FC2ブログ

2018 利尻山へとアタック!

2018年6月4日 月曜日

海を越え渡った「クマ」が生息し始めた話題の島のてっぺんへと・・・

「利尻山」の頂にチャレンジ!

image2_201806140540391d5.jpeg

「RISHIRI ISLAND」贅沢制覇計画!
1日目 利尻山を見上げながら山裾海岸線を駆ける島1周55キロラン!
2日目 利尻山に登頂して山頂から島全体を見渡す贅沢アドベンチャー!

天候は? 「降水確率0%で快晴とはいかずとも予報は上々」
装備は? 「残雪・雪渓がまだ残っているけどアイゼンは不要」
体力は? 「脚の痛みはあるけど大きなダメージは無く登りより、下山にやや不安」
クマは?・・・「島には報道関係者の姿も多く不安は無いとは言えない・・・なぁ」

image6_20180614053827525.jpeg

前日に滞在先のホテルに届けた「登山計画」に基づいく計画登山!
朝4時に目が覚めたけど、2日前から遊びすぎの身体はなかなか目が覚めず・・・。
早朝から名湯に浸かりホテルの車で4時半に待ち合わせ場所の登山口のキャンプ場へと送って頂きました。
ここは「利尻北麓野営場」利尻山の標高の低い3号目付近となる場所

image1_201806140612127c2.jpeg

今回は「利尻悠遊ランニングG」のメンバーに同行登山させていただきました。
「クマ」の影響で一人入山の不安を払拭できず、2日前にフェリーの中でラン友M氏に相談して偶然登山するというお仲間を紹介していただき、到着した現地の状況を判断材料にしてアタックを決行!

image3_201806140538250fe.jpeg

島に上陸する前から観光協会に「クマ情報」を問い合わせてみるなどして情報収集など気になる存在
いろいろな方に話を伺うと、近年は島に生息していなかっただけで道内のあちらこちらに普通に生息していますし、札幌市内の住宅地にも現れますから・・・。
・・・たしかにね。

同行者との待ち合わせ場所には知り合いのラン友家族の姿も・・・。
何とも心強い!すでに頭の中から「クマ騒動」はどこへやら?・・・(笑)

image9_20180614053831b6e.jpeg

アタックの開始は5時30分!
当初の計画では宿泊先から最も近い「沓形コース」を登山口に・・・しかし山頂近くは崩落の危険性があるとの忠告を受けたので危険を回避してビギナー用の「鴛泊コース」をチョイス!

image2_20180614061213381.jpeg

出発地点のキャンプ場から500mほど歩くと「甘露泉水」の日本名水百選に選ばれた水のわき出る場所
・・・「水の冷たさにビビった!」

image7_201806140538287fa.jpeg

標高270mの「3合目」から再スタート!

image8_201806140538297eb.jpeg

30分ほど針葉樹林帯の森の中を登り、標高390m「4合目・野鳥の森」に到達!

image10_20180614053841e59.jpeg

更に30分登り続けて標高610m「5合目・雷鳥の道標」に到着します。
1時間以上歩き続け・・・どうやら今日は気温が高くとても暑く感じます。
朝の装いは肌寒い感じでしたので若干装備を厚めにしましたが・・・暑く夏山登山と変わらない気候!
汗だくになりそうなので上着を脱いで軽装にならないと体力奪われそうです。

image11_20180614053842838.jpeg

休憩場所となる。「6合目・第一見晴台」は標高760mの場所にあり、さらに5分ほどで「トイレブース」が設置されています。

image12_201806140538446de.jpeg

image14_20180614053847c78.jpeg

この辺りから標高も895mとなると、ハイマツなどが自生する高山帯となり上空の視界が開ける低木林の中を歩きます。
「7合目・胸突き八丁」からは徐々に急な登りとなり、ペースが若干落ちてきます。

image1_201806140539171e1.jpeg

image13_201806140538464f9.jpeg

さぁ・・・。距離はまだ半分
ここからは木々も少なく本格的な山岳地帯となり、登山の醍醐味が味わえる場所となります。
足下も岩が多くなり滑りやすくなるため焦らずゆっくりとを心情に

image17_20180614053859411.jpeg

2度目の休憩場所となる「第二見晴台」に到着しそびえる山頂を見上げてみます。

image1_2018061405403706a.jpeg

展望が開けて周囲が見渡せる風景は目の前立つ山頂が間近に見える位置となり、その先に行く山の尾根もはっきりと確認できます。
標高は1200mを超えて「8合目・長官山」にたどり着きます。

image3_201806140539180ab.jpeg

そこから尾根を下ると目の前に現れたのは「利尻山避難小屋」の建物とトイレがあり、ここで昼食を摂り小休憩!中は広くて30人ほどが利用出来るようです。

image4_20180614053920948.jpeg

避難小屋を過ぎて直ぐに30mほどの平らな雪渓を抜けて更に上へと目指します。

image5_20180614053921974.jpeg

足下が崩れやすい火山層の地質を登り、さらに風が強く吹き付けるため注意が必要な場所となっています。標高1410m「9合目」となり、頂きが目前に見えてきますがこれから高さ300mを1時間ほどかけて登ります。

image6_20180614053923ac8.jpeg

1500m付近からは遮る物は無く風が強く吹き付けるだけの場所で、足下も滑りやすく危険も伴います。

image7_20180614053934fff.jpeg

時折後ろを振り返ると島の海岸線がはっきりと目に映り山の高さが実感できます。

image8_2018061405393613c.jpeg

沓形コースとの合流地点を通過してからの頂上付近は更に険しく危険を伴う場所となりますが、20分ほどで頂きへと到着!

image9_2018061405393766f.jpeg

その先に見える・・・目前に迫る50m先の杜を目標にラストウォーク!

image10_201806140539390cd.jpeg

午前11時に「利尻山北峰」 1719m登頂・・・「コースタイム5時間30分」

image11_20180614053940657.jpeg

頂上は風も無く島を一望出来る絶景の見晴らしに感動の一言!
上山中にすれ違った登山者が頂上に2時間もピークしていたと聞いたのですが・・・納得!

image12_201806140539581c0.jpeg

15分ほど天空を眺め360度のパノラマ見下ろすと、この場所が海に浮かぶ山であることを実感します。山裾の海岸線に集落があり波の大きさや風の方向が場所により変化し、雲の動きにより大自然の最中にいる感じはたまらなく爽快です。

image13_20180614054000c4a.jpeg

登頂への念願が叶い20分ほどゆっくりと時間を堪能し眺め終えて下山の途に
下山途中に何ともタフなランとも家族とすれ違い「頂上まであと20分」とエールを送ります。

image14_201806140540016b3.jpeg

いつも思うのですが、下山は上山よりも精神的にきつく長く感じることが多いパターン

image15_2018061405400380e.jpeg

下山開始から4時間30分
「クマ」に出会うことなく無事にキャンプ場に到着!

2日間で「島一周53キロRUN & 標高1700m登山(11キロWALK)」完了!
自然豊かな島をまるごと満喫させていただきました。
最後に、同行していただいた「高橋夫妻」に大変感謝致します。
歩きながら高山植物などの種類をを教えていただきながらの登山はとても有意義でした。

ありがとう「利尻島」~

image16_20180614054004c6a.jpeg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる