FC2ブログ

5th スノーエンデュランスフェスティバル

2018年1月28日 日曜日

会場は北海道の中央部に位置するスキー場
旭川 「カムイスキーリンクス」

image1_20180205232944150.jpeg

息凍る早朝に車を走らせて早朝から4時間のドライブ!

image2_20180205232325dba.jpeg

フェスティバルには一昨年におじゃまして雪の中を駆けて以来の「厳冬レース」
時期的に駆ける大会が少ない冬の季節の北海道では貴重なイベントの一つです。

image3_201802052323278a6.jpeg

種目は「Snow Run」(5K・10K)「Snowshoe Run」(5K・10K)「Fat Bike」(6K)の5競技
タイムテーブルでは複数種目をエントリーすることができるので朝から午後まで楽しめます。

image4_2018020523232875e.jpeg

会場に到着して申し込んでおいたスノーシューのレンタル手続きを・・・初体験なので説明頂いて(装着法)受け取ります
やはり「歩行練習必要かなぁ・・・?」

image6_20180205232331179.jpeg

朝9時に会場に到着して時間に余裕があるため「Snow Run」の応援へと・・・。
知り合いのランナーに声援をかけます・・・「転ばないで~」

image5_2018020523232918f.jpeg

降雪交じりの天候ですがゲレンデは時間と共にスキーヤーやボーダーの数が増えて賑わってきています。

image7_201802052323455fd.jpeg

「Fat Bike」も6キロと同じ雪上で「Snow Run」と同じコースを設けて開催されます。
観ていると楽しそう。でも、辛そう・・・

image8_20180205232346971.jpeg

朝から会場周辺の雪の上に3時間いたため・・・寒い、めちゃ寒い。
会場テントで飲む臨時で出店していたコーヒーは格別!

image9_201802052323486ed.jpeg

エントリーしている「Snowshoe Run」の受付は11時45分から・・・朝から暇な時間が多く到着早すぎたようでした(笑)。それでもうろうろしていると15分受付を早めにしていただき「ゼッケン」「計測チップ」「参加賞のゲーター」に「ゴンドラ券」をGET!
頂上のスタート場所には12時40分までに集合!との説明

image10_20180205232349673.jpeg

初めての体験に「ドキドキ・ワクワク」
今日体験して楽しめたのなら長い冬の間の遊び道具としてスノーシュー買っちゃうもくろみ(笑)

それなりに準備を整えてゴンドラへ向かうところでラン友との再会!
聞くとラン友も初レースとのことでご一緒にゴンドラに乗りゲレンデ頂上へと向かいます。

image11_20180205232351be0.jpeg

見上げると頂は見えない曇り空・・・天候が変化する中をゴンドラは山頂まで揺られながら10分ほどで到着!

image12_2018020523240249d.jpeg

山頂に到着して下界を眺めると米粒のように見えるスキーヤーの場所に駆け行く・・・のだと。

image1_20180205232430e10.jpeg

集合時間までは山頂ロッジ内で待機して、経験者からレクチャーを受けました・・・それでも使ってみないとわからない。

image2_20180205232431df8.jpeg

スタートまでに注意事項など説明を受けてスタート位置へと歩き出します。
この時点で初めての「洋式かんじき」にかなりの違和感!(笑)

image3_20180205232433836.jpeg

時刻もせまりスタート位置に並びみんなでカウントダウン!13時スタート
5K・10K共にスタートして数百メートル先でで互いのコースを分かれます。

image4_20180205232434e6b.jpeg

スタート後はとりあえず一列に並びの行進で前者について行くだけの歩きの段階!
そこから直ぐに5キロ組と分かれるとコースはいきなりの急滑降・・・・。も、速攻で転げ落ち(笑)
意外に埋まるスノーシューに「悪戦苦闘」で美しい雪山の風景を目の当たりにしても撮影する余裕は皆無!

image5_20180205232436a55.jpeg

山を下れば登りあり・・・ビギナー山猫はとりあえず列について行くだけ!

image6_201802052324505ee.jpeg

一列で先を急ぐわけですが、実際のところ列に並び進んで行くとペースに余裕があっても列を離れ雪深き新雪場所を進む覚悟が必要で先を越せないジレンマが発生しますが、意を決し真後ろの「ポニョ」ちゃんとコースはずれて進んだところ雪の抵抗の辛さを思い知らされて「ヘロヘロ」状態に。
先頭はみなさん交代しながら先へと進む様子を見て後続はとても楽で申し訳ありませんでした。
雪深き道無き山の中を進む先頭シューランナーはかなり過酷だと感じました。

image7_20180205232451fcc.jpeg

天候も雪が舞い散る曇り空の下で先へと進みますが、気温の低さは感じない程度の山中ウォーキング!

image8_2018020523245333e.jpeg

山頂近くに戻り5キロのコースに合流して関門チェックをパスしてからは・・・いよいよ下りのコースへと進み「さぁ、駆けるぞ~!」と気合い十分で急斜面へと挑みます。
後続の女性トップランナーが急斜面を猛スピードで滑降して追い越してしていくので、続けの勢いで調子に乗ると、シュー先が雪深く入り込み幾度も転倒・・・。雪深い斜面で6度のダイビング!
金具からシューズがはずれ雪に埋もれた「洋式かんじき」を手探りで探すことも数回(笑)
調子良く全力で駆け降りたら、ブレーキが効かずに立木に激突寸前で抱きつき樹上から「ドサッ雪」が・・・漫画の世界でした(笑)

image1_20180206201501e17.jpeg

後半は「バタバタ・ヘロヘロ・ぐっだぐだ」になりながらも距離は8キロ手前となり、残りあと2キロほど!
ところがコースが林道らしき場所となりスタッフの数が徐々に増えてきたその先は・・・あれっ、いつの間にかゴールじゃん(笑)
とりあえずは無事に下山してゴール下を駆けました。自測では距離8.3キロ・・・むむっ?

image9_20180205232454758.jpeg

初体験の「Snowshoe Run」!
とても楽しめましたので冬遊びの道具としてスノーシュー買っちゃいます。
みなさんからレクチャー受けたので・・・(笑)

あつ!レース後に痛む脚を見てみると、内くるぶしが変わり果てた姿に・・・。
スノーシューが当たり真っ黒く腫れ上がった状態に痛みがピーク!
シューズはくるぶしを隠すハイカットシューズを履かないとだめかなぁ(笑)

本日、大会事務局スタッフおよび関係者のみなさんお疲れ様でした。
入賞したラン友のみんなおめでとう!
前田さん準備運営たいへんありがとうございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる