FC2ブログ

2018 第18回 利尻島悠遊覧人G

2018年6月3日 日曜日

離島でRUN! PART2 <利尻島編>

今年はリ・ベンジ!
島から島へと
「礼文島」からフェリーで「利尻島」へと上陸!

image8_201806122036319ed.jpeg

昨年は低気圧による荒波で前日に島への上陸を断念!
大会当日の朝に乗船して大会事務局のお計らいにより4時間遅れのスタートに「あたふた・どたばた」(笑)

image3_20180612203501246.jpeg

今朝は荒波にもまれながら「礼文島」へと向かい、ふらふらながらも10キロ走を楽しみ、午後からふたたび「利尻島」に向かうフェリーに乗船しての移動に、朝の大揺れを経験したばかりなのでかなりビビっていましたが、穏やかな海原を移動して揺れのないいつも通りの船旅に「ホっと、一安心!」

image4_20180612203503c0d.jpeg

港に到着してからは、ホテルのお迎えで大会会場へ行き受付を済ませてからホテルに向かうお決まりパターン!

image5_201806122035049b7.jpeg

今夜はお楽しみの「前夜祭」!仲間が集まる顔合わせの場所・・・。
の予定でしたが、今年は昨年仲良くなった地元の方のお世話になることになり一人不参加でホテルでお見送り。
お呼ばれ時間までは、目的の1つでもある名湯「養峰の雫」に浸かりのんびり一人湯でまったりと。

image6_20180612203505171.jpeg

おもてなしを受けたこの日は時が経つのが早く気がつくと2時!
4時半にはホテルを出発し会場に向かわなければならないので、さすがに「おいとまします~」
外は薄明るく陽が昇る~(笑)

image7_20180612203507f17.jpeg

2日目の朝

ホテルから移動するバスでラン友との再会して、今日の「後夜祭」後の2次会は決まりということで!
会場に近づくと空には虹が映り早朝からテンションを上げてくれます。

image8_201806122035187bb.jpeg

昨夜会えなかったラン友のみなさんと合流してスタートまでの時間を楽しみます。

image9_201806122035201d9.jpeg

今回は「クマ出没」が報道される中で開催される大会ということでもあり、TV局があちらこちらにカメラを構えて取材攻勢!
「鈴はもっていますか?」「クマに会ったらどうしますか?」・・・などなど。
鈴?用意していません・・・。」と答えると、画にならないらしく取材終了!(笑)
スタート前の恒例の集合写真を撮影して、時間ギリギリまで写メタイム

image10_20180612203521cb3.jpeg

みなさんと談笑するいつもの楽しい貴重な時間

image11_201806122035230f0.jpeg

やはりリピーターが多い大会のためあちらこちらに顔見知りが・・・。
挨拶するだけで、あっという間に時間が経過~!

image12_201806122035248d0.jpeg
*金太郎姐さんは今年のベストパフォーマンス賞獲得しました。

ごめんなさ~い・・・みなさんとの写メを載せきれません。

image13_20180612203539cff.jpeg

スタートはいつもお決まりの最前列で「位置について」が定番です。
来年のポスターのためだけなのですけどね(笑)・・・。今年は実行委員長の隣に並びスタートダッシュ!

image15_20180612203542f2e.jpeg

スタート後は島を反時計回りに55キロの海岸線を島一周のコース設定!
今日は15キロ地点までは猛烈な向かい風が吹きつける最悪なコンディションで体力を奪われながら前へと駆け行きます。
「舞ちゃん、山猫が壁になる!」と行ったけど・・・「あれっ?ついてこない?」(笑)

image16_2018061220354414a.jpeg

コースエイドでは島民のボランティアの方達が心暖かくランナーを迎えてくれます。
いつもはいない報道各社の姿も見えていたので「いい画撮れましたか?」の逆取材(笑)

image17_20180612203545a67.jpeg

スタートの「鴛泊」から「沓形」を過ぎた頃には風向きも変わりその後は風も和らぎはじめてきています。
しかし、ゴールまで3/4の距離の現実に・・・「まだまだ先だなぁ」

image1_201806122036094ee.jpeg

後方にいたサブちゃんが「チリンチリン」と鈴を鳴らしながら迫り山猫を抜いていきます。

image2_20180612203610001.jpeg

暑くもなくランナーにはちょうど良い気温となりましたが、時間的に陽が差すと急に暑くなります。常に右手に日本海の海岸を見下ろし、そして左手には利尻山を見上げて風景の変化を楽しむ自然豊かなコースは贅沢な時間の過ごし方と自負(笑)

image3_20180612203612e1d.jpeg

ところでレースはというと・・・。
山猫は普段通りのペースでスタートから挑むも、17キロ付近で股関節が痛み速度が落ち始めてしまい、42キロ地点では3時間50分ほどのタイムでなんとか通過したものの・・・。

image4_201806122036135ff.jpeg

予測通りに長い距離に足の痛みに耐えかねて47キロからゴールまでオール・ウォークとなりました。

image5_20180612203615ec2.jpeg

こうなれば特に急ぐ必要も無く、後続のランナーに声をかけられながらダメージの低減に努めること最優先!
明日は利尻山にアタックするためにも体力温存?・・・ちょっとオーバー!
しかしゴールは遠い!走るのと違い道のりが長く感じる!誰も一緒に歩いてくれないので寂しぃ~(笑)
最後は結局、失速「うさたん」と供に地元の子供達と手をつないでゴールイン!
いつもより1時間も遅い~。

TIME: 5:37:30


image6_201806122036288b9.jpeg

ゴール後は用意された「軽食」に手をつけず、頂いた「入浴券」も使わずに、後夜祭までの4時間で癒しの湯に浸かるためお迎え願いホテルへと直行!
名湯にゆったりとじっくり浸かり、島民の人生の先輩たちや漁師さんの貴重な笑い話に包まれながら湯船にふやけるほど・・・この間にかなりやばい大人リアルな話も交えて「冷や汗大爆笑」の交流に「サブちゃん」「にしやん」と「山猫ホテル利尻~ズ」の結成を誓う我らおじさんランナー3人組!

image7_20180612203629bd8.jpeg
*素っ裸の会合はお見せできませんので御想像にて・・・今日の「利尻富士」でご覧下さい(笑)


3時半に再び会場に戻り「後夜祭」の開催時間まで再び多くのランナーと集います。

image14_2018061220354140f.jpeg

4時半に開催される「後夜祭」はランナーにとって締めの晩餐会!
完走した人も完走出来なかった人も大会を無事終えて盛り上がる時間です。
もう・・・食べたり飲んだり出来ません。知り合いも多く挨拶回りで大忙し(笑)

image9_20180612203632435.jpeg

時には意外な方達からの声をかけられ苦笑い。
「山猫さ~ん」
「はい・・・。」
「確か北海道マラソンのエイドで差し出したビールを飲み干した唯一のランナーらしい」
「えっ・・・?」「た、確かに・・・」と、言うことは「初対面じゃ無い!」(笑)・・・再び意気投合!

image10_20180612203634217.jpeg

会場では「利尻悠遊ランニングG」チームにも加入させていただき・・・。
んっ?「飲んべぇ~」チームであることに気がつくも、時すでにタイムアウト~(笑)
ほろ酔い気分で時が過ぎて会場を後にしてホテルにお帰りの時間となりました。
島から見上げる夕陽はまだ明るい!

image11_201806122036470e9.jpeg

さぁ~ホテルに帰って2次会突入~・・・「山猫ROOMの解放~!」
いつも毎度このパターン(笑)
この時間はつなぎの時間であって、まだ外は明るいけど、行っちゃう?例の場所に?
電話予約をサブちゃんに任せて、いざ出陣

「BISTRO-YA Coelacanth」

image12_201806122036498ba.jpeg

とにかくおしゃれなイタリアン・ビストロですが、リピート確実な名店です。
なぜこの場所に?と頭をよぎるほど美味しいお店です。
(利尻島沓形地区のみなさんが羨ましいのです。)

image13_20180612203650e33.jpeg

「利尻島」で
いつもの仲間と
新たな仲間と
楽しいひとときを夜明けと供に
陽が沈んでも・・・島の中で「大人遊び」
利尻島のみなさん今年もありがとうございました。
また、来年お会い願います!

あっ!この名店に行けずに終わった・・・。
明日はいよいよ「利尻山」に登頂~!
ところで、クマった「熊」はどこ行った?

そして、離島でRUN!は、PART3 <奥尻島編> へと続きま~す!

image14_20180612203652732.jpeg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる