達の一発OK!にたいへん感謝致します。

image6_20190317000147168.jpeg

スタート前に集合した参加者へO課長より一言頂き、乱友のイベント企画長I原氏に発声願いとりあえず山猫も一言二言ご挨拶!
コースは湖上のモービルの後を縦列で駆けて、トイレとエイドで休憩し10キロほどの距離を走ることを目標とします。
I上くんいわく、昨日モービルを走らせコースを創ってくれたとのことでした。「ありがとう!」

image1_20190317001549b60.jpeg

いよいよ湖上に脚を踏み入れてイベント開始・・・ですが、とりあえず怪我防止のためレジェンドランナーに急遽準備運動の指導を無茶振りする山猫・・・先輩すいません。

image7_20190317000149da8.jpeg

一面見渡す限り白銀の障害物の無い真っ平らな湖面の中でスタートします。
とりあえずはスノーモービルの走行跡をたどりながら進みます。

image8_20190317000150e1d.jpeg

踏みしめるシューズの下が湖とは思えないほどの安定感にペースも次第に早くなっちゃいます。
参加ランナーは縦列ランニング中も余裕の笑顔!

image9_201903170001523f3.jpeg

そのうちちょっとコースを外れたり・・・もどったりと。
中にはコース途中でスキーにチェンジするランナーは縦横無尽に滑っています(笑)

image10_2019031700015377d.jpeg

コース途中で漁場の脇を通り抜ける時に偶然網上げと重なり見学させて頂くことになり小休憩!
始めて目にする「ワカサギの氷下漁」に巻き上げる網に釘付け!
周辺の林には獲れた魚のおこぼれ狙いにめを光らせている「オオワシ」などとにらめっこ。
んっ?そういえば「ワカサギの氷下漁」企画ツアーがあったような・・・。
あれ?タダ見しちゃいましたね(笑)
・・・あつ!やばっ!先頭集団は遙か彼方へ・・・かなりさぼってしまい置いてきぼりに。

image11_201903170002070db.jpeg

サポート隊もコースの途中にエイドを用意してくれて適時トイレタイムに休憩タイム
天候も良く寒さも感じないためとても心地よい時間を過ごしています。

image12_20190317000208cfc.jpeg

時間にして2時間ほどの初体験Preイベントは無事に終了致しました。
「元気です 網走!」

image13_20190317000210253.jpeg

参加いただいたみなさん。
サポート隊のみなさん。
仕事中にご迷惑かけました漁師のみなさん。
ありがとうございました。
「元気です網走!」

今や、マラソンはトラックやロード以外にも草原や山岳などのトレイルなど多種多様なフィールドで大会が開催されています。
今回の企画・・・氷結湖上ランは特に安全を重要視した中で行わなければならない季節限定のイベントです。夏には海岸の砂浜を駈ける「サンド・ラン」も昨年Pre開催致しました。
今秋には何十キロも続く直線アップダウンの「天に続く径ラン」も計画していますが、来年は是非、この企画を更にパワーアップして多くの方に参加していただけるように盛り上げたいと思います。

1st 真駒内公園雪上マラソン大会

2019年2月24日 日曜日

快晴の札幌市は朝から無風状態で春の陽気を感じるゆるゆら気温!
「ふるさと応援プロジェクト実行委員」は、マラソンを通じ地産地消を推進し地域の自給率向上を図り・・・将来的なスポーツ文化の発展に力を注ぎ・・・。
と、いうわけで第1回大会が札幌市真駒内公園内で開催されるとのことでチームメイトと参加致しました。

image5_20190301232335813.jpeg

真駒内公園への到着は明け方だxったので近くの藻岩山で時間つぶし・・・。
山頂まで暇つぶしのトレイルに駆けだして札幌市内を見下ろして・・・んっ?スマホを車に忘れてテンション下降(笑)
会場に戻り受付の11時までコース下見の試走ラン!早朝から18キロ駆けているけど今日の大会は5キロコースにエントリーのため気分的にはまだ余裕~。

image2_20190301232331c48.jpeg

コースの試走中に公園内にある「さけ科学館」におじゃまして・・・なるほど・・・ふむふむ(笑)
海から遠い豊平川もサーモンの遡上場所なんですよね・・・「鮭」見たこと無いけど・・・の独り言(笑)

image3_201903012323321dd.jpeg

今日は札幌に向かう山猫をRUN友が応援に駆けつけてくれました。
「一郎ちゃん」たちが「チームへべれけ」のTシャツのお届けRUN!
久しぶりに会って感激ショット!

image4_20190301232333428.jpeg

会場も準備が整えられ始めて11時からの受付を済ませます。
特に大会パンフもなくどれだけ参加するのかもわからないところがね・・・。
開会式もいつの間にか終わり陽気とともにゆるゆる感満載!

image6_201903012323368d0.jpeg

ゼッケンはゴムひもが付けられていて頭から被り両脇で結ぶタイプに懐かしさを感じます。
計測タグもマジックバンドで足に固定するタイプ!
参加賞はスポンサー?のバナナ一房&調理パンが2ついただきドリンク付き!

image7_20190301232350887.jpeg

一周約1200mを4周する5キロコースはゴール手前200mからスタートすることになっています。
なるほどこれで計算上は5キロとなるわけで。
ということは、10キロコースはゴールから400m手前スタート!
そして5キロ&10キロは同時スタートのようです。
果たしてどこで10キロトップに追いつかれるか・・・。

image10_20190301232353ac2.jpeg

スタート以前には無風だった天候に風が出始めてやがて風が強まりテントが吹き飛んでしまうほどの時折の強風でしたが日差しは強いため走ると汗が普通に吹き出す予感。
それぞれがスタート位置に向かい合図を待ちますが・・・。あれっ?時間すぎているけど・・・みたいな雰囲気の中でどこからともなくピストル音が!
えっ?しばし硬直して一斉にダッシュ!(笑)・・・ローカル感に笑いながらのスタート!

image11_20190301232355e2c.jpeg

グルグルコースを周回して3周目を終えたところで、どこからともなく「ゴールです!」の声に反応してしまい思わずストップ!
えっ・・・。まだ3周・・・あと1周は?
んっ・・・。1周1500mだったかな?
自身の時計でも距離足りないけど・・・。時計壊れた?
ただただ立ちすくんでいると、おじさんが「ゴメンまだ1周あるわ」・・・
「あんた誰?」「もぅ~やめて!」とコースに戻り走り直し(笑)!15秒はロス(笑)
4周+200mを駆けたゴールタイムは「23:03」
ん~っ・・・3周目のアクシデントで何周走ったのか不安に襲われて1周追加RUN!
周回コースは大嫌い・・・。

image9_201903012323523ef.jpeg

ゴール後に完走証を頂くと年代別順位2位の文字が記されていて、スタート位置に並び走りながら3位以内にはとの思いがあったので満足な結果となりました。

image12_20190301232356a47.jpeg

第1回大会駆けさせて頂きました。
はぁ~・・・あとは7時間ドライブか・・・・・( ノД`)シクシク・・・・・

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる