FC2ブログ

21th 日産カップ・陸別こがらしマラソン

2018年10月21日 日曜日

彩り鮮やかなや山並みも晩秋を迎える吹く風も寒さが増す季節!
日本一寒さの厳しい町で開催する大会は・・・なんと!日本のモーター界をリードする日産自動車が主催!

image1_2018110113184542b.jpeg

過去20回実施している大会は、普段は開放されず一般には立ち入ることのできない場所を会場に・・・。ここは「日産自動車北海道陸別試験場」いわゆる自動車のテストコース!
山猫はその閉ざされた場所への潜入に成功!「大げさ」なようだけどリアルにマジです(笑)

image7_20181101130614beb.jpeg

雲の無い秋晴れの澄んだ空気が広がる朝に車を走らせて会場へ向かう外気温は・・なんと2℃・・。
さぶっ・・・寒い!

image3_20181101130608879.jpeg

会場の場所が広いため車載ナビとスマホを頼りに入り口に向かったつもりが・・・「ここはどこ?」
案内に従い砂利道を進み「・・・目的地付近です」のアナウンス・・・えっ?・・・入り口らしきゲートがあるけど誰もいない!
ナビは確かに目的地らしき場所を示しているけど・・・入口ではなさそうなので引き返すことに!
・・・30分ほどウロウロ移動し捜していると軽トラおじさんを発見し、聞くとラッキーなことにエントリーしているランナーさんだったので会場までついていくことに・・・「助かった!」(笑)

image4_20181101130610773.jpeg

会場に到着して受付入門前に指定された場所に車を進めます。
プレハブが建ち敷地にはコンクリートが敷設されているけど何かの試験場所?

image5_201811011306115fd.jpeg

車を停めて400mほど歩き警備員の居るゲートに向かい受付を済ませます。

image6_2018110113061375e.jpeg

受付では施設内がほぼ撮影禁止との説明を受けてセキュリティーの高さに「ワクワク・ドキドキ」!
きっと・・・多分・・・おそらく・・・「次期 スーパースポーツカー」がどこかに隠されている?なんて想像したりして(笑)
広大な敷地の中の風景を見渡し「キョロキョロ」状態(笑)

image8_20181101130625936.jpeg

開会式は「管理棟」と呼ばれる建物の中でおこなわれます。
部屋にはいると、普段は「会議室」か、何か?
デスクが並べられ電話機が置かれているだけの広くシンプルな場所!
特別に使用させていただいているようでとても恐縮しちゃいます。

image9_20181101130627332.jpeg

9時20分からおこなわれた開会式には開催地の陸別町長さんの挨拶と、各種目別コースや大会注意事項が説明されました。特に気をつけるのは「撮影禁止エリア」がほぼ全域!

image10_20181101130628268.jpeg

当然いつものようにコース上でのスマホで撮影は厳禁のため「山猫」ちょっと残念×××××・・・。
ということは「瞳でシャッター・頭に記憶」(笑)

image11_201811011306303f7.jpeg

スタート場所で「陸別町長」と記念撮影をおこない話しを伺いました。
つい先月に陸別試験場の30周年記念イベントが開催され・・・。世界最速の市販車がお目見えしたと聞いて思わず「えっ!」(笑)・・・それってもしかして「GT-R」?

image12_201811011306310f5.jpeg

出走前にチェックの点呼を受けてからハーフ、10K、5K、2Kの順にスタートします。
スタートまでは軽くアップを兼ねて周辺探索へと思いましたが・・・立入禁止&撮影禁止で行く手阻まれて結局敷地外にコースアウト(笑)

image13_2018110113064374b.jpeg

先に出走するハーフのスタートを見送りその後はエントリーした10キロのスタートとなりますが、どの
ようなコースが待ち受けているかとても楽しみです。

image14_20181101130645d03.jpeg

コースで撮影出来る場所はスタート&ゴール付近のみなので、今回はレース中の状況はお伝えできません。

image15_2018110113064633b.jpeg

10時25分に10キロの部がスタート!
走り出すと直ぐに1㎞ほど下り、2㎞の道路幅の広い直線を駆けると1㎞上り、1㎞下りのアップダウン・・・。続いて上りが3キロ続き1㎞下ると残りゴールは折り返しのコースの上りでゴール!
細かいアップダウンはありませんが広く長い自動車テストコースの醍醐味を味わえます。
事前にコースリサーチしていましたが、やはり実際に走るってみるとアップダウンがどのあたりにあるかわからずちょっと様子を見ながら・・・。翌週の大会への影響も考えて無理せずに!なんて思っていたら上り途中で「脚が・・・ビキッ!」のあえなく減速・・・。
それでも耐えかねる痛みではないのでゴールまでは走り抜けます!・・・残り6㎞

image16_20181101130648f09.jpeg

走り終えてみるとテストドライバーのように軽快にとは生きませんでしたが「上り」のイメージが強く残ったコースでした!
10㎞は施設内のテストコースの外周を走りますが、ハーフは内周を走ってから外周を駆けるレイアウトですが、ハーフ出走ランナーに聞くとアップダウンの厳しさは内周コースの方がきついとのこと(笑)

そう言えばゴールで頂いたペットボトルを見て・・・・・あっ、「なるほど!」
開会式の説明の時にゴール後には「ひゃっこい水」を提供しますとの発声・・・「なまり?」「冷たい水のこと」なんておもっていましたが、「百恋水(ひゃっこいみず)」だったのです・・・ウケたぁ~!

image17_201811011306496e4.jpeg

ゴールの後は寸胴鍋いっぱいの「豚汁」を頂き、表彰式と閉会式を終えた後には日産自動車さんから提供された商品を巡り抽選会とじゃんけん大会がおこなわれ会場内が盛り上がりをみせていました。
・・・山猫空振りだったけど

image18_20181101130659ff7.jpeg

あっ!参加賞のTシャツは胸にマークが1箇所プリントされた「シンプルT」でした。
記録証は後日発送!
はがきサイズの記録証のタイムを見ると「46分15秒14」んっ?・・・「14」って記録が細かい(笑)
そう言えば記録はチップも手動計も無かったような・・・テストコースなので画像計測かな?

image19.jpeg

北海道もいよいよマラソンシーズンも終わりを迎える時期となります。各地ではラストスパートのごとく大会が盛んにおこなわれています。
翌週には十勝でフードバレーマラソンがありますが、本大会はアップダウンの起状あるコースを走るため練習としても良いのかなと思いました。
参加料もリーズナブルでコースも公共の制約を受けずに走れます。
参加人数もそう多くはないため運営もスムーズで楽しい大会でした。
来年は2㎞にエントリーかな(笑)
日産自動車さんありがとうございました。
陸別町長さん、スタッフ関係者のみなさんお疲れさまでした。

思えば会場では「こがらし」が吹いていた気がします・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる