FC2ブログ

XTERRAトレイルラン in 占冠

2016年7月10日 日曜日

「非日常のリアルトレイルラン・・・」

image1_20160721002558142.jpg

ゴロゴロ~・・・」「ドど~ん・・・」
・・・・・「うおおっ~!」
午後になり最終走者がゴール近く向かう頃に雨が降り出し、上空高く真上からは「雷」が鳴り響き選手達は小屋やテントに一時避難・・・・・。
大地が揺れ響くのが雷鳴が身体に伝わってきます。

レース中に雨が降っていたら「泥んこトレラン」・・・すでに川も増水しているし・・・。
厳しいレースにならなくて良かったと思う中で表彰式が始まります。

125.jpg


大会当日の選手をリズム良く躍動させる音楽が鳴り響く会場では、MCがマイクパフォーマンスで演出するXTERRAジャパン事務局の企画運営で、静かな村の一角が賑わいをみせています。

image2_2016072100255371c.jpg

今日も深夜に車で5時間半かけて山並み深く入り、朝の6時に初参加となる会場へと足を踏み入れました。周辺を見渡す限りには標高の高い山はみあたらず・・・まだ人影も無い静かな山村地帯のとても静寂な自然な空間!

image3_201607210025550e8.jpg

7時に受付を済ませて出走までの10時までは余裕ありすぎで、準備されたスタート&ゴール会場へと足を運びメインステージに向かってみます。

image13_20160721002846699.jpg

image5_20160721002607d7b.jpg

本大会での競技は「トレイルラン30K・20K10K&キッズ3K」の4種目
コースは200mの高低差を駆ける10Kの山道往復路!
20Kは前述10K+川岸平坦10K!
30Kは20Kコースに、更に10Kコースをもう1往復加えて!
募集直後の10Kコースは川岸平坦コースで、コース(種目)選びに悩んでいると、その後に今日の200m標高差のコースに変更となったため10Kコースへのエントリーを決断!

事前にブリーフィングを行なった後に9時からは30Kのランナーがスタートいたします。

2015年・2016年XTERRA JAPAN アジアチャンピオンの「小笠原 崇裕」さんがゲストランナーとして招かれていて、スタート時にはグループの先頭を走る演出家?になり選手を背にゆっくりと会場一周してのパレード走!
会場をあとにランナーがコースへと飛び出してレースを展開します。


参加はしませんでしたが、会場の中央で10時スタートの20Kと、5分後の10Kスタートまでの空き時間で小笠原さんが講師となり「ユニバーシティー講習会」が開かれています。

image7_20160721002657139.jpg

20K&10Kのブリーフィングも終わりスタートまであと数分!

image2_20160721002735eeb.jpg

会場で会う約束をしていた20Kにエントリーしている「KMCの忍ちゃん」にエールを送ります。

image1_20160721002734403.jpg

今日の大会には「ワカナン」こと、「福島和可菜」さんと、妹の「舞」さんがエントリーしています。
「和可菜」さんとは2週間前の函館マラソンでのゲストランナーで走られた時にお会いしたばかり・・・。
レース前にお二人と少しばかりの会話!

image3_20160721002739160.jpg

10時の20Kスタートを見送った5分後にはいよいよ10Kがスタート!

image4_2016072100274020f.jpg

image5_201607210027411ea.jpg

スタートゲートには「和可菜」さんも並び、スタートの合図で1周のパレード走後に会場をあとにします。

image6_2016072100280596f.jpg

会場をあとに直ぐに橋をわたり山の方向に向かってスピードを上げます。

image7_20160721002807179.jpg

200mほどで砂利道へと変わる中を進んで行きます。

image8_20160721002809458.jpg

image9_20160721002810801.jpg

1.5キロほどでフラットなコースから山の麓に到達して高度が上がるポイントの折り返しの合流場所に到達します。

image10_201607210028110c5.jpg

image11_20160721002847aa7.jpg

スタートから常に山猫の前方には「和可菜」さんが走っています。
高度が増してくる斜度15%の坂道はきつく息が上がり「ぜぇ~はぁ~・・・ゼ~ハァ~!」
30m先を走る「和可菜」さんが歩き始めたので追いつきます。
が、気配を感じ走り出します。
そしてまた、歩き出し・・・。
「ぜぇ~はぁ~・・・ゼ~ハァ~!」・・・近づくと走り出します。
・・・・上りの折り返しまで5度繰り返して、1度は抜いたけど抜き返され距離を詰めるだけ!
これって・・・まるで
「ストーカーじゃん(笑)」

image12_20160721002844784.jpg

「ん~っ!ストーカーと言われたくない!」
でも彼女は速いなぁ~
抜いても抜かれたらかっこ悪いので、下り終えてからの残り2キロで前に出でみよう!
・・・とペース配分!
急勾配の山道を下り終えると3m幅がある数カ所の川を渡ります。
「じゃぶじゃぶ」です。
最後の5本目の川を渡るとゴールまでの残りは2キロの復路、川で減速したため追い越す際に声をかけます。
「さぁ~、ここから行くよ~!」

ここからスピードを上げて20キロランナー数人を追い越してゴールを目指します。
んっ!後ろからはついてくる気配が・・・。
「行くよ~!」に応えてくれているようなので気が抜けなくなり更にスピードを上げます!

会場に入りゴールは目前!後ろにはピッタリと・・・(笑)
ゴールゲート前でタイミングを合わせて最後は並んでゴールイン

TIME:55分9秒・・・同着

image14_20160721002849d97.jpg

image15_20160721002849c4e.jpg

福島姉妹・・・結果・・・
「舞」さんが20K優勝!
「和可菜」さんは10K優勝!
おめでとうございます。・・・W優勝!!・・・さすがです。

山猫は種目別5位・・・。
「KMCの忍ちゃん」が3位入賞で、男女ともに各種目の入賞者はほとんどが顔馴染みのランナーとなり、雨足が強くなる会場をあとに・・・。
来年は20Kにエントリーかなぁ・・・と独り言!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる