FC2ブログ

Red Bull 400 SAOPPORO OKURAYAMA

2019年5月18日 土曜日

札幌大倉山ジャンプ競技場で開催される
熱き「Red Bull 400」

image1_2019053119083177b.jpeg

第3回目を迎えるこの競技は年々参加者も増えてエントリーも迷う時間が無いほどの人気!
第1回大会は・・・様子を長く伺いすぎて締め切りに。
第2回大会は・・・競技の過酷さを耳にしてまたまた様子伺い締め切り後に後悔を(笑)
今年こそはとの思いも気がつくとフルディスタンスはソールドアウト!
そうなるとまたまた悔やまれてしまいあきらめきれずにキャンセル待ちも空しく時が過ぎるだけ・・・

image2_20190531190832051.jpeg

しかたがない。
今年はリレーで行こう!
と、数人に声をかけるも「2度と登りたくない・・・。」「ぜったい無理・・・。」「翌日はフルマラが・・・。」
ん~っ・・・困った!
あとは物好き仲間に委ねるしかなく連絡してみるとあっという間に2チーム成立しエントリー完了(笑)
よしっ!今年はジャンプ台をこの目で見上げることができる・・・。とすでに満足度100%

image3_20190531190833cf4.jpeg

開催も近くなりイメージしていたジャンプ台への出走が現実味を帯びてきたので、近場の階段で練習を・・・。
つ、辛い・・・200段一気に駆け上がりは辛い!
その日の2セットでその後はまったくのNON練習(笑)

image4_20190531190835fdb.jpeg

大会を翌日に控えて札幌に前日に入り、夕方の事前受付会場に友人と向かいましたがゼッケン引き替証を持っていなかったため受付は出来なく長蛇の列に並ぶも仕方なく帰ろうとすると、スタッフのが「ゆっくりしていって下さい。」・・・と親切に「レッドブル」飲料無料券を渡してくれました。
・・・親切な対応に大変感謝致します!

image5_2019053119083701e.jpeg

店外に続く長蛇の列!
待ちの参加者が多いのでラウンジでは15分ほど滞在して退席することに・・・。

image6_2019053119085034b.jpeg

夜のススキノに飛び出してラン友のスープカレー・ショップでごちそうになりました。
いつもならまだまだ夜は長いところだけど6時間の運転で疲れた身体を早く回復させるために・・・との無理矢理理由で今夜はホテルに直行だぁ~!

image7_20190531190851bc6.jpeg

快晴の空下で会場に向かう朝の時刻は6時30分
とりあえず行き先は「宮ノ森ジャンプ競技場」
本会場には車は停められないためこの場所に車を駐車して、大倉山シャンツェまでは専用送迎バスでの移動となります。

しかし、宮ノ森シャンツェも間近で見ると「でかい」・・・。でもこれは「ノーマルヒル」
目的の大倉山シャンツェは「ラージヒル」・・・その差は上る者にとってはかなり大きいはず

image8_201905311908536d5.jpeg

バスで会場に入り降り立つと目の前にはもちろんジャンプ台が・・・でかいなぁ!

image9_201905311908553d7.jpeg

受付を済ませて、参加賞を受け取り本番「Red Bull」のTシャツに着替えます。
今年のTシャツカラーは「水色」

image10_20190531190856505.jpeg


あっ!今日はサロモンシューズを借りて試し履きをチャレンジしてみることに!
「反ちゃ~ん」(笑)

image11_201905311909168c6.jpeg

7時30分からの会場受付も終了して、9時45分から選手ブリーフィングミーティングがスタート場所で行われます。

image1_20190531190930cf1.jpeg

その後10時30分から男子のシングル予選が6組(第1ヒートから第6ヒート)の熱い戦いが繰り広げられます。
見ると年代別に各ヒートが分かれているようです。

image2_20190531190932435.jpeg

リレーは午後からなので朝から時間たっぷりと・・・。
会場で時にRBガールを交えて、ラン友にまったりゆったりご挨拶

image3_2019053119093362c.jpeg

会場ではエントリーしている「福島舞」ちゃんを応援
ひさしぶりに会うのでちょっと話し込んでしまいました。

image4_20190531190935aa3.jpeg

時間の余裕はアップついでに階段上りジャンプ台のてっぺんに行きゴール場所で声援することに・・・しましたが、階段きつくすでに「フゥーフゥー」(笑)

image5_2019053119093652a.jpeg

頂上に着いた頃は脚が「がくっ」とくるほどの勾配にかなり実感沸いてきました。
札幌市内を見下ろす位置で声援を送ろう!
各組のスタートを上から見下ろし様子を伺うとまるで蟻が動いているかのような情景に400m遠い!
5~6分ほどで次から次へと選手が上ってきます。
間近で駆け上る選手や這い上る選手・・・過酷さを目の当たりにします。

image6_20190531190950dd0.jpeg

午前中の応援でジャンプ台2往復でもう気持ちが一杯です。
正直言って「リレーで良かった」・・・・・。
午後のレースを控えて用意された昼食を頂きます。
スープ付きコンビニ(セコマ・ホットシェフ)の「カツ丼」が配られました

image7_20190531190951386.jpeg

午後になりリレー出走の時間となり4人がそれぞれの位置へと向かいます。
やはり・・・楽なのはスタート!
だって下りだもんね(笑)
山猫は2区を選びスタートから坂ダッシュ!

image8_20190531190953ff3.jpeg

コースを見あげると・・・。
これダッシュ無理だわ!絶対にムーリー(笑)
と、いいつつ余裕のツーショット!

image9_20190531190955ff2.jpeg

リレーがスタートして第1走者から渡されたリングを受け取り
上を見あげることなく「ダッシュ!」とにかく「ダッシュ!」
上なんて見あげる余裕はまったく無し!

image10_20190531190956df6.jpeg

ラン友のアドバイスは「絶対に手をつかないこと!」
守りますとも・・・でも20秒と持ちません・・・間髪いれず手をつくありさまで「ゼーハーきついの何のって」もうやばいっす!
隣の10代女子とライバル激走~何とか振り切ったけど・・・もう「ヘロヘロだわ」

image1_201905311910128a7.jpeg

リレーのチーム戦はやはり若者には勝てず30チーム中28位と惨敗
思い出にはなったけどね(笑)

image2_20190531191013ffa.jpeg

気になっていた3年越しの「Red Bull 400」
3分台で駆け上るのメチャ速い選手を見て・・・自己の現実をあらためて悟り競技を楽しみながらもイベントとして会場の雰囲気を味わう大会なのだと実感!
さて、来年はどうすべきか・・・。
フルディスタンスは「あかん!」
誰かチームリレーで一緒に「ゲロゲロ」楽しまないかなぁ(笑)

image3_2019053119101549c.jpeg

スポンサーサイト



ノーザンホースパークマラソン 2019

2019年5月12日 日曜日

マラソン大会・・・。
テーマパークのような「食」と「遊び」が楽しめる「ノーザンホースパーク」で過ごす充実した2日間

前日の「ノーザンホースパーク駅伝」に続き2日目の今日も「走り」そして「食べて遊んで」の1日を過ごします。

image6-2_201905272119402f9.jpeg

いつもエントリーは7キロトレイルラン&ハーフマラソンをセットで申し込んでいましたが、今年は前日の駅伝にエントリーしていたのでハーフのみにエントリー・・・。
そのため7キロトレイルの部では余裕で応援組へと!
早朝に馬が朝食を食べながらのんびりまったりしている風景を見ているとなぜか妙に気持ちが落ち着きます。

image2-2.jpeg

競馬のことは詳しくありませんが、氷のオブジェには名馬「アーモンドアイ」が・・・。
との説明を受けました。

image3-2.jpeg

早朝の人もまばらな会場を見渡すとすでに前日から準備されていて快晴の青空の下で開催を待つばかりのパーク内ですが妙に静けさが・・・。

image4-2.jpeg

開園した会場ではスタッフが入園する人たちを今年も温かいお茶で迎えてくれています。

「スタッフのみなさんありがとう!」

image1_2019052721190914a.jpeg

午前7時30分になると会場では朝食(ビュッフェ)が並び始め事前に渡された「リストバンド」で用意された食事をセルフで利用出来ます。

image7-2.jpeg

今年もtaikia大会会長の「橋本聖子」さんを始め、ゲストは「猫ひろし」さん、それにスペシャルアドバイザーに「福島和可菜」さん、
「阿部雅司」さんはゲスト&大会MCを・・・んっ?
阿部さんは7キロトレイルにエントリーしているとのことなので昨日コースなど情報を伝授(笑)
今年は間近でみんなを応援できるなぁ!

image8-2.jpeg

福島和可菜さとは毎年この大会でお会いしていますが、今日は特別に・・・。
実は今年の「オホーツク網走マラソン」のゲストランナーをオファーしたところ、来ていただけることになったためご挨拶を兼ねて(笑)
「和可菜ちゃん会うのは久しぶり~!」
   「山猫さん元気でした?」
みたいな普通の会話(笑)
ちょっと無茶振りの網走マラソンPRのTシャツを着用していただいて「パシャ!」
マネージャさんにもお礼を述べて軽く打ち合わせをさせていただきました。

image9_20190527212000f9d.jpeg

会場内はランナーや応援のご家族などで賑わいをみせ移動するたびにラン友の姿がお目見えして会話も弾みます。
もう、パシャパシャ撮りまくり(笑)

image10_20190527212001c16.jpeg

7キロトレイルのスタートラインに向かうとラン友の顔があちらこちらにお見えするので声をかけ応援を約束!

image11_20190527212016d27.jpeg


9時30分・・・いつものとおりにファンファーレが鳴り、「競争馬」を先導に7キロトレイルがスタートしました。
スタート後は声援のため園内を移動しながらゴールを待ちますが「和可菜」ちゃんどこに行った?
マネージャーがGo-Pro片手に捜しているよ~(笑)

image12_2019052721201714e.jpeg

11時のハーフスタート前に協2度目の準備運動・・・。
画像12(準備運動)
山猫もスタート準備にとりかかりますが、特に準備は無いので心の準備?(笑)
本日は体調を考慮して35分切りは必須!出来ることなら36分以内だと上出来かな・・・。
と、最近どこでも一緒の「相棒」とスタートラインに立ちます!

image2_20190527211910b4c.jpeg

スタートからオーバーペースにならないようにペースダウンで様子を伺います。
特に脚の痛みも無く体調も良好!
も、つかの間に先に進みと風が・・・いつもの強風が抵抗となり行く手を・・・。
かなりの強風が吹きコースの7割は多分向かい風? 悩まされました。
・・・まったくペースが上がらず不完全燃焼ゴール!
TIME: 1:38:55 「ドボ~ン」・・・。
ゴールして阿部雅司MCのインタビューを受ける内容は・・・反省弁(笑)
リベンジ大会がまた一つ増えました。
頂いたノンアルコールビアーでとりあえず完走乾杯しかないなぁ!

image3_20190527211913785.jpeg

ゴール後に会場で急遽帰宅しなければならないラン友の代役で表彰式へと・・・。
それも女子の表彰式に(笑)
目的は「オホーツク網走マラソン」のPRのため!
ステージに上がり猫ひろしさんと「ごにょごにょ」打ち合わせをするも、なかなか噛み合わず、猫ひろしさんの「切れ芸」が炸裂も・・・まったくウケることなく空振り・・・(笑)

image4_20190527211706897.jpeg

レースアフター後はお腹が空いたのでビュッフェでランチを嗜みながらラン友とまったり時間

image5_20190527211709a81.jpeg

チャリーティーオークションではビックリ価格に目を丸くしながら盛り上がる会場を遠目に、昨日の駅伝参加で頂いた1枚の馬券で大人5人が競馬のレース中継で大盛り上がり(笑)
本命狙いも惜しくも残念な結果・・・。

image6_2019052721193826e.jpeg

今年は2DAYSを満喫・・・後は6時間のロングドライブで帰るわけだけど日本一寒い町で・・・うわっ「寒い!」
またまた不眠で仕事か( ノД`)シクシク…

image7_20190527211955dcf.jpeg

2019 ノーザンホースパーク駅伝

2019年5月11日 土曜日

今年で開園30周年を迎えるノーザンホースパーク
園内にはたくさんの馬が!
その数は2千頭以上・・・。
施設内にあるひときわ目立つ長いドーム型のトンネル施設は坂路となっていてその一番高い場所の終点をスタート・中継・ゴールにした約2キロのコースを4人1チームのリレー競争!

image1_20190521211126315.jpeg

コースの半分は競走馬用のドーム内の訓練坂路(約900mのウッドチップが敷き詰められた)の中を走り抜けます。
このコースは次の日に行われる7キロトレイルランの一部にもなっています。

ちなみにトンネルはハーフコースの19キロ通過地点かな・・・。

image7_20190521211254a3f.jpeg

今回の申し込みは普通にチームとして4人を集めてのチャレンジ以外に「ぼっち1人」でもエントリー可能とのことで、翌日のハーフマラソンを控えた前日になりますが、どうせ行くならと楽しみを追求?してエントリーさせていただきました。

image3_20190521211128e30.jpeg

一応、大会事務局に確認したところでは
・・・なんと、1人で4区間8キロを全部走って良いとのこと!
駅伝じゃ無くなるけどね(笑)それは願ってもないチャンス!
意を決して1人駅伝8キロレースのチャレンジへと(笑)
・・・しかしながら、後日実行委員会から連絡が届き、やはり1人で8キロ4区間走は手違いでダメ・・・。
との連絡が有りお蔵入りに!
ということは、申し込んだ山猫はどうしたら良いものか・・・?
山猫が良ければ他のメンバー3人は事務局に一任!と言われ・・・。
まっ、それも楽しみのひとつとしてオッケーと即答

image4_20190521211129313.jpeg

施設に到着して駐車場から午後の受付に向かう専用バスに乗り込み会場に着いてスタッフにシングルでの申し込みを伝えます。

image5_2019052121113134d.jpeg

この時点でも誰がメンバーなのかはまだわかりません。スタッフからは「4人集まり次第お呼び致します・・・。」
ドキドキしながら辺りを見渡し待っていると・・・。

image6_20190521211148a40.jpeg

「あれっ、阿部さんお久しぶりですね。今日はゲストで走るのですか?」とたずねると
「駅伝に出てくれないかと頼まれ・・・。」
んっ?もしかすると。道連れ?
「TEAMちんすこう」山猫の一人目のメンバーはなんと「リレハンメル・ゴールドメダリスト阿部雅司」
さん・・・互いに顔を見合わせ笑っちゃいました。

image7_2019052121115020a.jpeg

ところでなぜ「ちんすこう?」と不思議そうに問いかけられて・・・。
多分、山猫が一人で申し込んだ時にメンバーもチーム名も任せたので、事務局が陸連登録の団体名を使ったと想像します。
今年はたまたま沖縄のチームにお願いして陸登しましたので。
ところで残る巻き添え2人はというと・・・。スタッフに聞くと施設の従業員とのこと・・・。
実に申し訳ない。
駅伝のスタートは14時ですが、巻き添え2人が待ってもなかなか来ない・・・。
仕事かなぁ・・・。もし、来ない場合の発案がおもしろい。
スタッフから1区山猫でアンカーは阿部さんと告げられていたので
最悪1区と3区を山猫が出走して、2区とアンカーを阿部さんで走る計画が急遽浮上の「阿部」さんの企画提案(笑)

image8_2019052121115158d.jpeg

山猫はもちろん異議無し
阿部さん、とりあえず下見にコースを試走してきましょう。

image9_2019052121115392b.jpeg

スタート15分前になり巻き添え2人がギリギリ駆けつけてきて4人揃ってのリレーが出来ることになりました。
本大会のMC「福島和可菜」さんも会場に到着して仲間とのお気軽ショット!
「後ほど別件の打ち合わせを願います」

image10_2019052121115528f.jpeg

スタート10分間には開会式がおこなわれ「福島和可菜」さんがいつもの元気&笑顔でマイク片手に会場を盛り上げてくれています。

image1_201905212124211b8.jpeg

集まったチームの中にはお見受けしたランナーの姿もチラホラと(笑)
もしかするとライバル?かな(笑)

image11_2019052121120766d.jpeg

時が進み14時には第1走者「山猫」が出走すたーと「行ってきま~す!」

image1_20190521211231537.jpeg

スタートはきなりの下り150m先のふかふかな芝生を抜けて、砂地に脚を踏み入れて、いよいよウッドチップ坂道へと。

image4_2019052121123643d.jpeg

ゼーハーゼーハー・・・なかなかパンチの効いたコースです。「7分58秒」で第2走者にタッチ!

image3_20190521211234066.jpeg

その後第2走者から第3走者へと襷はつながれていよいよアンカー阿部さんへと・・・。
今度はコース途中に向かい山猫はシャッターチャンスを狙うカメラマンに
みんなが待ち受けるゴール手前では、阿部さんライバルチームのアンカーをキャッチしていて同時ゴールに、いつスイッチ入っただろうか真剣に走ってきたよ(笑)

image4_2019052121123643d.jpeg

駅伝を終了して・・・さて結果は?
24チーム中で第9位!

image5_20190521211237d80.jpeg

参加賞も頂きがんばり楽しみました。


image1_2019052806352376c.jpeg

阿部さん!
メンバー募って来年リベンジだわ(笑)

image6_20190521211252064.jpeg

駅伝も無事終わり、施設内のシャワーを借りて(個室)後は前夜祭会場へと向かいます。

image8_2019052121125597f.jpeg

前夜祭にはアルコールは含まれていませんが(別料金)豪華なブッフェスタイルとなっていて会場はすでに座る場所も無いほどに混雑していました。
伺うと北海道外からのマラソンツアーの団体客が多く・・・
会場では抽選会やオークションが開催され賑わいを見せていました。

image9_20190521211257a7c.jpeg

さぁ・・・明日はハーフにチャレンジ!ほどほどに食べ飲んで一夜を過ごします。

67th なよろ憲法記念ハーフマラソン

2019年5月3日 金曜日

今年で67回を迎える北海道でも最も歴史のある大会に初参加!

盛り上がる5月の改元にともない新元号3日目の「令和」最初のレースとなりました。
名寄の地は今年の1月以来ですが、車で向かう道のりは冬の雪道と違い予定より早く到着したため早々に会場周辺の探索に・・・。
・・・んっ、風が強いぞ!

image1_20190516215233e09.jpeg

早朝の会場は前日から準備が整えられていて受け付け開始を待つばかりに
ところが肝心の受付場所が見あたらず・・・ウロウロと

image2_20190516215235d0c.jpeg

どうやら受付場所が変更されたようでした。

image3_20190516215236228.jpeg

車を停めた駐車場で前泊ラン友と合流して朝からカレーライスをご馳走になり気持ちの準備もを整えました。

image4_201905162152377cf.jpeg

受付を済ませて受けとった参加賞の中には「入浴券」と「地域商品券」なるものが同封!
どうやら名寄地区と風連地区の加盟店で使用出来るようです。ラン後にはご飯でも頂こう!

image5_2019051621523934c.jpeg

曇り空の天気が怪しくなり出して雨がポツポツと降り注ぎ風も次第に強くなるスタート前の不安な時間・・・
寒空の中で名寄市観光大使の作.AC北海道の作田徹さん・太田尚子さんと、スポーツ振興アドバイザーの阿部雅司さん、そしてT×Tの沢田愛里さんが紹介され準備運動で身体を温め開会式を終えました。

image6_201905162152570a2.jpeg

スタート前の会場ではラン友の姿も増えだして、喋り・・・笑い・・・喋り・・・を繰り返すいつもの光景(笑)

image7_201905162152596bc.jpeg

あっ!観光大使のお二人様、本日もよろしくお願い致します。

image8_20190516215300446.jpeg

10時のスタート前には雨も上がりコンディション的には暑くは無く良い感じの曇り空
アップのため走り出してみると風を受けるのかなぁ~とちょっぴり不安要素も!

image9_2019051621530239e.jpeg

スタート後はリニューアルされたハーフマラソンのコースを河川敷に向かって駆け出します。
・・・や、やはり・・・。風が・・・。遮る物が無い河川敷には強い風が!
追い風から一転、折り返すと向かい風がまともに身体への抵抗になり・・・。
基本コースを2周する今年から新設したコースはアップダウンの無い・・・しかし意外にきついと実感!
もうダメ!8キロあたりから急減速・・・。あかんわぁ(笑)

image10_20190516215303cab.jpeg

ゴール手前500mでラン友の「リエ」が山猫を引っ張っりゴールへと導くも脚が上がらず腕も振れず・・・。
あきらめてしまい100分切れないダメダメ山猫は近年まれに見るワースト記録にがっかり(笑)・・・マジにほんまに落ち込むわ~

TIME:1:40:10・・・・・。

image12_20190516215317e83.jpeg

といっても気持ちのチェンジは早いのも長所で!
とりあえず気を取り直して意味不明な「ショット!」

image11_20190516215316a42.jpeg

この度の大会ではラン友おじさん隊はみ~んな表彰台!
パワーあるなぁ~・・・おめでとう!

image13_20190516215319019.jpeg

大会が終わってラン友3人で名寄温泉サンピラーへと向かって「入浴券」を使わせていただき、「地域振興券」で名物「煮込みジンギスカン」を頂きました。

image14_20190516215321d23.jpeg

今日も終日お疲れさまの身体を癒しながら笑い楽しんだ1日でした。
さて、自宅まで4時間のドライブで1日を締めるとしましょう。
プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる