FC2ブログ

34th サロマ湖100㎞ウルトラマラソン

2019年6月30日 日曜日

周りは暗く気がついた午後9時
あれから3時間・・・。
空っぽの胃がひっくり返るほど嘔吐で苦しみ、耳鳴りがひどく、発する声がこだまのように聞こえて何をしゃべっているか自身でもわからない・・・。
治まる気配のない激しい呼吸に全身がひどく熱く、食べ物や飲み物を受け付けない身体はゴール直後にピークに達し人目を避けドアを開けたまま車中でぶっ倒れていた(笑)
・・・たしか
「山猫さん大丈夫?」と、気にかけて介抱しくれた女性の姿が・・・うっすらとしか記憶が無い
どなただったのだろう?お礼も言えずに・・・。
1時間後には回復し始めて自宅に着いたのは日付が変わる直前

100㎞スタートから・・・

完走を目標に更なるモチベーションを高めるための制度
「サロマンブルー(10回完走者)」そしてさらに「グランドブルー(20回完走者)」・・・・。
あらためて思うけど「称号」を与えられた人たちはやはり「すごい」の一言!
日本で最初に開催されたウルトラマラソンの聖地として今年で34回目を迎えた「ワンハンドレッドマラソン」
昨年は世界記録更新の6時間9分14秒が記録された大会でした。

image1_20190705184730e0b.jpeg

朝の5時には全国から集まるランナーの中には多くの山猫ラン友もスタートライン立ち並んでいます。
スタートと、2㎞、35㎞地点で山猫の勝手に応援・声援・走撮のためいつものようにスタンバイ!

直後の2㎞地点では、笑顔で手を振り誰もが余裕で楽しむ姿を目にして手を振り返しながら湧別町内を疾風のように駆け抜ける大集団ランナーを追います。

image2_20190705184731cac.jpeg

image3_201907051847329cd.jpeg

image4_20190705184734e9d.jpeg

image5_20190705184735fe7.jpeg

スタートから3時間を経過後の35㎞付近では中盤に突入する前のやや辛い場面・・・。
35㎞だとフルマラソン的にはあともう一息だけど・・・これからゴールまではまだまだ先!
仲間たちに手を振り撮影しながら元気な姿に応援にも力が入る場所!

image6_201907051847525a6.jpeg

image7_20190705184753a91.jpeg

image8_2019070518475537a.jpeg

image9_20190705184756545.jpeg

image10_20190705184758e34.jpeg


ウルトラマラソンランナーの応援は、フルマラソンとは違い距離が長く常に高速走では無いためどの場所でもみんなが山猫を発見して笑顔で手を振ってくれる・・・そんな姿を見ていつもテンションが上がり、感動の姿を目のあたりにしてモチベーション高く興奮覚めぬままウルトラハーフのスタート会場へと向かっています。
多くの友人達の力を借りる近年の山猫の「近年のサロマへの参加スタイル」(笑)
みんなゴールでは笑顔で!

image1_2019070518481565a.jpeg

大会前日移動と前夜祭会場

大会前日はスタート会場でいつもの公園テント泊!
ゴール会場に車を置き、さらにスタート会場までの移動のために友達と待ち合わせ

image2_20190705184817be0.jpeg

今年は前夜祭に参加して大会の雰囲気を楽しませていただきます。
今考えるとブラックホールの入り口に片足を・・・ビアー缶ちょっと空けすぎました(笑)

image3_201907051848180c4.jpeg

パーティーも終わる会場での帰り際に、あれっ?「高橋前知事」とバッタリ!
「お久しぶりです。」
「現職中はあちらこちらで大会のスターターいつもお疲れさまでした」・・・みたいな会話であの大会この大会と過去の思い出話しで盛り上がり

image4_201907051848206a4.jpeg
高橋はるみ 元知事と・・・・

・・・前夜祭も終わり50㎞チャレンジの山猫はスタート時間が遅いことを理由に外でラン友と焼肉を食べながら泡の空き缶も増す状況・・・。
結局いつものパターンでラン友達との楽しい時間を堪能しています。

辺りも暗くなり宿に戻り(テントだけど)速攻で就寝態勢に入る予定が・・・
あいにくの雨!・・・一番やばいパターンに突入!
「雨音が」バラバラとテントにたたき付ける雨でなかなか寝られません・・・。
浅い眠りの中で気がつけば夜明けとなり、周囲は会場の準備で静閑な環境は失われ強制起床(笑)
・・・寝れまへんでした・・・まったく。それも楽しいアウトドアの醍醐味なんだけどね。


image2_20190705184955965.jpeg

100㎞スタート

朝のスタート前は集まるラン友への激励の時間
いったいどれだけの友達に会ったかなぁ・・・これからの100㎞に挑むランナーの雰囲気が緊張感としてこちらに伝わってきます。
雨上りの夜が明けた湧別総合体育館は気温14℃の涼しい気候と相まって今日は「ラン日和」になりそうな天候!
それでも何が起こるかわからないサロマ湖周辺!昨年と一昨年は過酷な環境に悩まされました。

image5_20190705184821ec6.jpeg

余裕の朝も気がつけば出走時間の5時となり、湧別町内を一周する3281人のランナーの応援が始まります。

image2_20190705184921e54.jpeg

ウルトラハーフ50㎞に挑む

応援を終えたあとの山猫はそろそろ自身のウルトラハーフ会場へと移動!

50㎞スタート会場ではスタンバイするランナーで賑わいをみせています。
ここにも多くのラン友の姿があちらこちらに!
とりえずかたっぱしからご挨拶(笑)

image7_20190705184836812.jpeg

10時スタートを前に佐呂間町100年記念広場では粛々とリラックスムードの中でスタートを待ちます。

image8_201907051848382ed.jpeg

気温17℃の曇り空
午前10時に50㎞の部にエントリーした489人がスタートしました。
山猫はスタート後に運動場を半周して後は最後尾について・・・。
次週のフルマラソンに向けての調整ラン!
腰が完治せず、両大腿部の痺れもあるので痛み止め服用して最後方からゆっくりと!
スタート直後にはすでに先頭ランナーは遙か先へと進む姿が遠くに見えます。

image9_20190705184840185.jpeg

進む先10キロ地点での時間は「56分」・・・ちょっと早いのでペースを落とします。
20キロ地点では1時間56分・・・こんなかんじかなぁ(笑)
特に身体への負担は無く普通に走りきることが出来そうな感じなので5時間前後で完走出来ることを目標にしてベストは尽くしません・・・いや、ベストが尽くせないだけ(笑)

image10_2019070518484133d.jpeg

ところが・・・100㎞との合流地点からラン友とゆるりランを楽しんでいる最中に状況に変化が現れて
22キロあたりから足底筋に激痛が走り着地する度に痛みが走る状態に「減速」余儀なく、一旦止まりシューズを履き直してのごまかしながら先へと進み所々で歩きながらゴールへと・・・。

その後に更なる試練が
エイドで麺を捕食したあとの数分後に突然の吐き気が・・・。
どうやら消化できずにいる状態の初めての経験
水分補給もままならず推進力にブレーキがかかり更なる減速・・・というより完全に歩き状態へと状況が一変し、更にラン友のギブアップを目の当たりにして弱気弱腰感が急に襲ってきます。
リタイヤ記念撮影で笑顔だけどかなり苦しい状況の中で歩き先へと進むけど「ゴールまでの距離はまだ半分だよ~」・・・

image11_20190705184856bf1.jpeg
苦しいけれど笑顔で・・・。

気温も23℃を超えて湿度も高く暑く感じる身体からは発汗も多く体力の消耗も次第に大きくなってきます。
コースがわかっていると自身の位置がわかり辛い・・・メチャ辛い
ワッカ原生花園の往復が長い~!

image12_20190705184857cf7.jpeg

時間的にこの先歩いてもゴールにはたどり着くのはわかっているけど早くこの状況を脱したく走り、歩き、走り・・・また歩いて走ることを何十回繰り返したことか・・・。歩けばより長く身体を動かさなければならない辛さと、走りたくても走れない苦しさとの葛藤の時間

image1_20190705184919e4a.jpeg

とにかく歩いたなぁ・・・ワッカ原生花園だけで3時間(笑)
吐くものが無いのに吐いている苦しい身体・・・。
飲みたくても受け付けない身体・・・。
片足は引きずり、腰は直立できず曲がり、脚から膝裏まで痺れて・・・
エイドの氷を握りしめて辛さを我慢しながら、すれ違うラン友に声をかけ合い一歩一歩ゴールへと!
もう二度と走りたくない・・・というか歩きたくないとの思いがピークに達しています(笑)

image3_20190705184922404.jpeg

それでもたどり着いたゴール会場
残り1㎞地点でラン友「たいがぁー」がゴールまで一緒にと・・・。
折り返しで出会い待っていたのでうれしかったなぁ・・・遅いぞ「たいがぁー」(笑)

image4_20190705184924690.jpeg

ゴール会場には多くのラン友が待っていてくれました。
ここはではさすがに元気いっぱいに声援に応えます。
出来うる限りの力を振り絞り「たいがぁー」と互いにゴールイン!
もうぶっ倒れるかと思うほど残った力でダッシュフィニッシュ!

TIME:6:26:04
・・・うわぁ~歩いたなぁ(笑)・・・つらかったぁ!

image6_20190705184936626.jpeg

2014年 自信が無く出走見送り・・・
2015年 目標「サブ9」を掲げるも結果及ばず
2016年 前年の消沈を引きずり「エイド応援」のみ
2017年 応援と50㎞エントリーで大会を楽しみ
2018年 ・・・2017年に続く2回目の50㎞走
2019年 2018年に続き3回目の・・・・・
たくさんの友達へ今日はありがとう!
また一つ思い出の大会が出来上がったよ。

2020年 今年が刺激になり「9:33:43」超え自己ベスト狙い?(笑)

image7_20190705184938a0f.jpeg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mt.Cat

Author:Mt.Cat
ようこそお越しいただきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加しています
応援よろしくお願い致します。
SEO
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる