FC2ブログ

6th 北オホーツク100㎞マラソン

2016年7月31日 日曜日

今年最初・・・で最後?のウルトラマラソン!
昨年に続きサロマ湖100㎞ウルトラマラソンが函館マラソンと同一日開催のためエントリーを見送ったので
浜頓別の100㎞ウルマラにチャレンジ!

image1_20160823205629bd8.jpg

5時間要し車で移動して大会前日の午後に受付を済ませます。
「しかし暑いなぁ~・・・気温28度は暑いよ~!」
予想外!想定外!

image9_2016082320565807c.jpg

浜頓別の会場周辺は大会の幟や看板などでウエルカム一色でしたね。

image3_20160823205619978.jpg

多目的アリーナに到着後に受付を済ませて出会ったラン友と記念撮影

image4_20160823205618264.jpg

image5_2016082320562198c.jpg
image6_201608232057031ca.jpg

16時からは大会ゲストのトークイベントに参加!
ゲストは「谷川真理さん」「阿部雅司さん」「藤澤舞さん」の3名による座談会

image7_20160823205658bd5.jpg

17時には前夜祭(ウエルカムパーティ)がおこなわれるようなので山猫もなんとな~く参加!会場内では今年から5回完走者のゴールドランナー称号を与えられ特別なTシャツを着たランナーの姿がチラホラと!

image8_201608232057016d8.jpg

用意された多彩なセルフバイキングメニューにはちょっとビックリ!
生ビールサーバーも準備されていて全て無料でした~・・・。

image10_20160823205701c99.jpg

しっかりとカーボロさせていただきながら気持ち良くビールを数杯・・・(笑)
でも・・・ダメだ調子に乗っちゃ「いかんいかん!」

image11_201608232057336d9.jpg

アトラクション後のパーティーの最後にはランナー限定の抽選会がありましたが、いつも抽選には縁遠いため気にせずに賑わう会場の中で談笑していると何やら番号を連呼!
赤の○○番・・・。赤の○○番!
んっ?ん~っ?・・・あれっ?同じ番号・・・「呼ばれている~」マジか~!
と、急ぎステージへ・・・。何と一発目に当たりました。
抽選会で最初の説明を聞いていなかったのですが、どうやら好きな商品を選ぶ仕組みです。
急で訳がわからず、会場からの「選ぶな~」のヤジに押されて適当にチョイス!
目録を渡されましたが、ステージ上で「運を使っちゃったなぁ~」と呟いてしまいました(笑)

image1_20160823205808d77.jpg

夕方6時にはパーティーも終わり会場を後にして早めに就寝・・・。
と言うべきところですが、お誘いがあり2次会会場へと向かいます。
車中泊場所から1.5㎞のたそがれランニングを兼ねてクッチャロ湖キャンプ場に急ぎ向かう「山猫」・・・。
2次会場ではすでに焼き肉とアルコールが用意され再び乾杯~!
「あれっ!山猫さん明日走る?・・・」と今さら「ジョニーちゃん」の突っ込みが(笑)

image2_20160823205808d3f.jpg

賑やかなキャンプ場を9時に失礼して、宿泊場所の「愛車」の元へと帰ります。
陽が沈んでも気温が高くて蚊が飛び交い窓も開けられず、車内泊はエアコン送風しないと過ごせませんがとにかく無理矢理でも寝なくては!
あっ・・・。とりあえずトイレと洗面所はどこだ?(笑)

4時に、スタートゲートから100m離れた駐車場で目を覚まします。
一晩明かした周囲の車は一目見てほぼ全てがエントリーランナー・・・でしょうね。

image3_2016082320581480e.jpg

さぁ~!朝を迎えトイレに向かい、顔を洗い着替えと食事を済ませます。
時間と供にランナーも集まり始めて「おはよう!」の挨拶から・・・。
朝早く3㎝程の大きなアブが周囲に飛ぶ姿を見て「今日は追われるのかなぁ~?」

image4_20160823205806965.jpg

スタート時のコンディションは?
気温は26度。湿度が高く、今日は年に2~3度あるかないかの地元でも珍しい暑い天候に当たってしまったようです。
日中は30度近くになるとの予報があるんだって~
ん~っ・・・目標タイムの9時間は走りながら見直すことにします。
初めて走るコースですが、前半の気温の低い朝に距離を多く走ることにしよう。
・・・・・果たしてうまくいくかなぁ~?

image6_20160823205816fbe.jpg

昨夜友達になった「チームねねすけ」の「あいちゃん」とゴールを駈けるぞ~!

image7_20160823205847769.jpg
<アイちゃんと>

スタート前には「谷川真理さん」の「走りきるぞ~」の応援を受けて、予定の5時に浜頓別会場をスタート!
この場所には50キロ後に再び戻り、更に100キロに向けてスタートしゴールとして戻るために走り出します。

image8_2016082320584294c.jpg

会場からスタートした集団はクッチャロ湖に向けて駆け走ります。

image9_201608232058439c7.jpg

スタートから1.5キロの湖畔では早朝にもかかわらずキャンパーから声援を受けまましたが、朝からテント前をバタバタとうるさいですよね~(笑)

image10_2016082320585332d.jpg

15キロ地点は道路が延々と続く「エヌサカ直線道路」へと進みますが先が全く見えません。

image1_20160823205927816.jpg

最初の21キロの折り返しポイントの手前から多くのラン友とすれ違いエールを送ります。
とにかく蒸し暑いため全てのエイドで給水をおこなうように心がけて走ります。

30キロ地点では「ジョニーちゃん」のスペシャルエイドでたっぷりお世話になりました。
タイミング的に欲しい場所でのナイスエイド!
酒屋風エプロンだったのでお酒でも出てきそうな雰囲気がいいですね~!
「マスター」コーラお願いします~(笑)」

image15_20160823210051e32.jpg

スタートから4時間50分で何とか50キロ駆け終わり、中間エイドでは水や食べ物が並べられているので補給しようと試みましたが、なぜか身体が受け付けません・・・。「辛い!」
食べられるのですが胃にとどまらず・・・水を少々含むだけで椅子に腰掛けること10分!
今度は立ち上がろうとしたときに脚に違和感が・・・。「痛い・・・。マジに痛い!」
「長居しすぎたかなぁ~」(笑)

image4_20160823205932a89.jpg

とりあえず半分の第1ステージはクリアしたけど・・・悩む~残り半分第2ステージは自信が無い!
だけど考えてみると残りの制限時間を目一杯使っても、途中で関門をクリアしながら9時間で50キロ・・・。
甘い考えだけど行くしかないですよね!
スイッチ入れ直してここからは50キロの部スタートと一緒に再発進!

image5_20160823205933d47.jpg

50キロの部のランナーはスタートから元気なためどんどん先へと進みます(笑)
この大会では、前半スタートから全て約2.5キロごとに給水エイドが設置されているため目標としやすい運営でとても助かりました。
とにかく暑いため全てのエイドに立ち寄り休憩後に次のエイドへ、また次のエイドへと目標にします。
海岸線の風車を横に先の見えない直線道路を駆けていき2箇所目の折り返しへと・・・。

image6_201608232059307b9.jpg

長い直線の海岸線も終わり内陸に向けて高低差のあるコースに変化します。

image7_20160823205936113.jpg

62.8キロの給水エイドに立ち寄り3箇所目の折り返しポイントへと向かいます。道路脇には牧草ロールに描かれたアートな作品が目を引きます。

image8_20160823210009e17.jpg

image10_20160823210013443.jpg

3箇所目の折り返し地点を過ぎて「スイカ」で喉を潤したい・・・。ところですが、身体が受付拒否・・・。口に含むだけなので「辛い~!」

image11_20160823210005834.jpg

エイドでは「浜頓別町長」が休憩中。50キロの部に参加していて沿道から町民の応援を受けていました。

image9_20160823210009277.jpg

「浜頓別町長」はゲストランナーの「阿部雅司」さんが伴走しています。
17キロ進んだところですが「まだまだ行けるよ!」と余裕のコメント!

image13_2016082321002152e.jpg

折り返し後の68.4キロのエイドで「コールドゼッケンのげんさん」と「おかみ」とご対面
げんさん:「俺はもうここでやめるわ~・・・。暑くてバテバテだよ。」
山猫:「ゴールドランナーが何を言うの?」
げんさん62.8キロでリタイア・・・。

image14_201608232100556b9.jpg

ここからは先は、町長と阿部さんと3人でゴールへ向けて走ることに。
過去の大会を振り返るなどの話を交えて、暑さが増す中を歩き走り、また歩き走ることを繰り返し前に進みました。
町長は過去に完走経験があるのですが、再度チャレンジすることを町民の皆さんが応援していました。だけど、練習もせずにぶっつけ本番の町長には恐れ入りました。
70キロ地点で再びの「ジョニースペシャルエイド」が待っていてくれて、3人でその先に向かうために乾杯~!

image16_20160823210041041.jpg

3人は所々で歩きながらも前に進んでいましたが、74.4キロエイドで町長がコースアウト!
公務の影響を考えて約25キロでマラソンを終わらせます。
阿部さんもここでSTOPするか悩んでいましたが、ここから再スタートで山猫の先を走り行きます。
85キロ地点で最後の「ジョニースペシャルエイド」を通過してアップダウンを早足で通過します。

image1_20160823210132539.jpg

ゴールまで残り10キロ・・・何とか90キロ地点にたどり着きスタートからの経過時間は11時間27分の超スローペース!
空腹なのに何も食べられず、水分も多くは受け付けないのでちょっと苦しい状態ですが、車に乗った町長が横を通り過ぎエールを送ってくれるのでなんとか笑顔で!

image4_20160823210131d22.jpg

92キロ地点では「おかみ」に背後から声をかけられ、見ず知らずの方から突然の「ガリガリ君アイス」差し入れが・・・。「冷たい!ありがとございます~」
先を行く「おかみ」を見送り、脚の痛みをかばいながら・・・歩き進みます。

image3_20160823210136c30.jpg

その後はゴールまでは、他のランナーさんと談笑しながら気持ち足早に街の中心部へと進みます。
ゴールから1.5キロ手前で消防署の放水シャワーを身体に浴びて!

image5_20160823210129ccc.jpg

やっと目の前に見えてきたゴール前には多くの仲間が待っていてくれました。
ここはさすがに駆け抜けるしかありません!
ラスト30mは約束とおりに、昨日友達になったラン犬「あいちゃん」と一緒にゴールイン!
・・・ほんとにきつかった~!!

image6_201608232101593ec.jpg

ほんとうに「なんとか完走できた」の一言!
前夜にアルコール嗜んだけど、想像以上の気温と湿度に対応出来ませんでした。
前半はフラットなコースなためペースを維持で4時間50分・・・。
後半はアップダウンが多く、疲労と気温と湿度に苦しみ体調も管理出来ず8時間20分と不甲斐ない結果となり、ゴールタイムは13時間9分54秒
ゴール後は、なぜか感極まり泣いてくれたスタッフに完走タオルをかけてあげます・・・。

image7_20160823210212117.jpg

会場ではカレーライスが振る舞われましたが、美味しそうなのに食べられません。

image8_20160823210212f20.jpg

久々に反省しなければならない実力がハッキリ出た大会となり課題が山積み~!
あらためてわかったこと・・・25度以上はダメです。
山猫の身体が受け付けません(笑)

image9_20160823210213a15.jpg

image10_20160823210222e53.jpg

暑く辛い厳しい大会でしたが、町全体が中心となり町長を始め町民が声援を送るアットホームな大会でした。
エイドの数も多くウルトラ初心者にはぜひチャレンジして欲しい大会です。

最後に「浜頓別町長」御伴走ありがとうございました~。
沿道で声援を送ってくれた町民のみなさんありがとうございました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる