FC2ブログ

2019 ノーザンホースパーク駅伝

2019年5月11日 土曜日

今年で開園30周年を迎えるノーザンホースパーク
園内にはたくさんの馬が!
その数は2千頭以上・・・。
施設内にあるひときわ目立つ長いドーム型のトンネル施設は坂路となっていてその一番高い場所の終点をスタート・中継・ゴールにした約2キロのコースを4人1チームのリレー競争!

image1_20190521211126315.jpeg

コースの半分は競走馬用のドーム内の訓練坂路(約900mのウッドチップが敷き詰められた)の中を走り抜けます。
このコースは次の日に行われる7キロトレイルランの一部にもなっています。

ちなみにトンネルはハーフコースの19キロ通過地点かな・・・。

image7_20190521211254a3f.jpeg

今回の申し込みは普通にチームとして4人を集めてのチャレンジ以外に「ぼっち1人」でもエントリー可能とのことで、翌日のハーフマラソンを控えた前日になりますが、どうせ行くならと楽しみを追求?してエントリーさせていただきました。

image3_20190521211128e30.jpeg

一応、大会事務局に確認したところでは
・・・なんと、1人で4区間8キロを全部走って良いとのこと!
駅伝じゃ無くなるけどね(笑)それは願ってもないチャンス!
意を決して1人駅伝8キロレースのチャレンジへと(笑)
・・・しかしながら、後日実行委員会から連絡が届き、やはり1人で8キロ4区間走は手違いでダメ・・・。
との連絡が有りお蔵入りに!
ということは、申し込んだ山猫はどうしたら良いものか・・・?
山猫が良ければ他のメンバー3人は事務局に一任!と言われ・・・。
まっ、それも楽しみのひとつとしてオッケーと即答

image4_20190521211129313.jpeg

施設に到着して駐車場から午後の受付に向かう専用バスに乗り込み会場に着いてスタッフにシングルでの申し込みを伝えます。

image5_2019052121113134d.jpeg

この時点でも誰がメンバーなのかはまだわかりません。スタッフからは「4人集まり次第お呼び致します・・・。」
ドキドキしながら辺りを見渡し待っていると・・・。

image6_20190521211148a40.jpeg

「あれっ、阿部さんお久しぶりですね。今日はゲストで走るのですか?」とたずねると
「駅伝に出てくれないかと頼まれ・・・。」
んっ?もしかすると。道連れ?
「TEAMちんすこう」山猫の一人目のメンバーはなんと「リレハンメル・ゴールドメダリスト阿部雅司」
さん・・・互いに顔を見合わせ笑っちゃいました。

image7_2019052121115020a.jpeg

ところでなぜ「ちんすこう?」と不思議そうに問いかけられて・・・。
多分、山猫が一人で申し込んだ時にメンバーもチーム名も任せたので、事務局が陸連登録の団体名を使ったと想像します。
今年はたまたま沖縄のチームにお願いして陸登しましたので。
ところで残る巻き添え2人はというと・・・。スタッフに聞くと施設の従業員とのこと・・・。
実に申し訳ない。
駅伝のスタートは14時ですが、巻き添え2人が待ってもなかなか来ない・・・。
仕事かなぁ・・・。もし、来ない場合の発案がおもしろい。
スタッフから1区山猫でアンカーは阿部さんと告げられていたので
最悪1区と3区を山猫が出走して、2区とアンカーを阿部さんで走る計画が急遽浮上の「阿部」さんの企画提案(笑)

image8_2019052121115158d.jpeg

山猫はもちろん異議無し
阿部さん、とりあえず下見にコースを試走してきましょう。

image9_2019052121115392b.jpeg

スタート15分前になり巻き添え2人がギリギリ駆けつけてきて4人揃ってのリレーが出来ることになりました。
本大会のMC「福島和可菜」さんも会場に到着して仲間とのお気軽ショット!
「後ほど別件の打ち合わせを願います」

image10_2019052121115528f.jpeg

スタート10分間には開会式がおこなわれ「福島和可菜」さんがいつもの元気&笑顔でマイク片手に会場を盛り上げてくれています。

image1_201905212124211b8.jpeg

集まったチームの中にはお見受けしたランナーの姿もチラホラと(笑)
もしかするとライバル?かな(笑)

image11_2019052121120766d.jpeg

時が進み14時には第1走者「山猫」が出走すたーと「行ってきま~す!」

image1_20190521211231537.jpeg

スタートはきなりの下り150m先のふかふかな芝生を抜けて、砂地に脚を踏み入れて、いよいよウッドチップ坂道へと。

image4_2019052121123643d.jpeg

ゼーハーゼーハー・・・なかなかパンチの効いたコースです。「7分58秒」で第2走者にタッチ!

image3_20190521211234066.jpeg

その後第2走者から第3走者へと襷はつながれていよいよアンカー阿部さんへと・・・。
今度はコース途中に向かい山猫はシャッターチャンスを狙うカメラマンに
みんなが待ち受けるゴール手前では、阿部さんライバルチームのアンカーをキャッチしていて同時ゴールに、いつスイッチ入っただろうか真剣に走ってきたよ(笑)

image4_2019052121123643d.jpeg

駅伝を終了して・・・さて結果は?
24チーム中で第9位!

image5_20190521211237d80.jpeg

参加賞も頂きがんばり楽しみました。


image1_2019052806352376c.jpeg

阿部さん!
メンバー募って来年リベンジだわ(笑)

image6_20190521211252064.jpeg

駅伝も無事終わり、施設内のシャワーを借りて(個室)後は前夜祭会場へと向かいます。

image8_2019052121125597f.jpeg

前夜祭にはアルコールは含まれていませんが(別料金)豪華なブッフェスタイルとなっていて会場はすでに座る場所も無いほどに混雑していました。
伺うと北海道外からのマラソンツアーの団体客が多く・・・
会場では抽選会やオークションが開催され賑わいを見せていました。

image9_20190521211257a7c.jpeg

さぁ・・・明日はハーフにチャレンジ!ほどほどに食べ飲んで一夜を過ごします。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる