FC2ブログ

2017 横須賀米軍基地マラソン

2017年3月12日 日曜日

「日本の中にある外国」・・・神奈川県横須賀市のアメリカ海軍基地内で毎年行われているハーフマラソン・・・に以前から興味津々
いつも何かの機会に参加したいと思っていましたが意を決して・・・「エントリ~」


image1_2017040423295162a.jpg

正直なところ「エントリー」というよりは「ツアー」の申し込み!
開催場所が米軍基地のため立ち入るのが難しく「入国→参加」は旅行会社のツアー企画で!

image2_201704042329527a6.jpg

ツアーには参加条件があり、「ONE TOKYO」のメンバーで、16歳以上・「パスポート」などの身分証明の提示が必要となります。
個人的に基地内に入る手段はありますが、雰囲気を楽しむためにもツアー申し込み!
オプションで基地内バスツアーをチョイスしたので大会当日がとても楽しみです。

image3_20170404232953484.jpg

-大会前々日-

大会前々日に横浜のホテルへから歩き「関内駅前」「横浜スタジアム」を通り抜けて夜の「中華街」をぶらぶらと。

image4_20170404232955757.jpg

image5_20170404232956796.jpg

さすがにレース前日に中華たらふくは?との思いで・・・1日空ければ何とかなるだろうと今日が「たらふく食べちゃう」!(笑)

image6_20170404233009646.jpg

image7_20170404233011304.jpg

image8_20170404233012bf0.jpg

-大会前日-

早朝はいつものようにホテルの部屋を飛び出して観光ラン!
「山下公園」「氷川丸」「赤レンガ倉庫」「日本丸」「パシフィコ横浜」・・・。
んっ?「パシフィコ横浜」?
一年前に「2016横浜マラソン」で駆けた場所!
コース上に設置された多くのエイド(食べ物)に目もくれずに激走った記憶が蘇る~・・・。
「エントリー代メチャ高かい想い出マラソンは、今年から秋の開催へと変更になりました。」

image9_2017040423301404a.jpg

と、余裕で観光を愉しんだ後に、明日の集合場所が気になったので確認すると「横須賀中央駅近くの某ホテル前に朝の6時に集合!」・・・んっ6時?
集合時間を余裕で勘違い「ちょっと早くない?」と、不安になり調べてみると横浜からの下り電車が・・・「ギリぎり!」
全く余裕が無いと言うか・・・、宿泊先のホテルからだとかなり厳しい状況なので横須賀近辺でホテルを探索・・・も「部屋無し!」「空き部屋が高っ!」・・・と悩む中で1部屋だけ?空室の「横須賀駅近のカプセルホテル」へと前日夜に滑り込み(笑)

image10_20170404233015aa1.jpg

-大会当日-

まだ暗い早朝にスーツケースを引きずり集合場所へ向くこと10分・・・。
夜が明けようとするホテル前にはまだ人の気配も無く、1人寂しく待つ中で添乗員らしき人物が歩いてきたのでツアーの確認と挨拶を交わしているとバスが2台到着!

image11_2017040423302951a.jpg

バスはあらかじめ乗車位置が割り振られていて指定された席に座ります。
相席ではなかったため一度預けた荷物を受け取り隣の席に・・・「よいしょ!」
・・・荷物が他の人より多いもので(笑)

車内での説明では、先頭の1号車はマラソン終了後の基地内ツアーの無い車両で、乗車した2号車は昼食後にオプショナルの基地内見学が用意されたバスとなっていました。
2台のツアー用のバスはホテル出発から5分程で「アメリカ海軍横須賀基地ゲート」に到着!
・・・多分ここは基地の「裏門」かな?

image12_20170404233031e27.jpg

バスはゲート前で停車し係員からパスポートチェックを受けた後に「訪問者シール」を個々に受け取りました。
「貼っても直ぐに剥がれちゃいますので!」の説明に・・・えっ?意味無し(笑)

image13_20170404233032e6f.jpg

ゲートを通過して最初に向かう場所は体育センター!
バスを降りる前にはセンター内で、トイレとロッカールームでの着替えや、荷物を預ける場所として利用可能!・・・との現地説明

image14_201704042330347da.jpg

車内で「ゼッケン」「計測用チップ」に参加賞の「ロングTシャツ」を受け取ります。

image15_20170404233035c30.jpg

image1_201704042330555cd.jpg

どうやら体育センター横がスタート&ゴール場所となる雰囲気だけど、会場の準備が始まっていない様子・・・。
8時スタートまで1時間半をどのように過ごそうか・・・。
周辺探索しかないよなぁ~(笑)

image2_20170405001713e94.jpg

体育センター2Fから外を臨むとは目の前に「東京湾」が広がり、「猿島」を見渡すことができます。

image1_201704050017124ea.jpg

会場も準備が始まりバルーンゲートも設置され次第にテンションもアップ!

image3_20170404233057fad.jpg

現地の説明では荷物は施設内で預かっていただけるはずが・・・突然「無理」と言われ。
ツアーの最終案内には、レース後にシャワールームが使用出来ると記載されていたのですが・・・これもダメ!
スタート集合時間もハッキリしない・・・なんとなく予想してましたけど。
ゴール後の集合時間は?・・・バスに時間を掲示しておくとのこと・・・。
・・・と、こんな感じなので緊張感が沸くわけもなく(笑)
遠くはなれてもいつ何が始まるかわからないので、近場をウロウロしながら国旗が掲げられている場所を行ったり来たり・・・。
スタートまで45分のもてあます暇な時間(笑)

image4_2017040423305920d.jpg

image5_20170404233100a64.jpg

スタート15分前に会場に参加者が集まり始める様子を見ると、セレモニーがおこなわれるようなので・・・結局アップ無しで集合!

image6_201704042331015fb.jpg

スタート前には集まったランナーに声をかけられて写メを「パシャパシャ!」
今回はプチなコスプレで、頭に「耳」とおしりには「シッポ」・・・何やら海外女子様にうけている様子・・・とてもビッグな女子達に・・・(笑)

image7_2017040423311410a.jpg

image8_20170404233116ded.jpg

ツアー仲間とも一緒にアメリカンな雰囲気を愉みます。

image9_20170404233117d20.jpg

image10_20170404233119596.jpg

午前8時・・・気温10℃!見あげた曇り空の下の風が吹きつける中でバルーンゲートをスタートします。

image11_2017040423312053d.jpg

マラソンは、「基地内で働く人たちで開催するアットホームな大会」
4回目となるツアーは、パスポートを持って日本の中で異国雰囲気を愉しむイベント!
コースは基地内の外周を3度周回する「13.1マイルレース」・・・「21㎞のハーフマラソン」です。

image12_20170404233131f10.jpg

スタート直後は、大きな体格で猛然と走る地元?ランナーに刺激されついつい負けじとスピードアップ!
2㎞地点で前を走る十数人の後姿を追って・・・。
なぜか「ガチ」で走ってます!(笑)
特に沿道には応援も無くひたすら前に前へと・・・。
んっ?背後から迫り抜き行くのは・・・
「school boy?」
「junior high school student boy?」
と、心でつぶやき・・・うわっ、脚が長っ!おじさん短いけど負けられない(笑)

image13_20170404233132f71.jpg

走る姿は見るからにピッチ走法で?・・・多分大きな外人の中だとそう見える(笑)
1周走り終えてジャスト30分!苦手な周回は2週目に・・・同じ光景かぁ~!
・・・と言うことで早くも10㎞地点でスピードダウン

image2_20170404233155bc0.jpg

image14_20170404233134d69.jpg

脚を止め、大きな空母を修理している光景を金網越しにキョロキョロとみている自分が子供のように思えちゃったりして(笑)

image3_20170404233312d5f.jpg

コース上には4箇所の給水が設置され、要所には誘導員もしっかり任務?についていました。
全体的に声援は若干名・・・交差点の赤信号は止まる? 最初は悩んで止まっちゃいましたけど。

image7_20170404233215fc6.jpg

プチなコスプレに目を惹いたのか「ナイスラン・タイガー!」と声援を受けるけど、
「タイガー」じゃなく「ネコ」なんだけどなぁ~。
image3_201704042331572f7.jpg

ところどころで、ジャンボ異国人とのジャンピングハイタッチで左手の傷みを感じながら3周走り終えて完走!

image4_20170404233159b5c.jpg

ゴール直後には完走メダルを受け取って、会場に用意された「ピザ」と「フルーツを」嗜みます。

image5_201704042332007cf.jpg

image6_20170404233213fab.jpg

レースの雰囲気を愉しみ走り終えた後には各自で昼食タイム!
バスへの集合時間は1時30分・・・2時間以上の時間があるのでツアーで知り合ったランナーさんと3人で行動することになりました。
・・・とりあえずファーストフード店が並ぶフードコート探索へ歩き出発!
色々と眺めたあげく「サブウェイ」をチョイス!支払いは「日本円」の場合おつりがドル?のためカードの利用がベター!
今回は持ち合わせていたドルで「現金払いでお願いしま~す!」

image8_2017040423321652f.jpg

昼食後は「時間もてあまし3人組」で桜咲く基地内をウロウロと(笑)

image9_201704042332177c2.jpg

image10_2017040423321914a.jpg

ゆったりした自由時間も終えてバスに乗車し、これから基地内バスツアーがスタートします。
バスの中で個々に記録証を頂くと、「あれっ?タイムが違う・・・。」「まっいいか~」(笑)

image11_20170404233231f5f.jpg
                             記録証

気になる見学コースは・・・午前中に走った「マラソンコースを、ほぼ・・・8割巡り」(笑)
・・・予想通りのコース!他に行くところはないものね~。

image12_201704042332327d8.jpg

とりあえず、基地といっても居住生活エリアは町並み感覚でバスは道路を走り行きます。
ちなみに道路は日本と同じ左側通行!
バスを止めて降車しても規制はたくさん・・・「入っては・・・撮ってはいけません!」

image13_201704042332348cb.jpg

image1_201704042331544a5.jpg

とにかく目につくのは、横須賀を母港に停泊中の空母「ロナルド・レーガン」!震災時に「トモダチ作戦」の一翼を担い助けてくれたことが記憶に残っています。
海面からの高さがビルの20階に相当する全長333mの姿を間近に見ると・・・「でかい!」
船内には4400人の生活の全てが揃い、一つの町に相応する規模の電力と造水能力を持つ巨大な鉄の塊・・・は圧巻!

image14_20170404233235e3b.jpg

ツアールートは、バスに同乗している現地案内役の「Michaelさん」お薦めのスポットへと向かいます。
ビルの5階から港を眼下に一望できる場所に案内していただきました。

image15_20170404233237222.jpg

image16_201704042332497e3.jpg

ツアーの終盤は港近辺をサラッと移動。
撮影NG場所もあるので軽く流す程度でバスは先へと進みツアーを終えます。

image17_20170404233250827.jpg

image18_20170404233252432.jpg

ハーフマラソンの参加者は米軍関係者を合わせて250人ほど。
制限時間が3時間30分の緩やかな大会で、現地説明のとおり「町内運動会」的な雰囲気の中でおこなわれました。
エントリー代や手数料を含むツアー料金は1万円ほどで、1時間弱の基地内バスツアーはプラス1,000円で参加できますので、異国を感じ取れる数少ない機会だと思います。


image2_20170404233311cd4.jpg

後に完走賞として「保冷バック」を頂き、ツアーも終了しバスは基地を後にして横浜中央駅とJR横須賀へと向かうバスの中でまたの再会を誓う3人でした。

image1_2017040423330994f.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ゆるラン

ガチな大会じゃなくて非日常を愉しめるハーフでしたよねー!
山猫さんが北海道から参加…と聞いてすごーく驚いちゃいましたけれど、良かったらまた来年も走りに来てくださいね〜
次回は鎌倉案内しますよっ

いろいろな意味で思い出に残る大会でした(笑)神戸、大阪、東京であれば、観光案内できますので…マラソン大会に参加の時はご連絡くださいね(^O^)

想い出を創りましたね!

ツアー仲間・・・その1&その2さん

ツアーご同行ありがとうございました。

鎌倉に案内してくださいね!
神戸、大阪、東京をを楽しませてくださいね!

そして、ぜひ北海道にも足を運んでください。

あっ・・・。その2さん早々にエントリーありがとうございます。
きっと、その1さんも後を追ってきますよ~(笑)

オフ会楽しみにしています!
プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる