FC2ブログ

2016 狩勝トレイルランニング

2016年5月22日 日曜日

北海道新得町狩勝高原の特設コースにて「トレイルランニング」が開催され、北海道晩春の風景の中を駈けてきました。

image4_2016053122063343e.jpg

夜開け前の3時に起床して、明るくなり始めたころに車で出発・・・。眠い!
朝焼けを望みながら4時間車を走らせて会場に向かいます。

image1_20160531221659bd8.jpg

日本一厳寒な町として有名な「陸別町」の道の駅へと立ち寄り、早朝に6℃の気温を感じ取ったときはさすがに
「寒い~っ!」

image2_201605312206317a4.jpg

向かう途中に昨年エントリーした「鹿追トレイルランニング」のスタート会場を横目に、会場までは十勝地方の田園風景の中を延々と車で走り抜けます。

image3_20160531220633a00.jpg

日が昇るとともに気温がどんどん上昇しあっという間に20℃超え、屈足(くったり)から望む狩勝峠の頂きに見える残雪を眺めギャップを感じます

image5_20160531220635600.jpg

十勝国道から目印の看板を進むと会場はすぐ左手となり、「トロッコ乗場」や「旧狩勝線鉄道ミュージアム」などの施設となっている旧国鉄「新内駅舎」が受付会場となります。

image6_2016053122063744a.jpg


image7_20160531220653a59.jpg


image11_20160531220659ff2.jpg

旧駅舎には蒸気機関車が屋外展示されていて当時の雰囲気を現在に残します。
周辺には線路が敷かれ、信号機やトンネルがセットされる中をトロッコが静かに走っています。

image10_2016053122070146f.jpg

image9_20160531220655ac7.jpg

向かう途中でコンビニに寄るはずがなかなか見あたらず、いつしか到着してしまいあまりの気温の高さに水の捜しに辺りを見渡しても・・・。自動販売機はどこに?
スタッフに聞いてみると何も無いと即答!・・・観光施設なのにちょっと困惑
確か近くにゴルフ場があったはずなので施設に入りコースへと進入(笑)
コース手前で自動販売機を見つけ・・・思わず「えっ!」
ペット水480ml「200円」・・・。高いっ! 
焦りポケットからコインを引っ張りして・・・ギリ200円はありましたけどね。

image8_2016053122065529b.jpg


会場に戻って関係者に挨拶をして、幟を設置する場所を提供させていただき「チーム」と「網マラ」のPR・・・
会場入り口なにで目立っています。

image12_20160531220717fa9.jpg


この日は全国的に最も暑い31℃の真夏日予報
幟を立てるのにも汗だく状態で、無風状態の青空の下では旗はゆれもせず微動だにしません。
ロードレースだったら厳しいコンディション・・・。
林の中を駈けるので助かりました~。

札幌からは「チーム会長」を始め、各地からラン友が到着し始めています。
今日は旭川でも同種大会が開催されているためエントリーに迷うランナーが多かったと伺います。それでも高速なランナーの姿がチラホラみえていますけどね~。

image13_20160531220719b36.jpg

8時を過ぎて受付をおこない、「ゼッケン」と「参加賞」を頂きます。

image14_20160531220723e17.jpg

image12_2016053122055302f.jpg

道東高速ラン友「上林くん」と「忍ちゃん」と会い、今日も二人に頑張ってもらうためいつもの応援~!

image15_20160531220723353.jpg

スタートは種目別に分けられて、10時スタートの20キロ走までにはまだまだ時間があるので周辺をブラブラしていますが・・・
時間の経過と供に気温が上昇し体力も奪われていきます・・・。
無風状態から徐々に幟も揺れ動くまで風が吹き出し暑さが多少和らいできました。
今のうちにスタート前の元気な姿を撮影しておかなければ・・・(笑)

image16_20160531220725910.jpg

大会常連の知り合いのランナーに出会いコースについて伺ってみると・・・。
「走路はどんな感じ?普段から整備されたコース?」
「使用されている林道だから迷うこと無く走りやすいコースだよ!」
「アップダウンはどの程度?」
「フラット、フラット~・・・。楽だよ~ほとんどロードと変わらない!」
「それは走りやすそうですね!」
けれど・・・走って泣きましたよ~  全然うそじゃん(笑)

9時30分からの開会式は暑き青空の下で・・・!

image19_20160531220745803.jpg

しかしこの暑さは過酷だなぁ~。
普段から給水はあまり必要としないいけど・・・今日は必要だぁ~。

今日はモチベーション上げて「新しいトレランシューズバックパック」のデビュー戦!

image13_20160531220554bcd.jpg

来週の土日には連日にレースがあるので・・・。意識しながらゴールを目指します!
身体も傷だらけなので無理できませんしね!

image18_201605312207465f9.jpg

20キロエントリーの10時スタートに並びはじめますが、前列に並ぶとついついスタートダッシュしてしまうので一歩退いて控え気味に・・・。
と、スタートの合図!
「旧新内駅」を発車?して目指は200m先の踏切!・・・トロッコ線路の(笑)

image2_20160531220503911.jpg

トンネルもあったりして~(笑)・・・5mほどの~

image3_201605312205077fc.jpg

スタート後400mほどでコースは舗装路に入ります。

image4_20160531220504dd4.jpg

その後直ぐに分岐点となり右手の砂利道を進むコースへと進みますが、ここからがゆるやか~な上りが7キロ付近の折り返しまで続きます。

image5_20160531220507488.jpg

コースは一般的な未舗装の林道を走りますが、スタート前の風はどこに・・・?
木々の中は無風状態で「あぢぃ!あぢぃ!」の連呼です。

image6_20160531220524279.jpg

自然を望みながら木々の間の旧線路跡を駆け抜けます。

image9_20160531220532f97.jpg

山の中腹を目指してゆるやかな上りを延々と・・・。

image10_20160531220530012.jpg

コース途中の「新内隧道」前を右手にパスして、さらに上りが続きます。

image20_20160531220750d3d.jpg

その先には、「狩勝隧道」が目前に迫り、設置された給水所で折り返しますが、手前で女子1番手で折り返した道東高速ラン友「しのぶちゃん」とすれ違い「がんば~!」と声援を送ります。
この折り返し点はスタート地点から200mの高低差があります。

image21_20160531220750e4e.jpg

折り返し後には「須田さん」「チタン会長」とすれ違い、そこから1キロほど進み草が刈りとられた林のなかを進み下ります。
「ん~っ!トレランらしくなってきたぞ~!」
と、思ったのもつかの間でコースはまた林道に変わり緩やかな下りを駆け抜けます。

image8_20160531220527619.jpg

2箇所目(最終)の給水所「小笹川橋梁」で頭から水をかぶり残りは5キロ・・・。
ゴールを目指しますが、もう暑くて「バテバテ」暑くて「ヘロヘロ」です。
それでもなんとか足は止めずゴール目前!

image2_2016053122581013f.jpg

暑くて辛かったけど頑張った感が無いので
視界に入るゴールまでの150mをラストスパート!

image14_20160531220552949.jpg

久々にゴールに入り安心感が満載に   「終わった~」
「今日はあぢかった~・・・。メチャあぢかった~!」
気温32℃の晴天恵まれた初夏の高原を無事完走~!

e1.jpg

image1_201605312322283b4.jpg



ラン友の表彰式も終えて、協賛されている「くったりレイク・イン」で無料の日帰り温泉入浴に向かいました。
赤く晴れ上がる横腹リブを見て「あっ、ヒビってたんだっけ~」と忘れるほどの回復!
痛みはあるけど一安心

image1_20160531220506223.jpg

image11_20160531220547419.jpg

大会関係者のみなさまお疲れ様でした。
暑い中での運営・・・スタッフの皆様には大変感謝いたします。
今日の天候下では・・・出来れば足を止める給水ポイントもう一箇所あったらな~(笑)

image17_2016053122074244a.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

暑い中でのトレイルランお疲れ様でした。
移動時間だけでも疲れてしまいそうです。(^_^;)
雨降りも嫌ですが、これからの季節は天気良すぎるのも困りものですね。

Re: タイトルなし

いつも応援ありがとう~!
プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる