FC2ブログ

3rd 最東端ねむろシーサイドマラソン ~北方領土を望む~

2019年8月18日 日曜日

ランナー界の新婚のお二人が大会にゲスト出演!
「川内優輝さんと川内侑子さん」は超ホットな新婚ランナー!
夏の涼しい気候を利用して道東でトレーニングをおこなっている川内さんが今年も日本最東端のハーフコースを走ります。
大会では神奈川からのラン友とも再会し・・・。
再会といってもほぼほぼ毎週・・・「どんだけ暇やねん」・・・お互いに(笑)

image1_201908192209535a7.jpeg

しっかりと飲み友達とも約束通りに会いって早くも「この次の会場は?」・・・気が早い(笑)

image2_20190819220954896.jpeg

今日は朝4時に根室へと向かい、いつもより比較的楽な朝4時の移動
日本列島を北上してきた台風も勢力そのまま温帯的圧へと変わって北海道に上陸しましたが、心配された大会への影響も全く無く絶好のマラソン日和りになり、ドライブの途中で「大文字」ならぬ「牛文字」を眺めながら丹頂鶴の家族に出会う緩旅!

image3_2019081922095538a.jpeg

根室市の今日の予想気温は18℃、湿度70%のグラウンドコンディション!
ハーフ走者のスタートが午前9時となり、その後5種目最後の9時37分・・・最終スタートとなります。
この度のお気楽な「3キロ」エントリーは今までで初めてかなぁ(笑)

image4_20190819220957d73.jpeg

人もまばらな会場で受付を済ませてから仲間達を出迎える態勢へと・・・。
今日は知るだけでエントリーRUN友は70人ほど?

image5_20190819220958203.jpeg

大会にはもちろん根室のランナーの姿も大勢・・・。

image6_20190819221015d83.jpeg

今日はFUNRUN予定のため変身しなければならないので足早にRUN友と写メ~!

image7_201908192210174bd.jpeg

牛乳の無料配布をいただいちゃいます。
なんと言っても身体への時間水分吸収率がバツグンなのを実感(笑)

image8_20190819221018a90.jpeg

さてさて・・・・そろそろ時間なので変身かなぁ
ばれないように!
多分、絶対にわからないはず。

「じゃ~ん!」

image9_2019081922102018d.jpeg

いやぁ~・・・久しぶりだわぁ。2年振りかなぁ
だけどちょっと太ってない(笑)
パワーアップしたなぁ・・・「ブラック・スパイダーマン」

image10_20190819221021de6.jpeg

会場で会った高速ランナーの阿部ちゃんに何気に声をかけると・・・
「誰っすか?」・・・と言われ。
あっ!変身していたの忘れ声をかけてしまう不始末(笑)

image11_20190819221039ca7.jpeg

まわりでは子供達が「ワイワイ・ガヤガヤ」と騒ぎ出し、中には近寄り身体にタッチしてきたり(笑)
「なんでここに居るの?」
 「どこから来たの?」
「映画ナウ?」
 「走るの?」
「日本人?」
 「今日帰るの?」・・・・・・・・・・。
などなど質問攻め(笑)
喋べっちゃいけないのにベラベラしゃべる「山猫」・・・いや「スパイダー」です。

image12_201908192210412e0.jpeg

さてさて、時間もせまりハーフを走るみんなの声援を・・・。

image13_20190819221043d7b.jpeg

image14_20190819221044255.jpeg

そして、スパイダーに扮した山猫も3キロスタートしました。
最後尾からみんなを追いかけて徐々に子供たちに声をかけて抜いていきます。
声をかけられてビックリする子供や、抜かれまいと必死に走る子供の姿も!
まるで鬼ごっこのような3キロを十分楽しませてもらいました。

TIME:0:17:20

image1_20190819221058022.jpeg

来週はいよいよ「北海道マラソン」
腰痛があり当日を迎えなければ体調コンディションはわからない状態だけど
とりあえず今日を無事に乗り越えて「花咲蟹」も頂いたので会場を後にします。

image2_20190819221100b81.jpeg

だけど閉会式、人がまばらな寂しい会場だったなぁ
川内君御夫婦が挨拶していたのにネ
さて、頂いた入浴券でお風呂に浸かり帰りることに

image1_20190819235528372.jpeg

会場スタッフのみなさんありがとうございました。
「蟹汁美味しかったですよ~!」

image2_201908192355299ca.jpeg

追伸
今年は「サンマ漁」が不漁らしく・・・。
帰りがけに金比羅神社に赴き「2礼2拍手1礼」
「サンマおみくじ」をゲットしてきました。
御利益あるといいなぁ!

image3_20190819221101edb.jpeg

スポンサーサイト



1st 天塩岳速登競争

2019年8月4日 日曜日

「Mt.TESHIO FAST CLIMBING」
・・・・・鍛えた脚と心臓を使い切る「天塩岳速登競争」・・・・・

昨年初の開催予定は、災害によりフィールドまでたどり着くことが出来ずに中止となり今回が第1回となる大会!
もちろん過酷さを想像しながら無の境地で申し込み!
つ、ついに「スカイランニング」のフィールドに足を突っ込んでしまいました!

image1_20190814051507f29.jpeg

場所は北海道北部に位置する「天塩岳」を舞台として、登山口をスタートして標高1,558mのてっぺんまで登山道を駆け上がりタイムを競う速登競争は、頂上がゴールとなる超刺激的なイベントで、「スカイランニング東日本選手権」というサブタイトル付き!
参加者が盛り上がることが予想される大会にちょい興奮も・・・(笑)

とりあえず当日移動で会場へ前進!
夜中の2時に出発して予約していた会場行きのバス乗り場へと向かいます。
・・・いつものことだけど4時間のロングドライブの始まりにちょっとため息(笑)

image2_20190814051509069.jpeg

会場は山の登山口で一般の登山者も多いことから主催者からは車の乗り合いと専用シャトルバスの利用を呼びかけられていたため「送迎バス」をチョイス!
そのバス乗り場には簡易宿泊施設も設けられていましたが宿泊は利用せずに車のみ駐車させていただきました。

image3_20190814051510d21.jpeg

早朝6時の朝は暑さを感じる晴天日和
愛別町の公民館「共和分館」を7時半のマイクロシャトルバスで出発して会場へと向かいます。
40分ほどで会場の登山口に到着し受付を済ませスタートまではまだ余裕の1時間30分の時間はラン友との挨拶の時間(笑)
周囲の山々を見渡して1人「ワクワクドキドキ」感が一杯に・・・・・。

image4_20190814051511152.jpeg

会場にはエントリーランナーが徐々に集まりだし・・・見ると多くの知り合いが・・・。

image5_20190814051513812.jpeg

と言うか、山猫には全員が変態ランナーの姿にしか見えませんけどね(笑)

image6_20190814051530905.jpeg

スタートまで余裕の時間にご挨拶フォト!

image7_201908140515314f8.jpeg

ポニョちゃんとも久しぶりに会い会話が弾みます。

image8_201908140515338ab.jpeg

反ちゃんとは昨年の利尻以来かなぁ・・・。

image9_201908140515347d9.jpeg

会場には特別にコーヒーショップがオープンし、「スマトラ・タイガー」なる豆が登場し興味をそそります。

image10_20190814051536a86.jpeg

スターと直前の午前9時の山頂の気温は22℃
多分、間違いなく、絶対に・・・暑いはず
走破距離にして6.5㎞ 累積標高は900mを一気に駆け上がれるかなぁ?
・・・そんなわけないなぁ(笑)

image11_20190814051549a10.jpeg

10時のスタートを前に競技説明を受けて、集合写真の撮影後にみんなの声援を受けながら1人ずつゼッケン順に15秒間隔でスタートいたします。

image1_20190814051606ffe.jpeg

山猫は約30分後の87番手でスタート!
スタートの林道入り口を進み駆けて新道コースへと向かいます。

image2_20190814051607e35.jpeg

3箇所の流れる川の橋を渡り山登りの入り口に到達致します。
ここからは急な傾斜となり妥協許さぬ登り一辺倒!

image3_2019081405160942b.jpeg

山頂をめざして尾根をつたって駆けますが、さすがに登りは歩くことになります・・・全コースほぼ歩き状態!
駆け抜けるなんてとても無理があり汗だく「ゼーハーゼーハー」(笑)
それでも前者の6人ほどをパスしたのかなぁ・・・。

image4_20190814051610528.jpeg

とりあえず休むことなくやっとの思いで頂上に・・・。
ゴール100m手前では、過酷にもすでに登頂しているみなさんから大声援を受けて「ダッシュ」を強いられる「洗礼」を受けました~(笑)
・・・辛い!きつい!やばっ!

「歩くの?走るの?どうするの~!」の声援音頭が
・・・「反ちゃん」声が潰れてるよ~(笑)

image5_2019081405161221e.jpeg

頂にゴ~~ル!

image6_201908140516266c9.jpeg

TIME:1:26:48


image7_2019081405162803c.jpeg

山頂では裸族と騒ぎはしゃぎながら後続の選手への応援に加わりラストランナーを見届けてからの下山!
早く下山したくて駆け降りたけど・・・5度も転びまくってあちらこちらが泥んこにアザだらけになる始末
思い浮かべると実は下りが一番きつかったりして(笑)

image8_2019081405162984c.jpeg

下山して会場にたどり着き楽しみにしていた「カレーライス」を頂くことに。
もう、お腹がぺこぺこなので強烈に「美味い」!

image9_2019081405163173e.jpeg

夏を迎えての山登り競争の過酷さを全身で堪能し楽しい経験となりました。
前田さん!
企画に準備、運営ありがとうございました。

9th 北オホーツク100㎞マラソン

2019年7月28日 日曜日

前日は、飲み・食べ・はしゃぎ!

3年前に100㎞に猛暑の中を駆けて身体へのダメージが数週間残り苦しんだ経験が再び蘇る熱帯・・・。
あれから毎年50㎞にダウンサイズして緩るランを楽しむ「北オホーツク100㎞マラソン」の地に再び!

image1_20190806234712983.jpeg

今年は前日のキャンプに時間を費やしてテントに泊まりを楽しむことに・・・。
・・・という訳で
早朝に自宅を出発して1人午後からテントを設営して焼き肉ビールパーティーの準備に取りかかりますが予想以上の風の強さに悪戦苦闘・・・。

image2_20190806234714a61.jpeg

設営間もなくRUN友も集まりだして個人的にキープしていた駐車場も満車!
5時からは大会のウエルカムパーティーの会場に赴きまたまた多くの仲間との再会して盛り上がりました。

image3_201908062347157c1.jpeg

image4_20190806234716b26.jpeg

image5_201908062347181ac.jpeg

楽しいパーティーも終わり会場を後にしても余韻が覚めず未だ盛り上がるウルトラランナー・・・
「明日大丈夫?・・・みんな(笑)」

image6_20190806234737796.jpeg

さぁ・・・外は陽がまだ明るく寝るにはまだまだ早いのでテントに戻り2次会の始まり~!
今日は「正木シェフ」が居てくれるので「ジンギスカン・豚ジスカン・牛肉・・・」焼き肉三昧パーティーでお腹を満たし盛り上がりま~す!

image7_201908062347380d4.jpeg

100㎞5時のスタート応援に・・・。

日が明けて午前4時
鳥の鳴き声と供に周囲のテントもざわつき始めて明るい朝を迎えました。
昨夜は風が強く「バタバタ」とあおられるテントの中で・・・熟睡出来ずに不眠気味の身体(笑)

image8_201908062347406d1.jpeg

眠い目をこすりながら会場へ向かいいつものパターンで5時スタートのウルトラランナーを声援とお見送りを・・・。
午前5時にウルトラランナーがスタート!
あれっ!コラコラ・・・一番最後尾で、ポーズとっている場合じゃないョ~(笑)

image9_2019080623474133d.jpeg

見送った後には3㎞地点に移動して再度エールを送ります。

image10_20190806234743f61.jpeg


image11_20190806234757b81.jpeg

山猫の50㎞スタートは4時間後・・・長いスタート時間まで寝ていようか迷うところだけど、結局はダラダラまったりと時間を過ごしています。
今回は初の試みとして50㎞スターと前に会場で9時から「エクセルAC石井代表のストレッチ講習会」が開催されジャックと一緒に参加!

image12_201908062347594bb.jpeg

会場はウルトラコースの50㎞地点となっているためトップランナーの通過を待ちながら知り合いのランナーと時を過ごしています。

image1_201908070000551bd.jpeg

と、そこに「藤澤 舞」ちゃんが中間地点の会場に登場!
7割の力で・・・(らしい)4時間程で走って来ました。「すごっ!」

image2_201908062348142b3.jpeg

50㎞スタートまで30分・・・今年も「犬・ネコ」コンビでご主人様とラン友を応援!

image3_20190806234816d36.jpeg

快足ランナーが目の前を通過していく姿を応援しながら山猫も走る準備に取りかかります。

image4_20190806234818496.jpeg

スタート直前にはすでに気温が・・・。
25℃を超えていたりして・・・ファンランとはいえこれは「あぢぃ~」・・・。
キロ6分の設定に変更します。

image5_20190806234819a73.jpeg

スタート間もなく仮装ジャックもさすがの暑さにペースダウン
「先に行くけど無理せんでねぇ~」・・・と、声をかけて暑さの中で何とかペース維持!

image6_20190806234821cca.jpeg

10キロ・・・そして20キロ地点では1時間50分

image7_20190806234836f01.jpeg

25キロ地点を通過する際にチームメンバーの「美樹」が沿道にしゃがみ込んでいるのを発見!
「大丈夫?」の声かけに「足が痙った!」とのことで無理せずにと係の誘導員に状況を伝え先に進ませてもらいました。
ところが、快調に進んでいた山猫も次第に怪しくなり・・・。
給水が美味くいかず水分補給しても身体に入らず溜まる一方!
30キロのエイドでアウト!そこに後ろから復活「美樹」の姿!

image8_2019080623483791d.jpeg

スタートから2時間58分が経ち予定通りでしたが・・・。
止めるか?歩くか?
意地でも走らず「歩く決意に」・・・ゴールまで20キロの道のりを
・・・5キロ歩き・・・

image9_20190806234839571.jpeg

・・・10キロ歩き・・・

image10_2019080623484087d.jpeg

・・・42.195キロ地点・・・

image11_20190806234842cc6.jpeg

ゴールまであと5キロとなり左手に見える「クッチャロ湖」を眺めながらのウォーク!

image12_20190806234854ff2.jpeg

残り2キロ地点でラン友が背後から一緒にゴールしようと声をかけてくれて
最後まで歩くのも・・・との思いで一緒にゴールへ向かうことに
そしてゴール近くでいつもの消防隊の大声援に応えながら・・・。

image13_20190806234856994.jpeg

ゴールゲートまでは残り直線150m!
いつもゴール直前に名前をアナウンスされるため、ここは無理にでも走るしかない感動の場所に到達すると待っていてくれたラン友が追いかけ「泡缶」頂き・・・ゴールまでに飲み干せ~!
いやいや「ムリ~!」・・・
といいつつ一気飲み(笑)
もう「ゲプゲプ~」
くらくら覚睡ゴールにはありがとう友よ!

image1_20190806234923a1b.jpeg

ゴール!
「6時間46分42秒」
いや~・・・残り20キロ3時間30分歩いたのがメチャきつかった(笑)
途中で所々でも走った方が身体には楽かも・・・。

image2_20190806234925a56.jpeg

大幅ワースト記録で3年連続年代別入賞は遠のいたけど完走出来て「感無量!」
しかいあぢぃかった・・・。とても「アブ」った・・・。

image3_20190806234926beb.jpeg

暑い「浜頓別」の夏を走り?2割歩き!終えて「さよならパーティー」に参加しさせて頂き仲間との憩いの一時を過ごしました。

image4_20190806234928d7c.jpeg

今年もいつもよりさらに多くのラン友と楽しい時間を過ごさせていただきました。
この町の人々の声援を受けて、そして菅原町長の温かい応援とともに・・・。
また来年もこの地で思い出を創りたいと思います。
スタッフのみなさんお疲れさまでした。
町民のみなさんありがとうございました。
来年は第10回記念大会!
こっそりと100キロにエントリーしちゃおうかなぁ(笑)

image5_20190806234929bdb.jpeg

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる