FC2ブログ

33th サロマ湖100㎞ウルトラマラソン

2018年6月24日 日曜日

ドラマチック感動のウルトラマラソンの聖地へ

過酷!
今年も「ワッカ原生花園」は自己との戦いの場・・・。

冒頭から正座で反省・・・。


image1_201806282152231d8.jpeg

移動は昨年おなじく前日にスタート地点の上湧別町へと向かい
夜明けを迎える会場での一泊は時間ロスを少なくする恒例の「テント泊」!

image2_20180628215224082.jpeg

前日に移動途中でゴール会場に車を置いて、設営されたばかりのゲートでいつもの寄り道ショット!

image3_20180628215226f1f.jpeg

さてさて、昼食はホタテや牡蠣の新鮮海鮮を網に乗せて「炭火焼き」・・・明日走ることなど忘れ嗜みます(笑)

image4_20180628215227a91.jpeg

湧別町に到着し受付会場で出会うラン友達と、これまたお決まりの場所で「パシャ!」

image6_20180628215229f9c.jpeg

今年の前夜祭は時間の都合で出席できなかったので会場周辺でゆったりまったり・・・だけどそんな場所も無くコンビニ弁当を購入してテントに戻り暇で余裕な時間を堪能!
今年はいつになくテント利用者が少なく賑やかさが無い感じがするのは気のせい・・・?

image7_20180628215241acb.jpeg

体調は特に問題なくとも気になるのは明日の天気・・・今日はお隣の網走市では30℃を超える暑さに身体はびびっていたけど、明日は20度前後の予想に午後には雨模様・・・。
暇だからもう寝よう・・・ラン友3人はご就寝!
ところが、深夜2時を過ぎた頃に突然テントを直撃する雨音が・・・「うるさくて寝ていられない~」
勢いのある雨は1時間ほど降り続け起きてみるとテントの中にも「浸水~」

午前4時のランナー集まる早朝の会場の空には雲の隙間から朝日が覗き始めます!

image8_20180628215242390.jpeg

<100㎞の部>

スタート前の広場では、集まる多くのラン友たちと声をかけあう忙しい時間帯に突入(笑)
会場はみんなの「走るぞ!」感が伝わるサロマモードの雰囲気に

image9_20180628215244b25.jpeg

ランナーが並ぶスタート位置には沿道にも人が集まり賑やかな光景が映ります。

image10_201806282152459d2.jpeg

午前5時の100㎞の部のスタートを見送り、町内を一周して再び戻り来るランナーにエールを送るため場所をちょっとだけ移動

image11_20180628215247381.jpeg

先頭集団の通過とともにランナー3600名が走り過ぎていきます。

image12_20180628215300f83.jpeg

まだまだ元気なスタートから数㎞の地点・・・「山猫」を見つけ元気に笑顔で手を振ってくれるランナーも多く!「どっちが応援?」
「ワッカで・・・!」「ゴールで・・・!」「31㎞でも応援するョ~!」

image13_20180628215302e03.jpeg

さてさて、31㎞地点に移動して「山猫」の出走ギリの時間まで声援を!

image14_20180628215303d0b.jpeg

午前7時を過ぎた頃には陽も昇り気温も上昇し始めて暑さ対策が必要な状況に

image15_20180628215304a62.jpeg

最後はコースを車で移動しながら声援を送りました。

image16_20180628215306475.jpeg


<50㎞の部>

午前9時20分・・・50㎞スタートの「佐呂間町100年記念広場」に到着!

image1_20180628215324edb.jpeg

到着すると雨が降り出してきてちょっと困惑
武道館に入ると声をかけてくれるラン友の姿も多くあっという間に時間が経過

image2_20180628215326261.jpeg

ところで・・・「ジョニー」は?
スタートで会うと約束していたジョニーの姿を捜していると
おっ!「かおりん」を見つけました。エントリーしていたんだね!

image3_20180628215327cbb.jpeg

午前10時のスタート時には陽が差し込み暑さもジリジリと・・・。
昨年はスタートダッシュで中盤に「ドボン!」
今年は気持ちセーブを意識して淡々と10キロ地点へと向かいとても順調なペース!
併走するラン友「さとぴょん」が「このままだと4時間ゴールだね」と・・・。
・・・いやいや・・・ムリ無理。ペース絶対落ちるって(笑)
<10キロラップ:0:50:15>・・・
安定ペース!
20キロほどまではペースをキープしていましたが、100キロの合流地点のエイドで足を止めて走り出したところ・・・脚が上がらず前に進まない!
んっ?あれ?始まりました・・・。走りたくない病(笑)に、「おいおい・・・。」
<20キロラップ:0:52:35>・・・
やばっ、遅れた!

image4_20180628215329d9a.jpeg

コースは苦手の「ワッカ原生花園」に入り、スピードを落としながらも30キロ地点に到達
<30キロラップ:0:58:20>・・・
うわっ、ガタ落ち!
ワッカに入り海岸では急に風が強くなり、雨の量も多く気温が一気に低下して行方を阻む~!
時間経過と供に身体が動かなくなる硬直感覚と、まるで水風呂に入っているような寒さで・・・。
完全に脚が止まってしまいました。
スタートの武道館で見知らぬ女性ランナーから頂いたゴミ袋!雨の中急ぎ被ろうともがくうちにビリビリと裂け始め・・・まったく意味無い姿に(笑)
一刻でも早く、ここから脱出したいけれども進まない。
もう、マジにふらふら状態!
初体験の「低体温障害」

image5_201806282153305b0.jpeg

<40キロラップ:1:07:58>・・・
あれれ、めちゃ落ち!
STOPすると寒さが増して辛いため、歩かず走り出すしかない状況に、雨風の中を1キロ刻みの距離表示を頼りに速歩き状態で数キロ先のゴールへと・・・。まだかなぁ~?
コースは見慣れた国道に到達したものの、最後の直線さえもまっすぐには走れないほどボロボロ(笑)
<50キロラップ:1:18:22>・・・
無言。もうガっタガタ!

TIME: 5:07:30

image6_20180628215341217.jpeg

ゴールに到着後は震えが止まらず、冷え切る身体を何とか暖めたくて医務室に直行しましたが、暖める術はなく周囲の倒れ込むランナーに気遣いも出来ないまま暖を求めて車に移動!
車内で着替えて濡れた身体を拭き、真冬ばりにヒーターを全開にして毛布の中!
気がつくと30分ほど仮死状態だったようで、目が覚めてから毛布にくるまった状態で再び会場へと向かい温かい食べ物を頂き何とか回復へと・・・。

image7_20180628215342d3b.jpeg

ゴール後は応援どころじゃなかったけど。
はじめての経験に準備の甘さと大会の厳しさをあらためて体験しました。

image8_20180628215344e80.jpeg

過去にウルトラマラソン「100K」を走り
目標を捕らえて満足しながらもボロボロになった経験から
以後は身の丈を考えてウルトラハーフにエントリーしている昨今
今、あらためて思うのは「100K」走りきるランナーはやはりすごい!
自然に立ち向かう体力と自己に勝る精神力はすばらしい!
今回は初のウルトラを経験するラン友が多数エントリーしているのですが、100キロを走破してゲートを通過する姿に感動するほかありませんでした。
それぞれがそれぞれの思いで挑む大会・・・。
目標達せずにゲートを通過出来なくても挑む姿には深く感銘!
襲いかかる暑さと寒さ、それに雨と風・・・。
克服しゴールで拳を突き上げて自己に勝つ!

ランナーのみなさん感動をありがとうございました!

image9_20180628215345c7a.jpeg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる