FC2ブログ

9th 下関海響マラソン 2016

2016年11月6日 日曜日

「記録より。記憶に残る、海響のドラマ」をテーマに、秋晴れの下を13万人の市民の応援と3万人のボランティアが大会をサポートする中を、11,249人のランナーの1人として下関豊前田町をスタートし折り返し通過後に再び折り返しゴールとしてこの場所に帰ってきます。

-大会前日-

image1_20161114231645145.jpg

大会前日に会場で振る舞われた「うどん」を頂き、抽選福引き会や各種ブースで開催されるイベントを楽しむことに。

image2_201611142316384f2.jpg

会場内でイメージキャラクターの「カッケルン」とツーショット!

image3_201611142316511c6.jpg

帰り際には会場側の「海峡ゆめタワー」の展望台に上り眼下を見下ろしコースの下見(笑)

image4_20161114231642520.jpg

遠くに見える関門橋までは約3キロ地点、最初の折り返しはその先の7.7キロ地点になります。

image5_20161114231648735.jpg

好記録が出にくい後半の連続するアップダウンをロケーションの場として、瀬戸内海の「周防灘」と日本海側の「響灘」の2つの海を臨みながらのシーサイドコースを駆け楽しみます。

image6_20161114231736aac.jpg


-エントリー-

今年の春にエントリーに迷い気が付くとWEBエントリーは締め切られ・・・。
ならばと、郵便振替申し込み抽選で「当選通知」を頂きました。

この大会には「最前列スペシャルブロック(Sブロック)」が設置されていて、要件を満たしている希望者には優先的に最前列に並ぶことが出来ます。
2011年以降のフルマラソンの完走記録がグロスタイムで、男子:3時間30分・女子:4時間00分以内の記録証を実行委員会事務局へ送ることで優遇されます。
更に、当日の会場ではSブロックの専用更衣室が男女供に設置され快適に利用できます。

image7_20161114231733360.jpg

また、大会には会場での受付は無く「参加賞・ゼッケン・チップ・パンフレット等」が事前発走されるため、時間に余裕をもち混雑を避けられる運営になっています。

image8_20161114231736cf0.jpg

-大会当日-

申し込みが遅く会場周辺のホテルは空室があったものの、お値段が予算オーバー!
・・・山猫は宿泊地の北九州市「小倉駅」始発から在来線の臨時列車に乗り「門司駅」を通過して二つ目最終の「下関駅」に6時20分に到着

image9_20161114231737ecf.jpg

15分ほどで駅に着き歩き10分で会場入りしました。

image10_20161114231738369.jpg

夜が明けたばかりの早朝からランナーは同じ目的を持ち会場に向かう姿は・・・(笑)

image11_20161114231804623.jpg

用意されたスタート&ゴールゲートを前に・・・
ん~っ・・・、身体と脚が重い気がするのは気のせい?

image1_20161114231849c23.jpg

今日は、ここがスタート&ゴールの地!
うまく駆けられるものか自信が40%・・・。昨日も1日中歩き回ったし~(笑)
とりあえずいつも同じ夢目標の3時間15分に近づくようにレースを楽しもう!

image2_20161114231849fde.jpg

会場も次第にランナーで埋め尽くされて狭く移動が不便になってきました。

image1_20161115001059364.jpg

会場を見渡せる位置に移動してチームメイトを捜します。

image4_20161114231855153.jpg

ごった返す会場の中でようやく「とっちゃん」と会えました。

image14_201611142321418db.jpg

時計が8時を過ぎてセレモニーがはじまる頃になると、スタートブロックにはランナーが急ぎ入り込んできます。

image15_201611142321361f3.jpg

閉鎖された先頭のブロックの先で軽快にアップするランナーがひとり・・・。
んっ?・・・ネコ? 「猫ひろし」さんが、走り回っています(笑)
さぁ、スタートの位置は最前列2列目の右端でスタンバイ!

image6_20161114231919d11.jpg

スタート待ちの直ぐ横のステージ上では応援に駆けつけたファーストレディーの安部総理婦人がマイクで挨拶と声援をされています。

image8_20161114231920986.jpg

さらに今日のゲストランナー5名が一人ひとり紹介されました。
全てのゲストがオリンピック&パラリンピックつながりなのですね!
image9_20161114231926ffe.jpg

するとスタート前列のコース上に現れたのは・・・オリンピックつながり・・・なの?
マジ? 卓球の「水谷選手」の姿が・・・・!
えっ?・・・ラケット持参?なぜ?・・・不自然(笑)

・・・・・オリンピック大活躍の卓球選手の「水谷くん~」・・・・・じゃない!
「波多陽区じゃん」~!!!(爆笑)

レース前に「めちゃうけたわぁ~」ナイス~!

image10_20161114231924d60.jpg

開会セレモニーも終わりカウントダウン!
景観景色を楽しむフルマラソンのスタートです。
多くの市民が応援する側を関門橋に向けて駆け出します。
走り出して間もなく背後から聞こえる「にゃ~ぁ」「にゃ~ぁ」の声!
どんどん近づいてくる「にゃ~ぁ」の声!
山猫のヒップに付けていた猫のシッポをつかまれて(笑)抜き去っていきました。 

image11_20161114231955d60.jpg

たくさんの声援!コースの案内板、仮設トイレもエイドも充実しています。

image12_201611142319586f3.jpg

右手に見える海峡対岸の九州に目をやりながら「みもすそ川公園」へと進み、砲台が並ぶ史跡を横目に最初の折り返し後には再びの「関門橋」を左手に変えスタート地区に戻ります。

image13_20161114231955457.jpg

後半の郊外へと進むコースでは、アップダウンの上りが始まりと、トンネルを通過してバイパスを駆け抜けます。響灘の海を高い場所から左に見下ろして景観を楽しみます。
ところどころでシャッタータイムも・・・現在まったく余裕無し(笑)

image1_20161114232024ed0.jpg

見晴らしの先にかすかに臨む人工島「長州出島」に目を懲らしていると
頭に風船を付けたぺーサーの後に続く集団に追いつかれ3時間30分も危うし~(笑)

image3_20161115001054de6.jpg


上り、下り、上りにまた橋を下り、大きい高低差が4箇所に気持ちがしんどくなってきた・・・。

image1-2_20161115001057cad.jpg

本土から長州出島を結ぶ「長州出島大橋」にはランナーが目一杯!
軽快なランニングポリスに先を越されて意気消沈・・・。

image4_20161114232021d5b.jpg

35キロを過ぎのエイドで立ち止まり、右手奧に頭が見える「火の山」を臨みます。
昨日登ったんだよなぁ~・・・。なんてふける暇無し。

image5_201611142320213c0.jpg

登りのバイパス橋を過ぎたエイドでは思わぬサービスが!
なんと、冷たい「おしぼり」をひとりひとりに手渡されました。「ありがとう~!」
が残る距離6キロ弱・・・もう惰性で走ります。

image6_201611142320269cb.jpg

後半ペースがた落ちたけど・・・無事にゴール駈け込みました。

image1-3_201611150708328e8.jpg


image16_20161114232141374.jpg

ゴール後は、「完走メダル」に「フィニッシュタオル」、「完走証」と「ドリンク&ふく汁」をサービスして頂き、「とっちゃん」を待つばかり!

image2_20161115001058afd.jpg

TIME:3:44:44

image9_201611142321015dc.jpg

あれっ?昨日の目標3時間15分はどこにいった?・・・どこでさぼっていたかなぁ?(笑)
Sブロックなのに情けない・・・。

image10_20161114232104134.jpg

「とっちゃん」と完走を讃えあい2ショット!

image11_20161114232106937.jpg

image12_20161114232107180.jpg

ゴール時の気温21℃・・・2日前から身体慣らし入りしていたんだけど効果無しに、暑さに弱い山猫にリベンジの大会が増えちゃったなぁ~(笑)

image13_20161114232135b3e.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる