FC2ブログ

9th 北見ハーフマラソン大会

2017年10月8日 日曜日

「秋の空」「秋の大地」「秋の薫り」
北海道もランニングシーズンの終盤戦のこの時期は、各地で多くの大会が開催されています。
3連休のなか日の今日は、北見市で9回目となるマラソン大会が開催されました。

image1_20171011052900e1c.jpg

北見は山並みに囲まれた盆地で、この時期の早朝に広がる雲海が見るからに寒そう。

image3_201710110529024be.jpg


7時に会場に到着してみると見渡す空は雲一つ無い快晴!
・・・予想最高気温22℃
風は・・・毎年このコースは風が強い印象があるのだけど・・・。
とりあえずテントを設営して準備完了!
あとは仲間を待つだけとなり、ひと頃落ち着き大会の受付へと向かいます。

image2_201710110529022ae.jpg

大会は今年で9回目となりますが、昨年まで日本陸連公認のコースによる大会でしたが、今年はコース上の都合により公認コースとはなりませんでした。
多分コースの一部が工事による迂回・・・ため?・・・だと思います。

image4_20171011052904c15.jpg

4周連続のラストレースとなる今日は
連戦の疲れ?よりも悩ましき腰痛のため「10キロのエントリー」が功を奏しました。
ハーフにエントリーしていたら腰の痛みに耐えられません。

人のまばらな秋晴れの中でひときわ目立つ「シャンシャン」・・・ではなくて、「パンダ」に声をかけてゲートをバックに写メの取り合い意気投合!
「どこかでお会いしたような・・・。」

image5_20171011052905059.jpg

おっ!釧路マラソンクラブの若き特急ランナーと「パシャ!」

image6_20171011052919d99.jpg

テニス仲間と「パシャ」

image1_2017101105295451b.jpg

集まったのは「ノース・ウインド」&「ジャック・スパロウ!」・・・やはり決めてきたか!
しかし、その姿のままで街中を歩いてくるなんて・・・。目立ちすぎだわ(笑)

image7_20171011052920ab0.jpg

ラン友たちみんなが受付を済ませて9時スタートのハーフ出走の準備を始めます。

image8_20171011052922daa.jpg

さてと・・・今日の腰痛「山猫」はいつもの山猫とは違います。
エントリーしたからにはDNS回避でFUNRUN選択!
どうせ FUNRUNであるならば・・・10キロを愉しむために初の体験を!
前夜に小道具まで仕込んで、キョロキョロと周囲を見渡し着替えるタイミングをはかります・・・。
「正体がばれないように・・・」
ハーフ出走15分前にテント内で着替えたのですが、背中のジッパーに手が届かない(笑)
・・・富樫さ~ん。チャック閉めて~・・・「正体がばれた」!仕方ない(笑)

image9_20171011052923784.jpg

みんな爆笑してくれたけど、はたして「走れるの?」
わからないけど「10キロだから何とかなる・・・かな?」
なぜかポーズは自然にスパイダー(笑)

image10_20171011052925b89.jpg

いつも元気なラン友家族と一緒に

image11_201710110529349a0.jpg

「進」とルイージ「みきちゃん」と・・・・・手から蜘蛛の巣を出して、お土産ぶら下げている姿が人間ぽい(笑)

image12_20171011052936a34.jpg

「ミントちゃん」「山蜘蛛」「ジャック・スパロウ」・・・一貫性が無い組み合わせ?

image1_2017101105304887b.jpg

走る前から十分楽しみました。
大人から子どもまで声をかけてくれなかなか忙しい出走前のひとときを過ごします。
抱きついてくる子どもも多く、時には泣く子もいますけどね。
女性には不人気ですが、オタクっぽい方の写メ要望多数(笑)
「やっつけてやる~」・・・と股間にパンチされたときは「うっ、泣きました」けど

ハーフの出走を見送り声援を送りますが、反応が今イチ・・・
「山猫」だとわからないよね~!

image4_20171011052958a42.jpg

ハーフのスタートから50分後に10キロの部がスタートとなります。
すでに全身汗だく・・・気温は徐々に高く風も期待ほど微風
で、予想以上にやばかったのが「前が見えない」!
メッシュ越しに見る外はメリハリが無くてコースがわからない(笑)
前を走るランナーについていくしか無い状態・・・
さらに、スマホを持ち走りますが、指を露出しないとタッチが無反応なので急きょ指先穴開けに奮闘。
スタート待ちの脇でおばちゃんたちが
「何だっけ、あの黒いの?」「スーパーマン?」
「あんた顔を出しなさい!」「苦しいでしょう!」
・・・「出したら意味ないし(笑)」
「あんたトイレどうするの?」
・・・「我慢しますよ」
「出してもわからないかもね」
・・・「えっ!」
「あんた若いのかい?」「だしてみな!」
・・・「無言・・・。」「何を出せと」
「顔でしょ!」
・・・まぎらわしい~。
完全に遊ばれています。おばちゃんたちに

さぁ~。10キロ部がスタート!
スタート後は公園内の会場周囲のトラックを一周して、河川敷堤防を越えて市内を走り、橋を渡り川を超えてロードを走りまた橋を通過して最後は会場トラックを再び一周してゴールとなります。
しかし実際は予想以上に呼吸が困難な状況にかなり焦りが、徐々にスーツが口に貼り付き呼吸ができない~!
酸素が取り込めず、高地トレーニングのような過酷さにアップアップの「山・蜘蛛」

image5_20171011053000cf8.jpg

結局ファンランと思いながら、早くゴールしたい一心なのに前が見えないジレンマが。
そのためにぺーサーを見つけて背後に貼り付き、ゴール間際の直線400mでお先に失礼させていただきました。
コース沿道からの「ショッカー」頑張れ~・・・
「はっ?」違う違う!「スパイダー」です~。
「シャドーマン」頑張って~・・・
違う~!「影じゃない~」
ほんとうに大きな声援を受けていたので「とぼとぼ」歩くこともできず、結局苦しいので風
を受けるために走りきりました。
そして残るゴール手前300mは大きな声援の中をラストスパート!

image6_20171011053011e06.jpg


TIME:0:45:43 
年代別10位(仮装部門2位・・・笑)

ゴール後の撮影会が終わらず水が口にできず。・・・水・・・水(笑)

image7_20171011053013696.jpg

「完全コスプレ!」良い経験させて頂きました。

走る姿をみて愉しんでくれたかなぁ・・・。
んっ?問題の腰痛は・・・。
全身ボディースーツで身体が固定されたおかげで調子が良い・・・のはなぜ?
とりあえず無事に完走できましたよ。

表彰式で入賞者に声援を送ったら・・・誰?・・・(笑)
後藤さん「私です」・・・

image8_20171011053014645.jpg

女子9連覇死守のラン友は怪我をしているにもかかわらずごいの一言。

image9_201710110530161b2.jpg

ゴール後は「グルメストリート」でジャック・スパロウと屋台選びでうろうろと。

image10_2017101105301709f.jpg

やっと会えたとラン友と「パシャ!」
しかし一緒にいる「ジャック」の人気ぶりにはもう笑うしかない。

image11_20171011053033308.jpg

ご当地玉葱の「詰め放題」に夢中な友人達・・・「300円です」

image12_201710110530342b9.jpg

気が付くと秋を感じさせる「トンボ」がたくさん空を舞っていました。

image13_20171011053036ebc.jpg

大会終了間際には会場で玉葱やポカリゼリーが配布されていて、
えっ!ポカリゼリー2個もいただける?(笑)

image2_20171011053050511.jpg
今日も1日大会を満喫させて頂きました。
大会運営の皆さんありがとうございました。
そして多くのラン友のみなさんおつかれさまでした。
山猫の北海道道東のシーズンレースは全て終了しました。
また、来年愉しませて頂きます。・・・・・・撤収!

image3_2017101105305161b.jpg


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる